Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco ネットワーク モジュール

Nexus 7000 イーサネット 1/7: 最初にポート GRP のポートとして、許可されない構成は専用エラーメッセージです

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2013 年 7 月 2 日) | フィードバック

概要

この資料はポートコンフィギュレーションが 12 ラインカード(N7K-M132XP-12)が付いている Cisco Nexus 7000 M1-Series 32 ポート 10Gb イーサネットモジュールで試みられる記述し、また問題にソリューションを提供したものですとき直面する問題を。

Shelley Bhalla によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Nexus CLI のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はあらゆる Nexus 7000 シャーシの N7K-M132XP-12 に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

ポートコンフィギュレーションが N7K-M132XP-12 で試みられるとき、このエラーメッセージは報告されます:

ERROR: Ethernet1/7: Config not allowed, as first port in the port-grp is dedicated

解決策

N7K-M132XP-12 は行比率で 8 つの帯域幅の 80 Gb/s を共有するためにポートか 32 のポートまで割り当てを渡します。 32 のポートは 4 つのポートの 8 グループに編成されます。 専用モードでは、各グループの最初のポートはアクティブで、ラインレート・ パフォーマンスを提供し、他の 3 つのポートは無効です。 共用モードでは、グループの 4 つのポートはすべてアクティブです。

確認の適切なデータを収集し、問題を解決するために次の手順に従って下さい:

  1. これらのコマンドからの出力を収集して下さい:
    • show version
    • show module
    • show running-config
  2. 設定が N7K-M132XP-12 ポートで試みられるようにするために show module を検討して下さい。
  3. ポートが N7K-M132XP-12 にある場合、この表を調べて下さい:
    帯域幅を共有できるポートグループ 帯域幅の各 10Gb イーサネットに専用することができるポート
    1、3、5、7 1
    2、4、6、82
    9、11、13、15 9 ミリ秒
    10、12、14、16 10
    17、19、21、23 17
    18、20、22、24 18
    25、27、29、31 25
    26、28、30、32 26
  4.  2番目のカラムのポートが専用モードにあることを確認して下さい:
    interface Ethernet1/1 <<<<<<<
      switchport
      switchport mode trunk
      switchport trunk native vlan 1
      switchport trunk allowed vlan all
      spanning-tree port type network
      rate-mode dedicated force   <<<<<<<
      channel-group 1 mode active
      no shutdown
    ポートが専用モードにある場合、述べられるエラーメッセージが表示されます。
  5. 問題を解決するために共有されるに比率モードを変更して下さい。

注意: これは分裂的な変更です。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116262