スイッチ : Cisco Nexus 5000 シリーズ スイッチ

Nexus 5000 シリーズ スイッチ SYSMGR-2-VOLATILE_DB_FULL: システム揮発データベース 使用状況は予想に反して高い エラー メッセージ解決しますです

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2013 年 7 月 2 日) | フィードバック

概要

この資料は Nexus 5000 シリーズ スイッチによって直面する問題を記述しまた問題にソリューションおよび一時的な次善策を提供したものです。

Shelley Bhalla によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は Cisco Nexus CLI のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Nexus 5000 シリーズ スイッチに基づいています以前のバージョンを 5.0(3)N2(1) 実行する。
 
このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

Nexus 5000 シリーズ スイッチはこのエラーに 3 分毎に報告します:

N5k %SYSMGR-2-VOLATILE_DB_FULL: System volatile database usage is
 unexpectedly high at 80%.
N5k %SYSMGR-2-VOLATILE_DB_FULL: System volatile database usage is
 unexpectedly high at 80%.
N5k %SYSMGR-2-VOLATILE_DB_FULL: System volatile database usage is
 unexpectedly high at 80%.
N5k %SYSMGR-2-VOLATILE_DB_FULL: System volatile database usage is
 unexpectedly high at 80%.

show run コマンド(および出力 190 以上の行を)生成 すれば show run スイッチ プロファイル コマンドを(出力サイズに関係なく)入力する時、/dev/shm ファイルの CSM_ACFG ファイルのコピーは生成するかもしれません。 これらのファイルは自動的にきれいにされません。 最終的にそれらはデバイスがリロードします揮発性 メモリをいっぱいにします。 さらに、問題は定期的に 設定を集めるか、または変える種類のスクリプトが使用される場合悪化させます。

この問題を解決するために、最初に show system 内蔵フラッシュ コマンドから出力を集めて下さい。 それは /dev/shm フォルダで利用度が高い示す必要があります:

N5k# show system internal flash
Mount-on                  1K-blocks      Used   Available   Use%  Filesystem
/                            204800    115408       89392     57   /dev/root
/proc                             0         0           0      0   proc
/post                          2048         4        2044      1   none
/sys                              0         0           0      0   none
/isan                       1536000    452496     1083504     30   none
/var/tmp                     307200       704      306496      1   none
/var/sysmgr                 1024000      6320     1017680      1   none
/var/sysmgr/ftp              409600     48604      360996     12   none
/var/sysmgr/ftp/cores        102400         0      102400      0   none
/callhome                     61440         0       61440      0   none
/dev/shm                     524288    427248       97040     80   none  <<<<<<<<<
/volatile                    153600         0      153600      0   none
/debug                        20480         4       20476      1   none
/dev/mqueue                       0         0           0      0   none
/mnt/cfg/0                   114909      4904      104072      5   /dev/sda5
/mnt/cfg/1                   112920      4904      102186      5   /dev/sda6
/var/sysmgr/startup-cfg      307200      9940      297260      4   none
/dev/pts                          0         0           0      0   devpts
/mnt/plog                     56192      1644       54548      3   /dev/mtdblock2
/mnt/pss                     114917      5348      103635      5   /dev/sda4
/bootflash                  1609984    410536     1117664     27   /dev/sda3

/dev/shm フォルダのコンテンツが csm_acfg ファイルであることを確認するために、これらのコマンドから出力を集めて下さい:

  • show system 内部ディレクトリ /dev/shm | I csm_acfg | 数
  • show system 内部ディレクトリ /dev/shm | I csm_acfg

Nexus 5000 シリーズ スイッチがクラッシュする場合、show system リセット理由 コマンド 出力のリロード理由ようにこのメッセージを報告します:

Reason: Reset triggered due to HA policy of Reset
System version: 5.0(2)N2(1)
Service: syslogd hap reset

show logging nvram コマンドが入力されるとき、出力はエラーを示したものです(以下を参照):

N5k %$ VDC-1 %$ %PSS-0-PSS_WRITE_LOG_FAILURE: snmpd: failed to write log: No space left on device
N5k %$ VDC-1 %$ last message repeated 4 times

解決策

バージョン 5.0(3)N2(1) へのアップグレードこの問題を解決するため。 この問題に関する詳細については、参照 Cisco バグ ID CSCtn71292

さらに、一時的な次善策として:

  • もし可能なら、新しいファイルを作成するコマンドをポーリングしませんでしたり、または実行しないで下さい。
  • システム pss を /dev/shm フォルダのサイズを試み、減らすために縮めますコマンドを入力して下さい。
  • 支援に関しては Cisco Technical Assistance Center (TAC)に連絡して下さい。 TAC は /dev/shm フォルダのファイルを取除くように試みることができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116259