コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

ICM DBLookup 機能 設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に外部 データベースからのデータを取出し、スクリプトでそれを使用するために Intelligent Contact Manager (ICM)の DBLookup 機能を設定する方法を記述されています。 説明するために機能を設定する方法をこの資料は発信者がリストの一部である場合ユーザが識別することを試みるシナリオ例を使用します(たとえば、優先 サービスを提供するため)。

Kristof ヴァン Coillie によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

設定

  1. データベースを作成して下さい
    最初に、データベースを作成して下さい。 Miscrosoft SQL サーバ 管理スタジオでは、データベースを右クリックし、データベースを『New』 を選択 して下さい:
    116215-configure-dblookup-01.png

    次に、このデータベースの表を作成して下さい。 新しく作成されたデータベースの下で表を右クリックして下さい。 それから、少数のカラムを追加できます:
    116215-configure-dblookup-02.png
    また数の文字を持つ柔軟性を提供するので nchar データタイプを選択して下さい。 Phone カラムを主キーとして設定 するために、割り当てます無効にしますチェックボックスでチェックを外して下さい。 このカラムを主キーとして設定 するために、主キーを右クリックし、『Set』 を選択 して下さい:
    116215-configure-dblookup-03.png

    これらのステップが完了した、変更を保存して下さい。 この場合、表にデータを追加できます:
    116215-configure-dblookup-04.png
  2. このデータベースに接続するために ICM を設定して下さい
    データベース ルックアップ エクスプローラを開くためにエクスプローラ ツールの下でコンフィギュレーションマネージャを使用して下さい。 それから、新しく作成されたデータベースおよびカラムを追加して下さい:
    116215-configure-dblookup-05.png
    システムが空パスワードと sa をデフォルトで使用するのでまたデータベースに username/password ログインを設定する必要があります。 このキーでレジストリの username/password を設定して下さい:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Cisco Systems, 
    Inc.\ICM\inst1\RouterA\Router\CurrentVersion\Configuration\Database\SQLLogin
    ドメイン ユーザでキーをどのように設定できるかこの例に示されています:
    \\POD2SPRAWLA\DBLookup=(ZFB\Administrator,password)
    Webインターフェイスで設定されるルータでアクセスすることができる編集ルータ 画面のデータベース ルーティングを『Enable』 を選択 するようにして下さい、:
    116215-configure-dblookup-06.png
  3. スクリプトでこのデータベースを使用して下さい
    どの表をで検索したいと思うか DBLookup ノードを追加し、規定 して下さい。 この例は CallingLineID の優先順位 表の検索を示したものです。 nchar データタイプとして選択されたので、ルックアップを入力する前にストリングに数を変換して下さい:
    116215-configure-dblookup-07.png
    ルックアップは主キーとして設定 される カラムに発生します。 以降、コール変数を読み込むのに同じ行からのデータを使用できます。 この例はデータベースとスクリプトで読み込むことができるコンフィギュレーションマネージャで別のカラムの付加を、都市、示したものです、:
    116215-configure-dblookup-08.png

確認

DB ワーカーが外部 データベースに接続できることを確認するのにこのセクションを使用して下さい。 DB ワーカー プロセスの最後の再始動のでログが含まれている txtファイル dbw.txt を作成して下さい:

C:\Users\Administrator.ZFB>cdlog <instance_name> ra
C:\icm\inst1\ra\logfiles>dumplog dbw /o /ms /last

DB ワーカーが dbw.txt とデータベースに接続できることを確認して下さい:

12:39:08:413 ra-dbw Trace: Attempting integrated security open of 
POD2SPRAWLA using ZFB\Administrator
12:39:08:451 ra-dbw Trace: Sucessfully impersonated ZFB\Administrator
12:39:08:476 ra-dbw Trace: 'id' is column 2 in sysobjects.
12:39:08:477 ra-dbw Trace: ID for table Priority is 5575058
12:39:08:484 ra-dbw Trace: Columns for Priority:
12:39:08:484 ra-dbw Trace: Column 1: Phone, type=47, length=30
12:39:08:536 ra-dbw Trace: Primary key for Priority is Phone, column 1.
12:39:08:557 ra-dbw Trace: Created connection to POD2SPRAWLA,DBLookup for thread 0
12:39:08:557 ra-dbw Trace: Created connection to POD2SPRAWLA,DBLookup for thread 1
12:39:08:558 ra-dbw Trace: Created connection to POD2SPRAWLA,DBLookup for thread 2
12:39:08:558 ra-dbw Trace: Created connection to POD2SPRAWLA,DBLookup for thread 3
12:39:08:558 ra-dbw Trace: Created connection to POD2SPRAWLA,DBLookup for thread 4
12:39:08:558 ra-dbw Trace: ScriptTable Piority is now available.
12:39:08:559 ra-dbw Trace: ScriptTable Piority (ID 5000) connected to
POD2SPRAWLA,DBLookup,Priority
12:39:08:559 ra-dbw Trace: Internal connect for POD2SPRAWLA,DBLookup,Priority
12:39:08:559 ra-dbw Trace: 'id' is column 2 in sysobjects.
12:39:08:560 ra-dbw Trace: ID for table Priority is 5575058
12:39:08:560 ra-dbw Trace: Columns for Priority:
12:39:08:560 ra-dbw Trace: Column 1: Phone, type=47, length=30
12:39:08:561 ra-dbw Trace: Primary key for Priority is Phone, column 1.
12:39:08:561 ra-dbw Trace: Column Phone (ID 5002) is table column 1, type 47.
12:39:08:561 ra-dbw Trace: ScriptTable Piority (ID 5000) connected to
POD2SPRAWLA,DBLookup,Priority

DB 労働者ログは主キー カラムで一致する No エントリがあるときこの応答を表示する(スクリプトの DBLookup ノードによって引き起こされる):

13:24:05:294 ra-dbw Trace: Queue a lookup request  
13:24:05:295 ra-dbw Trace: DBWorker Thread 0 (ID 350760 Table:Priority):
Received request: transactionID 1
13:24:05:295 ra-dbw Trace: DBWorker Thread 0 (ID 350760),transactionID 1,
Attempt to read the record:
13:24:05:295 ra-dbw Trace: DBWorker transactionID 1, Failed! result=1

一致があるとき、これは応答です:

13:25:25:810 ra-dbw Trace: Queue a lookup request 
13:25:25:810 ra-dbw Trace: DBWorker Thread 1 (ID 354428 Table:Piority):
Received request: transactionID 2
13:25:25:810 ra-dbw Trace: DBWorker Thread 1 (ID 354428),transactionID 2,
Attempt to read the record:
13:25:25:811 ra-dbw Trace: DBWorker Thread 1 (ID 354428),transactionID 2,
Succeeded.

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116215