コラボレーション : Cisco Unified E-Mail Interaction Manager

EIM/WIM FAQ: ログファイルはなぜ分散配備のファイルサーバの代りにローカルサーバで生成されますか。

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

ログファイルが分散配備の間違ったサーバでなぜ生成されるかこの資料に説明されています。

ゲラン Selthofer によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

ログファイルが分散配備のファイルサーバの代りにローカルサーバで生成される理由

Cisco Unified E メール 相互対話 Manager(EIM)/Cisco Unified Web Interaction Manager (WIM)リリース 4.4.1 のための特派員 3 (ES3)を設計することはデフォルト ロギング ロジックを変更しました。 このリリースはログオンしますファイルサーバを作成しません。 その代り、それはログオンします分散した環境のローカルサーバを作成します。

Cisco バグ ID CSCty30820 のために設定されるこの動作は修理が原因です。 Cisco バグ ID に ES3 リリース ノートのタイトルよりネットワーク 接続解除の後であります別のタイトルが、「アプリケーション 回復 しません」、「ネットワーク不通の間のログオン ローカルサーバ」。

これがリリース 9.0 およびそれ以降のデフォルト ロギング ロジックであるが、Cisco からリリースでその明示的 な説明がこれ変更しました顧客 資料の何れかの 4.4.1 ES3 をありません。 ロギング ロジック変更が理由で、リリース 4.4 トラブルシューティングガイドのログ 収集手順に適切な変更があるはずです。 このロギング ロジックはまた ES3 リリース ノートで明確に 文書化されています必要がありますが現在ありません。

従ってリリース 4.4.1 ES3+ をおよびリリース 9.0+ からのログファイルを捜すときこれが予期された動作(分散配備の各サーバで別々に生成 されるログ)であることを、認識して下さい。 ログはこの位置 <%INSTALL HOME%> \ eService \ログ フォルダの各サーバで生成 されます。



Document ID: 116205