スイッチ : Cisco ME 3400 シリーズ イーサネット アクセス スイッチ

ME3400 CoS は分類 既知の制限を基づかせていました

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料はサービスの分類 (CoS)によって基づく入力 分類を使用するメトロイーサネット(ME)の既知の制限を 3400 スイッチ記述したものです。

Shashank Singh(Cisco TAC エンジニア)著。

問題

、CoS 値に基づいて分類する入力 policy-map はトラフィックをが Differentiated Services Code Point (DSCP)価値関数に基づいて別のもの機能しません。

一般的 な 設定

class-map match-any ef>
 match ip dscp ef
class-map match-any af31
 match ip dscp af31
class-map match-any cos-3
 match cos 3
class-map match-any cos-5
 match cos 5

policy-map qoscos
 class cos-5 police cir 5000000
  conform-action set-cos-transmit 5
  exceed-action drop
 class cos-3<
  police cir 5000000
  conform-action set-cos-transmit 3
  exceed-action drop


policy-map qosdscp
 class ef
  police cir 5000000
   conform-action set-cos-transmit 5
   exceed-action drop
 class af31
  police cir 5000000
   conform-action set-cos-transmit 3
   exceed-action drop

運用コンフィギュレーション

interface GigabitEthernet0/2
  port-type nni
  switchport trunk allowed vlan 1091
  switchport mode trunk
  service-policy input qosdscp

働かない設定

interface GigabitEthernet0/2
  port-type nni>
  switchport trunk allowed vlan 1091
  switchport mode trunk
  service-policy input qoscos

解決策

トラフィックに関しては ME-3400 でルーティングされる、CoS マークと一致する入力 policy-map は見つかりません。 グローバル ルーティング テーブルによっておよびバーチャルルーティングおよびフォワーディング両方(VRF)ルーティングされるトラフィックを表示することは可能性のあるです。 ただし、L2 スイッチドトラフィックのために、この policy-map は適切に機能します。

policy-map がスイッチ プラットフォームで適用されるとき、Quality of Service (QoS) オペレーションが CPU に左右されないように Ternary Content Addressable Memory (TCAM)にプログラムする必要があります。 プログラミングは ME3400 の L2 と L3 TCAM の間で異なります。 match cos によって基づくクラスマップだけのポリシーマップに関しては、一致 DSCP のためにベース クラスは、L3 TCAM プログラムされるが、L2 TCAM はプログラムされます。

ルーテッドトラフィックに関しては、L3 だけ TCAM 調べられます。 エントリは検出されないし、すべてのトラフィックは unpoliced ように/無標行きます。 ただし L2 スイッチドトラフィックのために、match cos ベース クラスに対してヒットという結果に終る L2 TCAM ルックアップは実行された。 この動作は設計されているようにあります。



Document ID: 116261