コラボレーション : Cisco Outbound Option

UCCE FAQ: 個人的なコールバックはどのように顧客が答えないとき再スケジュールされるか。

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料は顧客が答えない場合個人的なコールバックプロセスを説明したものです。

Kristof ヴァン Coillie によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

Q. 個人的なコールバックはどのように顧客が答えないとき再スケジュールされるか。

A.個人的なコールバックは最大試みが達するか、または制限時間が切れるまで再試行されます。

  1. 個人的なコールバックはスケジュールされます。
  2. 個人的なコールバックは試みられますがと、顧客は答えません。
  3. 個人的なコールバックは 60 秒毎に試みの最大数に達するまでコールバック 制限時間内の試みられます(下記のメモを参照して下さい)。 これらの試みが試みられるとき、ダイヤラ 詳細記録は記録 されません。
  4. コールバック 制限時間が切れた後でさえも再試行があれば、コールバックは関連するキャンペーンのために行われる返事設定に基づいていました再スケジュールされません。 キャンペーンがなければ(、使用される Registry 鍵 PersonalCallbackTimeToRetryNoAnsweris)。
  5. 試みの最大数が排出される場合、次の操作は設定に基づいていました再スケジュールします選挙事務所長で設定されるコールバック モードを実行された。 キャンペーン非アクティブ時間は考慮に入れられません。

: CallbackTimeLimit (デフォルト値 = 15 分) -分の各々の個人的なコールバックのためのコールバック 時間 範囲を計算します。 選挙事務所長は CallbackDateTime 値が CallbackTimeLimit 引く現在の時刻の現在の時刻と合計の間にであるコールバック レコードのために PersonalCallback リストを問い合わせます。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116202