コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Enterprise

DNP の一致によってスーパーバイザがエージェント コールに割り込めない現象

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、スーパーバイザが割り込むことができない、またはエージェント コールを代行受信できない状況に対処する方法について説明します。

著者:Cisco TAC エンジニア、Ping Qiu

問題

スーパーバイザが [Barge-in] または [Intercept] ボタンをクリックしても、何も起こらないことがあります。 これは、スーパバイザが割り込みを開始したときに、Intelligent Contact Manager(ICM)Computer Telephony Integration Object Server/Computer Telephony Integration Server プロセスを介して、エージェントの内線番号からスーパーバイザの内線番号に電話会議の要求が行われるために発生します。 ただし、Cisco CallManager Peripheral Interface Manager(PIM)は、Dialed Number Plan(DNP)のマッチングに基づいて「新しいコール要求」を生成します。 この動作により、ICM ルータは理由「1011」でコールを拒否します。

19:06:37:604 PG1A-pim1 Trace: CSTA ROUTE REQUEST, 
TelephonyDriver::
RequestPostRoute: by PIM for the DNP SENT TO OPC
                CallID            = 2130706591 
                DeviceID = 3673  DeviceType = Static

                RoutingCrossRefID = 65693
                CurrentRoute      = ????
                CallingDevice     = 3673
                RequestType       = 51
                AG                =
                CustomerID        = -1
                PreferredASTID    = -1
19:06:37:606 PG1A-pim1 Trace: ProcessCSTARouteEnd:
crossRefID=65693  ERROR-1011

解決策

この問題は、DNP が設定された ICM バージョンで発生します。 この問題を解決するには、スーパーバイザの内線番号に一致する DNP 設定を削除します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116163