セキュリティ : Cisco Security Manager 4.3

「エラー-ログインは失敗しました。 クライアントは認証サービスに CSM のエラーメッセージ トラブルシューティング」接続できません

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にエラーを解決する方法を記述されています-ログインは失敗しました。 クライアントは Cisco Security Manager (CSM)の認証サービス エラーメッセージに接続できません

: この資料は CSM バージョン 4.3 (4.3) CSM で直面するよくある問題に焦点を合わせます; ただし同じ問題およびソリューションが他のバージョンに同様に適用することは、可能性のあるです。

Corey ローレンスおよびデイヴィッド Houck によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

ユーザは CSM クライアントアプリケーションにログイン し、1 つのまたは両方のエラーメッセージを表示することができません:

  • エラー-ログインは失敗しました。 クライアントは認証サービスに接続できません
  • ログイン URL アクセスは禁止されます

さらに、CiscoWorks/プライム記号 Web GUI にログイン する試みはこのエラーメッセージを生成するかもしれません:

403 -禁止されたエラー

解決策

CSM サーバの Apache サービスを再登録するためにこのセクションに説明があるステップを完了して下さい。 CSM クライアントアプリケーションは Apache サービス ログインを使用します。

  1. CSM サーバ、Start > Run へのナビゲート… > services.msc Microsoft Windows サービス コンソールを開くため。

  2. CSM サービス全員に対するスタートアップの種類が手動に設定 されるようにして下さい(自動に設定 する必要がある) (CRMDmgtdCisco Security Manager デーモン 管理 プログラム サービスを除く。

  3. 依存したサービス全員を停止するそれのための Cisco Security Manager デーモン 管理 プログラム(CRMDmgtd)サービスおよび待機を停止して下さい。

  4. > すべての Programs > Accessories > コマンド プロンプトは開始するためにナビゲート し、コマンド プロンプト ショートカットを右クリックし、特権 コマンド コマンド指示を開くためにように管理者 『Run』 を選択 します。

  5. 手動で CSM Apache サービスの登録を解除するためにこのコマンドを入力して下さい:
    pdreg -u Apache
  6. 手動で CSM Apache サービスを再登録するためにこのコマンドを入力して下さい:
    pdreg -r Apache -e "C:\PROGRA~2\CSCOpx\MDC\Apache\bin\Apache.exe" -f "-d
    C:\PROGRA~2\CSCOpx\MDC\Apache -D SSL" -d Tomcat

    : パスは DOS 8.11 形式で入力する必要があります。 たとえば、C:\Program ファイル(x86)の代りの C:\PROGRA~2。 Microsoft Windows の 64 ビット バージョンで、CSM ルート ディレクトリ デフォルト の ロケーションは C:\PROGRA~2\CSCOpx です; Microsoft Windows の 32ビット バージョンで、CSM ルート ディレクトリ デフォルト の ロケーションは C:\PROGRA~1\CSCOpx です。

  7. CSM のための Secure Sockets Layer (SSL) 認証を再生するためにこのコマンドを入力して下さい:
    cd C:\Progra~2\CSCOpx/MDC/Apache
    gencert.bat
  8. 依存したサービス全員を再開するそれのための Cisco Security Manager デーモン 管理 プログラム(CRMDmgtd)サービスおよび待機を再起動して下さい。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116183