スイッチ : Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチ

Catalyst 3750 に関する FAQ: ドロップを回避するためのキューのしきい値計算での出力しきい値の意味について

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチの出力しきい値の意味に関する質問に回答します。

著者:Cisco TAC エンジニア、Shashank Singh

ドロップを回避するためのキューのしきい値計算での出力しきい値の意味について

この設定例の内容は次のとおりです。

Switch(config)#mls qos queue-set output 1 threshold 1
3200 3200 100 3200

3200 は WTD(重み付けテール ドロップ)のしきい値のパーセンテージです。 この数値により、パケットの末尾が廃棄される前に共通プールから使用するバッファ数が決定されます。 この設定によって、queue-set 1 の出力キューにあるしきい値 1、2、および 3 が等しく、設定値(3200)まで共通プールを自由に使用できるスイッチについて説明します。 この例では、廃棄しきい値は 3200 で、最大しきい値および予約しきい値は 100% に設定されます。

出力バッファに使用できる合計共通プールはプラットフォームによって異なります。 これらは、2960-S でより制限されます( システム全体で 2 MB(ダウンリンク ポート + アップリンク ポート)使用できますが、3750-X では、24 のダウンリンク ポートの各セットに 2 MB、アップリンクに 2 MB 使用できます)。

100 は、そのキューのバッファの予約済みパーセンテージです。 たとえば、「mls qos queue-set output 1 buffers 15 45 20 20」を事前に設定したとします。 次に、「mls qos queue-set output 1 threshold 1 3200 3200 100 3200」は、予約済みとして利用可能な合計バッファの 15 % のうち 100 %をキュー 1 に割り当てることを意味します。


2MB の出力バッファは次のように分割されます。

 ----------------------------------------------------
|    CPU プール             |
|--------------------------------------------------|
|   共通プール           |
|                         |
|--------------------------------------------------|
|  |  |  |  |             |
|Q1|Q2|Q3|Q4| .............. |<------予約済みプール
|  |  |  |  |             |
------------------------------------------------------
  • CPU と共通プールは固定サイズです。
  • 予約済みプールは、各前面パネルのポートとそれぞれのキューに予約された最小保証バッファ スペースを保持します。 同じポートまたは異なるポートの他のキューが、1 つのキューで予約されたバッファを借用および共有することはできません。 予約済みプールのサイズは、ポートごとのデフォルトまたはユーザ設定(reserved-threshold)によって異なります。 3750 には、4 つの異なるキューがあり、キューごとに 3 つのしきい値があります。
  • 共通プールには、最初に予約されていないすべてのバッファ構成単位が含まれます(CPU のバッファ スペースを差し引いたもの)。 上記の設定に基づいて、共通プールから最大 3200 % 借りてバーストに対応することができます。 つまり、キューは、共通プールが枯渇するまで共通プールからバッファ構成単位を借りることができます。 ただし、共通プールからバッファが予約されていないため、不要になったとき、またはバーストが収まった後、バッファを共通プールに戻すことができます。
  • キュー セット 1 はすべてのポートに割り当てられます。 デフォルトでは、各キューに合計バッファ領域の 25 %が割り当てられます。 各キューには、割り当て済みバッファ スペースの 50 %(合計バッファ スペースの 12.5 %)が予約されます。 すべての予約済みバッファの合計が予約済みプールであり、残りのバッファは共通プールの一部になります。 上記の設定では、パケットが廃棄される前にこのキューが保持できる最大メモリとして 3200 % が設定されています。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116102