IP : IP ルーテッド プロトコル

パイプはすべてのデバイスの不正確な一致を戻します

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2013 年 6 月 14 日) | フィードバック

概要

この資料はパイプ シンボル(時直面する問題を記述したものです|)出力をフィルタリングするために使用され、また想定外の結果を避ける show コマンドと共に使用される正規表現の正しい構文を記述します。

Shashank Singh によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はパイプ シンボルの正しい使用にストリングに基づいて出力をフィルタリングするために基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

コマンド下記の戻り不正確な出力のパイプ シンボルの使用。

Switch#show run | include 1.1.1.2 
 ip address 192.168.51.131 255.255.255.0
 ip address 198.1.1.1 255.255.255.0

解決策

領域および数を含む単一 文字を、一致するためにドットを(。)使用して下さい。 上述の例では、1.1.1.2 一致:

192.168.51.131255.255.255.0 および 198.1.1.1 255.255.255.0
 
特殊文字が付いている一致を必要とする場合、バックスラッシュの意味を抑制して下さい(\)。  次に例を示します。

Switch# show run | include 1.1.1\.2 does not match IPs above


この動作は正規表現の定義から続きます

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116131