スイッチ : Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ

DCX 100 PDU エラーメッセージの ACK

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はこのエラーメッセージを根本的な原因を特定する方法を記述したものです、: "%ETHPORT-2-IF_DOWN_ERROR_DISABLED: インターフェイス Ethernet115/1/17 はダウンしています(ディセーブルにされるエラー。 CX ACK は推論します 100 PDU の)」。

Prashanth Krishnappa および Shelley Bhalla によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Nexus CLI
  • イーサネット(FCoE)プロトコル上の Fibre Channel

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はすべての Nexus 5000 および 5500 シリーズ スイッチ プラットフォームに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

データセンタ ブリッジ 機能 交換(DCBX)型長さ値(TLV)はリンク層 ディスカバリプロトコル(LLDP)フレームの内で実装されますスイッチと集中型 ネットワーク ネットワーク アダプタ(チャンネル利用不可)の間で交換される。 1 そのようなコントロール Sub-TLV はシーケンス ベースである確認応答(ACK)のために使用されます。 たとえば、スイッチは 1 の SeqNo および 2.の AckNo のコントロール Sub-TLV を送信 します。 ホストは反転に想定されてこれ、2 の SeqNo のコントロール Sub-TLV の LLDP フレームを送信 し、1.の AckNo はこの技術情報のパケットキャプチャ セクションを詳細については示します。

スイッチは 30 秒毎にホストからのこの交換を期待します。 スイッチが 100 つのプロトコル データ ユニット(PDU)については 3000 秒または 50 分であるこの交換を見なければ、スイッチはこのエラーとディセーブルにします:

N5k %ETHPORT-2-IF_DOWN_ERROR_DISABLED: Interface Ethernet115/1/17 is down
(Error disabled. Reason:DCX-No ACK in 100 PDUs)
N5k %ETHPORT-2-IF_DOWN_ERROR_DISABLED: Interface Ethernet116/1/16 is down
(Error disabled. Reason:DCX-No ACK in 100 PDUs)

解決策

LLDP をディセーブルにする場合この問題を解決できます。 ただし、FCoE を実行すれば、仮想 な ファイバ チャネル ポートがそれなしでは検出されないので LLDP が必要となります。 LLDP をディセーブルにするために、これらのコマンドを入力して下さい:

N5k(config)# interface E1/1
N5k(config-if)# no lldp receive
N5k(config-if)# no lldp send

根本的な原因を狭くするのを助けるスイッチのいくつかのコマンドはここにあります。

N5k# show lldp interface ethernet 1/22
Interface Information:
  Enable (tx/rx/dcbx): Y/Y/Y    Port Mac address: 00:05:73:ab:29:bd

Peer's LLDP TLVs:
Type Length Value
---- ------ -----
001  007    040000c9 9d2372
002  007    030000c9 9d2372
003  002    0078
006  045    456d756c 6578204f 6e65436f 6e6e6563 74203130 4762204d 756c7469
            2066756e 6374696f 6e204164 61707465 72
007  004    00800080
127  055    001b2102 020a0000 00000002 00000001 04110000 c0000001 00003232
            00000000 00000206 060000c0 00080808 0a0000c0 00890600 1b2108
000  000    

N5k# show lldp dcbx interface ethernet 1/22

Local DCBXP Control information:
Operation version: 00  Max version: 00  Seq no: 1  Ack no: 2  <<---Our sequence
# and Ack #

Type/
Subtype    Version    En/Will/Adv Config
003/000     000        Y/N/Y      0808
004/000     000        Y/N/Y      8906001b21 08
002/000     000        Y/N/Y      0001000032 32000000 00000002

Peer's DCBXP Control information:
Operation version: 00  Max version: 00  Seq no: 2  Ack no: 1  <<---Peer sequence #
and Ack # should be reversed.

Type/      Max/Oper
Subtype    Version    En/Will/Err Config
002/000     000/000    Y/Y/N      0001000032 32000000 00000002
003/000     000/000    Y/Y/N      0808
004/000     000/000    Y/Y/N      8906001b21 08

この問題のための根本的な原因はほとんどの場合チャンネル利用不可の CAN/server 不正または不正確なファームウェア/ドライバです。 コマンドはリリース 5.2(1)N1(1) およびそれ以降の Nexus 5000 シリーズ スイッチ プラットフォームのためにこの error-disabledステートから自動的に回復 するために導入されました。

N5k(config)# errdisable recovery cause dcbx-no-ack

: Cisco バグ ID CSCtq30118 Enh: DCX 100 PDU の ACK はこの問題を解決するために機能を高めるためにファイルされました。 この修正はまた顧客がこの状態からのリカバリを有効に することを可能にします。

パケット意見

Nexus 5000 SeqNo 1 および AckNo 2 の送信 LLDP フレーム DCBX コントロール Sub-TLV のインライン パケットキャプチャ

 

SeqNo 2 および AckNo 1 の LLDP フレーム DCBX コントロール Sub-TLV を送信 して いる チャンネル利用不可のインライン パケットキャプチャ

Wireshark は LLDP Sub-TLVs をデコードしません。 それらは LLDP ヘッダで「未知サブタイプ」として示されています。 Wireshark トレースでそれらを見つけるために前のセクションでコマンドからのシーケンス番号を使用して下さい。 スイッチ型ポートアナライザ (SPAN) セッションからのトレースはここにあります。

Nexus 5000 SeqNo 1 および AckNo 2 の送信 LLDP フレーム DCBX コントロール Sub-TLV の Wireshark キャプチャ

 

 

SeqNo 2 および AckNo 1 の LLDP フレーム DCBX コントロール Sub-TLV を送信 して いる チャンネル利用不可の Wireshark キャプチャ


また、LLDP フレームをまた参照するために Nexus 5000 シリーズ スイッチ プラットフォームで組み込みスニファーを使用して下さい。 送信元MACアドレスをようにディスプレイ フィルタ使用して下さい。

SeqNo 2 および AckNo 1.の LLDP フレーム DCBX コントロール Sub-TLV を送信 して いる チャンネル利用不可の Ethanalyzer キャプチャ。

N5k# ethanalyzer local interface inbound-hi det display-filter eth.src==
00:00:c9:9d:23:72

Capturing on eth4
Frame 1215 (152 bytes on wire, 152 bytes captured)
    Arrival Time: Aug 31, 2011 09:06:25.549049000
    [Time delta from previous captured frame: 0.021367000 seconds]
    [Time delta from previous displayed frame: 1314795985.549049000 seconds]
    [Time since reference or first frame: 1314795985.549049000 seconds]
    Frame Number: 1215
    Frame Length: 152 bytes
    Capture Length: 152 bytes
    [Frame is marked: False]
    [Protocols in frame: eth:vlan:lldp]
Ethernet II, Src: 00:00:c9:9d:23:72 (00:00:c9:9d:23:72), Dst: 01:80:c2:00:00:0e
(01:80:c2:00:00:0e)
    Destination: 01:80:c2:00:00:0e (01:80:c2:00:00:0e)
        Address: 01:80:c2:00:00:0e (01:80:c2:00:00:0e)
        .... ...1 .... .... .... .... = IG bit: Group address (multicast/broadcast)
        .... ..0. .... .... .... .... = LG bit: Globally unique address (factory default)
    Source: 00:00:c9:9d:23:72 (00:00:c9:9d:23:72)
        Address: 00:00:c9:9d:23:72 (00:00:c9:9d:23:72)
        .... ...0 .... .... .... .... = IG bit: Individual address (unicast)
        .... ..0. .... .... .... .... = LG bit: Globally unique address (factory default)
    Type: 802.1Q Virtual LAN (0x8100)
802.1Q Virtual LAN
    000. .... .... .... = Priority: 0
    ...0 .... .... .... = CFI: 0
    .... 0000 0001 0100 = ID: 20
    Type: 802.1 Link Layer Discovery Protocol (LLDP) (0x88cc)
Link Layer Discovery Protocol
    Chassis Subtype = MAC address
        0000 001. .... .... = TLV Type: Chassis Id (1)
        .... ...0 0000 0111 = TLV Length: 7
        Chassis Id Subtype: MAC address (4)
        Chassis Id: 00:00:c9:9d:23:72 (00:00:c9:9d:23:72)
    Port Subtype = MAC address
        0000 010. .... .... = TLV Type: Port Id (2)
        .... ...0 0000 0111 = TLV Length: 7
        Port Id Subtype: MAC address (3)
        Port Id: 00:00:c9:9d:23:72 (00:00:c9:9d:23:72)
    Time To Live = 120 sec
        0000 011. .... .... = TLV Type: Time to Live (3)
        .... ...0 0000 0010 = TLV Length: 2
        Seconds: 120
    System Description = Emulex OneConnect 10Gb Multi function Adapter
        0000 110. .... .... = TLV Type: System Description (6)
        .... ...0 0010 1101 = TLV Length: 45
        System Description = Emulex OneConnect 10Gb Multi function Adapter
    Capabilities
        0000 111. .... .... = TLV Type: System Capabilities (7)
        .... ...0 0000 0100 = TLV Length: 4
        Capabilities: 0x0080
            .... .... 1... .... = Station only
        Enabled Capabilities: 0x0080
            .... .... 1... .... = Station only
    Unknown - Unknown
        1111 111. .... .... = TLV Type: Organization Specific (127)
        .... ...0 0011 0111 = TLV Length: 55
        Organization Unique Code: Unknown (0x001b21)
        Unknown Subtype Content: 02020A0000000000020000000104110000C0000001000032... <<<<<
    End of LLDPDU
        0000 000. .... .... = TLV Type: End of LLDPDU (0)
        .... ...0 0000 0000 = TLV Length: 0

N5k# 1 packets captured



Document ID: 116249