マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS) : MPLS

MPLS TE トンネル フラップ EEM スクリプト

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はフラップが発生する間、)マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS) トラフィックエンジニアリングトンネルがランダムにフラップする組み込み(EEM)イベント マネージャ スクリプトを設定するためにプロセスを説明したものです、(ネットワーク adminstrator か TAC エンジニアは情報を特定の収集したいです。

Madhu Sudhanan T S B によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

聴衆は基本 MPLS について詳しく知っているおよびトラフィック処理概念および設定必要があります。

ランダム MPLS トラフィック エンジニアリング トンネル フラップがある場合のこの EEM スクリプト キャプチャによって必要とされるログおよびデバッグ メッセージ。 このスクリプトはユーザーのニーズに従って拡張である場合もあります。

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • MPLS
  • MPLS トラフィック エンジニアリング概念およびコンフィギュレーション。

この EEM スクリプトはバージョン EEM バージョン 3.0 または それ 以降を必要としますまたは機能は意図されているように作動しないかもしれません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco 7600 シリーズ ルータ プラットフォームに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

関連製品

このドキュメントは、次のバージョンのハードウェアとソフトウェアにも使用できます。

  • リリース 15.3(2.19)S0.6 を実行する Cisco 7600 シリーズ ルータ

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

複数の MPLS トラフィック エンジニアリング トンネルを、時折トンネル フラップ実行し、それ自身を復元する サービスプロバイダー環境。 それはトンネルがなぜフラップしたか判別するためにネットワーク管理者を奪取 するかもしれません数分。 情報は問題がである問題の根本的の判別して非常に重要発生するとき収集しました。 EEM スクリプトは問題の潜在的な原因の特定を助けるように情報をキャプチャ するのに使用できるスクリプト例を与えます。 このスクリプトは問題が起こるとき手動操作の介入を必要としません。 それは完全に問題が発生するときだけ自動化され、引き起こします(トンネル フラップの間に行われる)コンソール ログに基づいてメッセージ。

解決策

EEM スクリプト機能性:

  • EEM はトンネル up/down ログメッセージを見るとき、デバッグを設定 します。
  • 「n」時間のさまざまなコマンドの提示出力をキャプチャし、スクリプトが「m」分をより多くのデバッグおよび netdr 出力を集めるために待つようにして下さい。 すべての出力はファイル名 TAC.txt が付いているディスクのファイル ログイン されます。
  • Undebug および停止 netdr キャプチャ: ある複数のフラップがある場合) (スクリプトが動作し続けるので(フラップしている)ルータの 4 つの Traffic Engineering (TE)トンネル締め、EEM スクリプトを取除いて下さい。
  • 接続されたインターフェイスにピアリングするためにインターフェイス名を修正して下さい。 トンネルインターフェイス数を修正して下さい、トンネル宛先の IP アドレスは必要に応じて IP routecommand および他の場所を示します
  • netdr キャプチャ機能性は CPU にパントされるすべてのパケットをキャプチャ する 7600/6500 プラットフォームに構築されます。 それは他のプラットフォームで利用可能ではないかもしれません。

event manager applet TUNNEL_FLAP
event syslog pattern "LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Tunnel" maxrun 36000
action 1.0 cli command "enable"
action 1.1 cli command "access-list 199 permit ip host 10.1.0.2 host 10.1.0.5"
action 1.2 cli command "debug mpls traffic-eng tunnels state detail 199"
action 1.3 cli command "debug mpls traffic-eng tunnel error detail"
action 1.4 cli command "debug mpls traffic-eng tunnels fast-reroute detail 199"
action 1.5 cli command "debug mpls traffic-eng tunnels signalling detail 199"
action 1.6 cli command "debug ip rsvp signalling"
action 1.7 cli command "debug ip rsvp message"
action 1.8 cli command "debug netdr capture interface port-channel 52"
action 1.9 set loop1 "0"
action 2.0 while $loop1 le 1
action 2.1 cli command "show mpls traffic-eng tunnel tunnel 505 | append disk0:TAC.txt"
action 2.2 cli command "show mpls traffic-eng tunnel tunnel 506 | append disk0:TAC.txt"
action 2.3 cli command "show mpls traffic-eng tunnel tunnel 507 | append disk0:TAC.txt"
action 2.4 cli command "show mpls traffic-eng tunnel tunnel 508 | append disk0:TAC.txt"
action 2.5 cli command "show netdr capture | append disk0:TAC.txt"
action 2.6 cli command "show ip rsvp neighbor | append disk0:TAC.txt"
action 2.7 cli command "show ip rsvp counter summary | append disk0:TAC.txt"
action 2.8 cli command "show ip rsvp counter state teardown | append disk0:TAC.txt"
action 2.9 cli command "show proc cpu sorted | append disk0:TAC.txt"
action 3.0 cli command "show proc cpu history | append disk0:TAC.txt"
action 3.1 cli command "show ip route 10.1.0.5 | append disk0:TAC.txt"
action 3.2 cli command "show ip cef 10.1.0.5 | append disk0:TAC.txt"
action 3.3 cli command "show logging | append disk0:TAC.txt"
action 3.4 increment loop1
action 3.5 end
action 3.6 wait 60
action 3.7 cli command "undebug all"
action 3.8 cli command "no debug netdr capture interface port-channel 52"
action 3.9 cli command " configure terminal"
action 4.0 cli command " no access-list 199 permit ip host 10.1.0.2 host 10.1.0.5"
action 4.1 cli command " inter range tunnel 505 - 508"
action 4.2 cli command " shutdown"
action 4.3 cli command "debug netdr clear-capture"
action 4.4 cli command "no event manager applet TUNNEL_FLAP"


Document ID: 116274