コラボレーション : Cisco Agent Desktop 8.5

上アップグレード上のバージョン 8.5.2a への CAD バージョン 8.5.1

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にフラットファイル RASCAL データベースとサーバ ハイ アベイラビリティのの上」アップグレード上の 8.5.2a 「に 8.5.1 を Cisco Agent Desktop (CAD) (プライマリおよびセカンダリ)行う方法を記述されています。

、リンダ Mordosky Anuj Bhatia によって貢献されて、およびジェイソンは、Cisco TAC エンジニア皮をむきます。

前提条件

要件

Cisco は統一されたコンタクトセンター 企業(UCCE)のナレッジが CAD あることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は CAD バージョン 8.5.x に基づいています。

アップグレード手順

  1. サーバをバックアップして下さい
    Cisco はアップグレード前にプライマリおよびセカンダリサーバをバックアップすることを推奨します。 バックアップを行うために、Cisco (RASCAL)記録および統計情報サービス情報のための Lightweight Directory Access Protocol (LDAP) データベースおよび Cisco CDBRTool のために LDAP データ交換形式(LDIF)方式を使用して下さい。
  2. 複製をディセーブルにして下さい
    • 複製をディセーブルにするために、プライマリ CAD サーバ C:\Program Files\Cisco\Desktop\bin にある PostInstall.exe を実行し、ReplicationSetup フォルダにナビゲート して下さい。
    • セットアップ 複製 ペインでは、にディレクトリ サービス 複製 オプション ボタンを設定 して下さい。
    • 複製が無効、PostInstall GUI によって指示されるようにセカンダリサーバのすべてのサービス、および密接な PostInstall を再起動して下さい。

      116244-technote-CAD-01.png


    • この時点で、複製は無効です。 複製が無効であることを確認するために、セカンダリサーバの PostInstall を実行して下さい。 CAD ベース Services ウィンドウはプライマリ フィールドのセカンダリサーバ IP アドレスをリストし、ディレクトリ サービス 複製が消えていることをセカンダリサーバの複製 セットアップ ペインは確認します。

      116244-technote-CAD-02.png


      : 複製がディセーブルの状態でサーバは両方とも別々のスタンドアロン プライマリ サーバで今本質的に設定されます。

  3. プライマリ CAD サーバのアップグレードを実行して下さい
    • アップグレードをインストールするために、Cisco_Agent_Desktop_8.5.2a_Installer.exe を実行して下さい。
    • インストールの後で、PostInstall は自動的に起動します。 最初のウィンドウの CAD ベース サービス ディスプレイ。 この時点で、セカンダリサーバ フィールドはブランクです。 設定を変更しないで下さい!
    • PostInstall に進むために『OK』 をクリック して下さい。

      116244-technote-CAD-03.jpg

  4. セカンダリサーバのアップグレードを実行して下さい
    • アップグレードをインストールするために、Cisco_Agent_Desktop_8.5.2a_Installer.exe を実行して下さい。
    • インストールの後で、PostInstall は自動的に起動します。 最初のウィンドウの CAD ベース サービス ディスプレイ。 この時点で、プライマリ サーバ フィールドはセカンダリサーバの IP アドレスを表示する。 この設定を変更しないで下さい!
    • PostInstall に進むために『OK』 をクリック して下さい。

      116244-technote-CAD-04.png

  5. 複製を再確立して下さい
    • PostInstall では、複製 セットアップ フォルダにナビゲート して下さい。
    • セットアップ 複製 ペインでは、正しいサーバがプライマリおよびセカンダリサーバ フィールドで割り当てられる確認し、にディレクトリ サービス 複製 オプション ボタンをことを設定 して下さい。
    • 複製が再確立されたら、PostInstall GUI によって指示されるように他のサーバのすべてのサービス、および密接な PostInstall を再起動して下さい。

      : 複製がアップグレードの後で正常ではないかもしれませんという可能性があります。 このエラーを見る場合、Postinstall を閉じないで下さい。

      116244-technote-CAD-05.png

      それをこの時点で閉じる場合、slapd.exe および破損 LDAP をクラッシュするかもしれません!


      この問題は複製プロセスが「チーム記録及び統計情報」フラットファイル データベース フォルダーを削除することができなかったので発生するかもしれません。 各チームはデータベース フォルダーの下にいるこのサブ フォルダがあります。 データベース フォルダーはまた問題を引き起こす場合がある「デフォルト」と指名されるサブ フォルダが含まれているかもしれません。

      ソリューションは複製を再確立する前にすべての CAD サーバの c:\Program files\cisco\desktop\database\ から <Team Name> および「デフォルト」フォルダを取除くことです。 複製が再確立された後、\データベース ディレクトリに再び <Team Name> フォルダをコピーできます。


Document ID: 116244