スイッチ : Cisco ME 3600X シリーズ イーサネット アクセス スイッチ

メトロイーサネット 3600X シリーズ スイッチ QOSMGR-3-PROFILE_EXHAUST: ハードウェアで利用可能 な自由なスケジューラー プロファイルは解釈を記録 しません

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2013 年 6 月 26 日) | フィードバック

概要

この資料は続く試みと共に新しいポリシーマップの作成における問題をログオンします Cisco METRO イーサネット 3600X シリーズ スイッチ(ME3600X)を記述したものです。

Shashank Singh によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

一定量のポリシーマップを作成した後、ME3600X スイッチは新しいポリシーマップを作成する失敗と共にこのログを報告するかもしれません:

QOSMGR-3-PROFILE_EXHAUST: 
No free scheduler profiles available in hardware

これはサービス品質(QoS) Ternary Content Addressable Memory (TCAM)に利用可能空間があっても発生するかもしれません:

Switch#show platform tcam utilization qos
Nile Tcam Utilization per Application & Region:
ES == Entry size == Number of 80 bit TCAM words
==================================================================
App/Region            Start  Num Avail  ES    Used Range  Num Used
==================================================================
QOS                   36864      4096   2
   nile0                                                     2966   
   nile1

解決策

このログは時すべてのスケジューラー プロファイル(255)実行、ポリシーマップ設定によって期待されます。 これを確認するために、提示プラットフォーム QoS スケジューラー プロファイル キュー 0 コマンドを入力して下さい:

Switch#show platform qos scheduler profile queue 0
Asic 01)PIR =1000000 bandwidth =0 eir_ratio=1 ref_count=19 mtu=1500
2)PIR =1000000 bandwidth =0 eir_ratio=1 ref_count=1 mtu=9200
3)PIR =5000 bandwidth =5000 eir_ratio=1 ref_count=0 mtu=1500
So on?.
 
252)PIR =5083 bandwidth =5083 eir_ratio=1 ref_count=0 mtu=1500
253)PIR =5083 bandwidth =0 eir_ratio=1 ref_count=1 mtu=1500
254)PIR =5083 bandwidth =0 eir_ratio=98 ref_count=0 mtu=1500
255)PIR =1000000 bandwidth =0 eir_ratio=1 ref_count=1 mtu=2000              

スケジューラーは別のハードウェアリソースであり、TCAM 利用はこの問題の依存しないです。 スケジューラー 使用方法の量は設定によって決まります。 より多くの機能(利用可能 な 帯域幅図形のパーセント)を利用するポリシーマップは他よりより多くのスケジューラー リソースを使用すると期待されます。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116263