ビデオ : Cisco Digital Media Manager

デジタル メディア マネージャバージョン 5.4 実行されたタスク ウィンドウはアップグレードの後でハングします

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にバージョン 5.4 に Cisco Digital Media Manager (DMM)をアップグレードした後実行タスク ウィンドウがハングする問題を提起する方法を記述されています。

半導体素子シュナイダー、トマス Runyan、およびジェームス Hofmann によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

問題

バージョン 5.4 に DMM をアップグレードした後、実行タスク オプションのデジタル Media Player (DMP)を管理するネットワーク管理者試み。 ページはこのイメージで決してキャプチャ される連続的な回転アイコンをロードしないし、示します。

この問題はまたチャネルにコンテンツをアップロードするように試みるとき発生するかもしれません。

DMM バージョン 5.4 は適切な IP アドレスを解決できません。 問題はバージョン 5.3 からのアップグレードの後で多分 Servlet サーバアドレスのための完全修飾ドメイン名 (FQDN)の使用を実施しないので、引き起こされます。

DMM バージョン 5.4 は、Servlet サーバアドレスのための IP アドレスの代りに、FQDN の使用を実施します。 問題は Cisco バグ ID CSCtx63069 の下で文書化されています。

解決策

ソリューションはここに示されているように FQDN への Servlet サーバアドレスを変更することです:


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116228