音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Jabber for Windows

修正された基礎フィルタの LDAP を問い合わせることが不可能な Windows のための Jabber

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Jabber for Windows のためのカスタム基礎フィルタにおいての Lightweight Directory Access Protocol (LDAP)検索問題を解決する方法を記述されています。

Cisco TAC エンジニア、Bruno Van Turnhout により寄稿されました。

前提条件

要件

Cisco Jabber for Windows に関する基本的な知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Jabber for Windows に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

問題

ユーザが Active Directory (AD)でこのアトリビュートを読み込んでもらうのに jabberconfig.xml ファイルで規定 される BaseFilter に追加される employeeID s のようなアトリビュートが結果ない時。 基礎フィルタがこのアトリビュートなしで作成されるとき設計されているようにはたらきます。


LDAP を問い合わせるのに ldp.exe を使用する時こののフィルタ設計されているアトリビュート作業。

このコードははたらきます:

<BaseFilter>(&amp;(objectclass=user)(objectcategory=person)
(!UserAccountControl:1.2.840.113556.1.4.803:=2)</BaseFilter>

それは付け加える場合失敗します(employeeid=*):

<BaseFilter>(&amp;(employeeid=*)(objectclass=user)
(objectcategory=person)(!UserAccountControl:1.2.840.113556.1.4.803:=2)</BaseFilter>

解決策

Windows のための Jabber はドメインコントローラ(TCPポート 389 か 636)保護するためかにまたは 3269)保護するためグローバル カタログ(TCPポート 3268 接続できます。 これが jabberconfig.xml ファイルの ConnectionType パラメータによって 0 = グローバル な カタログ(デフォルト値)および 1 = ドメインコントローラ制御される。

グローバル カタログに接続する場合、LDAP フィルタで現在のすべての属性がグローバル カタログに伝搬するようにする必要があります。 LDAP フィルタからの 1 アトリビュートがグローバル な カタログにない場合、このフィルタを使用する検索要求は結果を返しません。 デフォルトで、属性の一部だけグローバル カタログに伝搬します。 である employeeID デフォルトで伝搬しないこれらの 1 つは帰因します。

解決策 1ドメインコントローラ

グローバル カタログの代りのドメインコントローラへのポイント Jabber (jabberconfig.xml ファイルで、0)の代りに 1 にディレクトリ パラメータ ConnectionType を設定 して下さい。 これはグローバル カタログと比較されるドメインコントローラのパフォーマンスがより遅い従って Jabber クライアントの劣った実行という結果に終るので推奨されません。

解決策 2: グローバル カタログ

AD 環境のグローバル カタログ サーバに必要なアトリビュート(employeeID)を複製して下さい。 それを確認する AD 管理者とのチェックは更新済です。 この変更を行うために、ドメインコントローラ スキーマ管理者権限の行って下さい:

  1. ナビゲートはへの MMC > ファイル > Add/スキーマ > Add Active Directory スキーマを取除きます
  2. 左ペインでは、属性フォルダを開いて下さい。
  3. アトリビュート(employeeID)を右クリックして下さい。
  4. (employeeID) Properties ウィンドウでは、Global Catalog チェックボックスに反復実験をこのアトリビュート チェックして下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116104