コラボレーション : Cisco Finesse

技巧広く使われた CLI コマンド

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2013 年 7 月 5 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco Finesse のためのいくつかの広く使われた CLI (コマンド ライン インターフェース)コマンドを説明したものです。

デイヴィッド王によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

Cisco Finesse のための広く使われた CLI コマンド

ログ 収集

アプリケーション問題の大半のためのログを集めるために、CLI にこのコマンドを入力して下さい:

file get activelog desktop recurs compress

日付/時間範囲は相対的 なか絶対時間と規定 されます。 次に例を示します。

file get activelog desktop recurs compress reltime hours 2
file get activelog desktop recurs compress abstime 00:00:03/17/13 23:59:03/19/13

ヒント: 使用して下さい「か」。 追加構文オプションのため。

パケット キャプチャ

パケットキャプチャを行うために CLI にこのコマンドを入力して下さい:

utils network capture file <filename> count 1000000

最大に数を設定 したとき追加フィルターが、(1000000)、それ提供します最もよい結果をありますが。 これはパケットカウントです、従って次に 1000000 のパケットおよび停止をキャプチャ します。

ヒント: 使用して下さい「か」。 追加フィルターのため。

ファイルはプラットフォーム/cli/<filename>.cap で保存されます。 ファイルを集めるために、このコマンドを入力して下さい:

file get activelog platform/cli/<filename>.cap

ping

PING を行うために CLI にこのコマンドを入力して下さい:

utils network ping

Traceroute

traceroute を行うために CLI にこのコマンドを入力して下さい:

utils network traceroute

DNS lookup

ドメイン・ネーム・システム(DNS)参照を行うために CLI にこのコマンドを入力して下さい:

utils network host

バージョンを、日付/時間、CPU、メモリ、ディスク 利用参照して下さい

バージョン/ビルド 番号、日付/時間、CPU、メモリおよびディスク 利用を調べるために CLI にこのコマンドを入力して下さい:

show status

DNS を設定されるか、または得ます基本的なネットワーク情報を確認して下さい

DNS がするか、または基本的なネットワーク情報を設定されるように得るために CLI にこのコマンドを入力して下さい:

show network eth0

全面的な VOS プロセス ステータスを表示して下さい

技巧が稼働中である場合)全面的で仮想 な 起源 サーバ(VOS)プロセス ステータスを表示するために CLI にこのコマンドを入力して下さい(このコマンドは示しません:

utils service list

うまく解決するべき重要なプロセスは Cisco Tomcat および Cisco Finesse 通知サービスです。

NTP をきちんと同期化されます確認して下さい

ネットワーク タイム プロトコル(NTP)がきちんと同期化されるようにするために CLI にこのコマンドを入力して下さい(これは技巧の要件です):

utils ntp status

ポート使用率/Netstat 等量

ポート使用率、か「netstat」等量を表示するために CLI にこのコマンドを入力して下さい:

show tech network sockets

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116216