音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

話された名前ファイルのバルク アップロードを行う SFTP および SSH のスピーチ 接続応答

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はスピーチ 接続応答と SSH 話された名前ファイルのバルク アップロードを行うのにファイル 転送 プロトコル(SFTP)およびセキュア シェル(SSH)を使用するようにプロセスを説明したものです。

著者:Cisco TAC エンジニア Scott Hills

背景説明

現在、ユーザはスピーチ 接続応答 サーバにネーム ファイルをアップロードすることを学びますがこのタスクを完了する方法をメッセージはユーザに指示しません。

話された名前ファイルのバルク アップロードを行って下さい

バルク アップロードを行うために、次の手順に従って下さい:

  1. スピーチ 接続応答に SSH セッションおよび scadmin のログインを開いて下さい。 これをするために、putty.exe のような SSH クライアントを使用して下さい
  2. ログインの後で、入力して下さい:
    cd /tmp
    mkdir name_files
    cd name_files
  3. 次に、SFTP サーバに、接続するために sftp username@host を入力して下さい(以下を参照):
    sftp scadmin@10.1.1.1.
  4. プロンプト表示された場合パスワードを入力して下さい。

  5. レコード名をあります SFTP ホーム ディレクトリに確認して下さい。
  6. プロンプトで、得ます入力して下さい*。 ネーム ファイルはダウンロードされます。

    : SFTP ディレクトリに追加ファイルが(音声ファイル以外)あれば、上の例で使用されるワイルドカードより特定である必要がある場合もあります。 例は SFTP ホーム ディレクトリのすべてのファイルをコピーします。

  7. sftp 接続を切断するために終了を入力して下さい。

    : ルートとしてサーバへのログイン。 SCAdmin として現在 スピーチ 接続応答 SSH セッション ログイン される場合、SU <enter> を入力すればルートパスワードのためにプロンプト表示されます。 それからルート ユーザになります。

  8. 次に、ステップ 3 と続けて下さい: ルート ユーザとしてサーバへの話された名前 Files.Login のバルク アップロードを行うことは、入り:
    cd /tmp/name_files
    chown seaa *
    chgrp seaa *
    cp /tmp/name_files/* /opt/cisco/speechconnect/ssp/prompts/seaa/1/spoken_name

関連情報



Document ID: 116267