ルータ : Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータ

Linux と IOSd 間の ASR1000 シリーズ メモリ 割り当て

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2013 年 7 月 5 日) | フィードバック

概要

この資料は Cisco 1000 シリーズ 集約 サービス ルータ(ASR)の Linux と IOSd 間のメモリ 割り当てを記述したものです。

デイヴィッド陳によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

メモリ 割り当て

Cisco IOS ® はプロセスとして ASR1000 プラットフォームの Linuxカーネルの上を、Cisco IOS デーモン(IOSd)、動作します。 Linux はメモリ マネージャーで、使用するために IOSd のためのメモリの固定部分を割り当てます。 メモリ量は Linuxカーネルと IOSd の間で大体等分に分割されます。

どの位物理メモリがインストールされているか確認するために、show version コマンドからの出力をチェックして下さい。 この出力では、DRAM の 4GB (4194304K インストールされる)が IOSd に割り当てられる 1.7GB (1732016K)とあります。

cisco ASR1002 (2RU) processor with 1732016K/6147K bytes of memory.
4 Gigabit Ethernet interfaces
32768K bytes of non-volatile configuration memory.
4194304K bytes of physical memory.

プロセッサ IOSd 総メモリを確認するために show process memory コマンドでプロセッサ プールをチェックして下さい。 これは IOSd の問題の唯一のプールです:  

------------------ show process memory ------------------
Processor Pool Total: 1773498940 Used: 1069637628 Free:  703861312

使用のために利用可能 な 1.77GB が予想通りあります。 ただし、この量は大きい復元された IOS-XE イメージを保存するためにかなり大きい部分が使用されるのでやや半分より小さいです。

単一 RP シャーシにおける SSO モードのメモリ使用量

単一経路 プロセッサか。シャーシだけ、ASR1001 のような、ASR1002 および ASR1004、ソフトウェア Stateful Switchover (SSO)を事実上実行し、ソフトウエア 冗長性を提供できます。 これらのプラットフォームとのハードウェア Route Processor (RP) 冗長性がありません。

この例では、RP1 プロセッサとインストールされる DRAM の 4GB があります。

cisco ASR1004 (RP1) processor with 680124K/6147K bytes of memory.
Processor board ID FOX1537G88Y
5 Gigabit Ethernet interfaces
32768K bytes of non-volatile configuration memory.
4194304K bytes of physical memory.

ただし、ルータは SSO のために設定されます。

redundancy
mode sso

show platform コマンドからの出力は単一 RP (R0)が 2 ソフトウェア RP に分割されることを確認します(R0/0 および R0/1)。

------------------ show platform ------------------
Chassis type: ASR1004
Slot Type State Insert time (ago)
--------- ------------------- --------------------- -----------------
0 ASR1000-SIP10 ok 18w0d
0/0 SPA-5X1GE-V2 ok 18w0d
R0 ASR1000-RP1 ok 18w0d
R0/0 ok, active 18w0d
R0/1 ok, standby 18w0d

プロセッサ プールをチェックするとき、各 RP に 1GB と、メモリが半分で再度分割されることがわかります。 このとき復元された IOS-XE イメージを引いた後、IOSd の 1 つの例のために残っている総メモリのおよそ 696MB だけあります。

------------------ show process memory ------------------
Processor Pool Total:  696361580 Used:  676707244 Free:   19654336

完全なボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP) 表を安定して実行することは、696MB よりもっと必要であるかもしれません。 推奨される最小は SSO を実行するために 8GB DRAM搭載総量です。

: RP1 のためにサポートされる最大DRAM は 4GB です。 詳細については、Cisco ASR1000 シリーズ ルートプロセッサ データシートを参照して下さい。

ASR1001 のメモリ使用量

RP および組み込みサービス処理機構両方(ESP)の ASR1001 のようなプラットフォームに関しては、総最初のプロセッサメモリ始めます予想以上に低い統合。

他の例と同様に、この出力はインストールされる DRAM の 4GB を示したものです。

cisco ASR1001 (1RU) processor with 1207128K/6147K bytes of memory.
4 Gigabit Ethernet interfaces
32768K bytes of non-volatile configuration memory.
4194304K bytes of physical memory.

ASR1002 におよそ 1.77GB がある一方ルータに利用可能 な プロセッサ プール メモリの 1.23GB があるただことに注意して下さい。

------------------ show process memory ------------------
Processor Pool Total: 1235972656 Used:  983365712 Free:  252606944

ESP は一般に自身の物理メモリの別途のモジュールです。 ただし、ASR1001 のために、RP および ESP は統合、DRAM を共有する必要があります。 従って、ルータはより小さいメモリとと始めます。

: この資料にリストされているメモリ値は設定バリエーションがわずかに原因で異なるかもしれません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116233