会議 : Cisco Unified MeetingPlace Express

MeetingPlace Express ディスクスペース 最適化

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に MeetingPlace Express パーティションのそれぞれで十分なディスクスペースがシステムの健全性を保護するためにあることを確認する方法を記述されています。

著者:Cisco TAC エンジニア。

背景説明

サーバはディスクスペースで低いこれらのようないろいろな大きな問題を、引き起こす場合があります:

  • MeetingPlace Express サーバは予想に反してリブートします。
  • Webページはもはやアクセス可能ではないです。
  • アップグレードは不十分なディスクスペース エラーメッセージが原因で失敗します。

 また利用可能 な ディスクスペースは低いことを示すアラーム メッセージを受け取るかもしれません。

ディスクスペースを作成して下さい

より多くのディスクスペースを作成するためにいつでも使用できる役に立つコマンドのリストはここにあります。

: 与えられるあらゆるコマンドの場合コマンドを入力するとき MeetingPlace Express のセキュア シェル(SSH) セッションで見るものと同じようなプロンプトとして動作するので[root@server mpxadmin] #」テキストを「無視できます。 コマンドは敏速なテキストに続きます。

  • ディレクトリに変更するために、入力して下さい:
    [root@server mpxadmin]# cd (directory)
  • たとえば、このコマンドは /tmp/ フォルダにディレクトリを変更します:
    [root@server mpxadmin]# cd /tmp/
  • によって入りますワーキング ディレクトリを表示するためにあったり、:
    [root@server mpxadmin]# pwd
  • ディレクトリ、またファイルサイズ内のファイルおよびディレクトリのリストを見るために、入力して下さい:
    [root@server mpxadmin]# ls -l

ディスクスペースを作成するためにこれらのステップを完了して下さい

  1. マルチポイントエンキャプシュレーション(MPE)サーバへの SSH。 PuTTy のような SSH ソフトウェアを使用できます。
  2. ユーザ mpxadmin としてログイン。
  3. このコマンドでルートに変更して下さい:
    [root@server mpxadmin]# su
  4. ルートパスワードを入力して下さい。
  5. パーティションのサイズをチェックするために、入力して下さい:
    [root@server mpxadmin]# df -h

    これは、空き容量使用される合計サイズ、利用可能 な 空き容量および使用された領域のパーセントと共に各パーティションをリストします。
    次のような内容が出力されます。
    [root@server mpxadmin]# df -h

    Filesystem Size Used Avail Use% Mounted on
    /dev/cciss/c0d0p1 5.8G 3.5G 2.1G 63% /
    /dev/cciss/c0d0p6 3.9G 2.2G 1.6G 59% /common
    /dev/cciss/c0d0p2 7.7G 6.0G 1.4G 82% /db
    /dev/cciss/c0d0p9 247M 4.3M 230M 2% /grub
    /dev/cciss/c0d0p7 3.4G 99M 3.1G 4% /mpx-record
    /dev/cciss/c0d0p5 4.9G 4.9G 0 100% /opt
    /dev/cciss/c0d0p3 5.8G 33M 5.5G 1% /partB
    none 1.5G 23M 1.5G 2% /dev/shm

もっとも一般的な問題は /opt によって利用される 100% またはほぼ 100% である/パーティション引き起こされ。 パーティションは利用される 90% 以下あるはずです。

  1. 多くの不必要なログファイルが含まれているかもしれないディレクトリに変更するために入力して下さい:
    [root@server mpxadmin]# cd /opt/macromedia/breeze/content/7
  2. ファイルおよびフォルダのリストを表示するために、入ります:
    [root@server mpxadmin]# ls -l

    ls - l コマンドは多数を 4k より大きくない微風ログ ディレクトリ表示する。 多くのディレクトリがあるので、それらは /opt パーティションをいっぱいにすることができます。 これらのディレクトリをすべて削除できます。
  3. これらのディレクトリを削除するコマンドは次のとおりです:
    [root@server mpxadmin]# rm -Rf 1*

    : 1* は意味します名前の始めに 1 があるすべてのディレクトリを削除することを; 始まりで *11 とすべてを取除きたいと思えば 11* を等使用できます。

    警告: 間違ったディレクトリの RM コマンドを実行する場合、削除するべきではない重要なファイル/フォルダを削除するかもしれません。 再インストールするためにこれから以外回復 する方法があるかもしれません。

  4. 次の位置に変更するために、入力して下さい:
    [root@server mpxadmin]# cd /opt/macromedia/macromedia-breeze-5.1-161/
    logs/support/diagnostic/_defaultVHost_/meetingapp/7/

    [root@server mpxadmin]# ls -l

    再度、4k より大きくない多くの微風ログ ディレクトリを見るかもしれません。 多くのディレクトリがあるので、それらは /opt パーティションをいっぱいにすることができます。
  5. これらのディレクトリを削除するために、入力して下さい:
    [root@server mpxadmin]# rm -Rf 1*

    : 1* は意味します名前の始めに 1 があるすべてのディレクトリを削除することを; 始まりで *11 とすべてを取除きたいと思えば 11* を等使用できます。

  6. 次に、db-maintenance.log .DATE 公文書ファイルをチェックして下さい。 これらはまた集まることができます。 それらをすべて削除できますまたはすべて最後の 7 日を削除できます。
    [root@server mpxadmin]# cd /opt/cisco/meetingplace_express/database/db-maintenance/logs/
  7. ファイルをリストするために、入力して下さい:
    [root@server mpxadmin]# ls -l
  8. このコマンドでファイルを取除いて下さい。 しかし、「DATE」フィールドでさかのぼをファイル名入力する必要があります。
    [root@server mpxadmin]# rm -f db-maintenance.log.DATE
    (Example: rm -f db-maintenance.log.2012-01* - this will delete
    archived logs for January 2012.)

    警告: このファイルがシステムによって使用されるので、db-maintenance.log ファイルを取除かないで下さい。

  9. デバッグ ログファイルをクリアするために、入力して下さい:
    [root@server mpxadmin]# cd /opt/macromedia/macromedia-breeze-5.1-161/logs/support/
  10. デバッグ ログをクリアするために、入力して下さい:
    [root@server mpxadmin]# cat /dev/null > debug.log
  11. syslog ファイルをクリアするために、入力して下さい:
  12. [root@server mpxadmin]# cd /var/log
  13. syslog ログをクリアするために、入力して下さい:
    [roo@server mpxadmin]# cat /dev/null > syslog
  14. 未使用 sendmail キューメッセージ(qf をクリアするため…. そして df…. (存在 するそれ) /var/spool/mqueue および /var/spool/clientmqueue のファイルは)、入ります:
    [root@server mpxadmin]# cd /var/spool/mqueue
    [root@server mpxadmin]# rm -f qfo*
    [root@server mpxadmin]# rm -f dfo*

    また始まりに大文字が付いているファイルがあるかもしれません。 より多くのファイルがあるように下記のもので確認して下さい:
    [root@server mpxadmin]# ls -l
  15. Xsession エラーをサーバから取除くために、入力して下さい:
    [root@server mpxadmin]# rm -f /root/.xsession-error*
  16. チェックするべきもう一つの位置は次のとおりです:
    [root@server mpxadmin]# cd /opt/macromedia/macromedia-breeze-5.1-161/
    logs/support/remote/meetingapp@localhost/7

    : このディレクトリはすべてのインストールにないかもしれません。

    警告: このメッセージを得る場合このディレクトリの削除ファイルに進まないで下さい: bash: cd: /opt/macromedia/macromedia-breeze-5.1-161/logs/support/remote/meetingapp@localhost/7: No such file or directory.

  17. フォルダがあるようにここに確認するために、入力して下さい:
    [root@server 7]# ls -l

    このような古いディレクトリを見るかもしれません:
    drwxrw----    2 breeze   breeze       4096 Jun 29  2012 1060248
    drwxrw----    2 breeze   breeze       4096 Aug 16  2012 1196754
    drwxrw----    2 breeze   breeze       4096 Aug 27  2012 1228243
  18. これらのディレクトリを削除するために、入力して下さい:
    [root@server 7]# rm -Rf 1*

    : 1* は意味します名前の始めに 1 があるすべてのディレクトリを削除することを; 始まりで *11 とすべてを取除きたいと思えば 11* を等使用できます。

  19. それから、ハード ドライブの古いインストレーション ファイルがあるように確認して下さい。 自動的に不必要なファイルを取除くためにこのコマンドを入力して下さい。
    [root@server mpxadmin]# mpx_cleanup -all

    : 古いインストレーション ファイルが検出する場合、メッセージ表示はシステムにたった 2 バージョンがあることを示すそこに取除くことを何もでなく。 このエラーメッセージはシステムが重要なファイルを削除しないようにしません従って mpx_clean 入力することは安全です-すべては命じます。

  20. このプロセスの終わりに、ディスクスペースのステータスを表示するために df を- h コマンド再度入力して下さい。
    [root@server mpxadmin]# df -h
    Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
    /dev/cciss/c0d0p1     5.8G  3.5G  2.1G  63% /
    /dev/cciss/c0d0p6     3.9G  2.2G  1.6G  59% /common
    /dev/cciss/c0d0p2     7.7G  6.0G  1.4G  82% /db
    /dev/cciss/c0d0p9     247M  4.3M  230M   2% /grub
    /dev/cciss/c0d0p7     3.4G   99M  3.1G   4%/mpx-record
    /dev/cciss/c0d0p5     4.9G  4.1G  570M  88% /opt
    /dev/cciss/c0d0p3     5.8G   33M  5.5G   1% /partB
    none                  1.5G   23M  1.5G   2% /dev/shm

    パーティションが利用される 90% 以下あるはずであることを覚えていて下さい。 パーティションが利用される 100% のとき MeetingPlace Express は問題に直面します。


Document ID: 116168