音声 : セッション開始プロトコル(SIP)

CUBE と CUCM 上の SIP の信頼性の高い暫定応答の設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Session Initiation Protocol (SIP)信頼できる仮応答機能がどのように動作し、どのように Cisco Unified Border Element (CUBE)および Cisco Unified Communications Manager (CUCM)でそれを confiugred かこの資料に記述されています。

ロビン CAI によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unified Border Element (CUBE)企業
  • Cisco Unified Communications Manager Express (CUCME)
  • Cisco Unified Communications Manager(CUCM)
  • Session Initiation Protocol(SIP; セッション開始プロトコル)

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco 統合サービス ルータ(ISR)の Cisco IOS Release 15.1(4)M4: シリーズ 2800、3800、2900、3900
  • Cisco ASR 1000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータの Cisco IOS Release 15.1(3)S4

: この設定例は上記リストに記載されているソフトウェア バージョンおよびハードウェアプラットフォームに制限されません; この設定はまた Cisco AS5400XM Universal Gateway の Cisco IOS Release 12.4(24)T5 によって機能します。

背景説明

SIP 信頼できる仮応答はよりよく Public Switched Telephone Network (PSTN)と統合ためにもたらされました。 もっとも一般的な シナリオはコールの完了の前に音声/音声経路を確立することです; 従って、発信者は PSTN によって生成される発表かミュージックを聞きます。

たとえば、トポロジーの下で、IP Phone は PSTN コンファレンスブリッジかいくつかの料金 無料 番号を呼出し、コールに応答する前に呼び出し側はプロンプトをします。 CUCM が遅延オファーを用いるコールを(開始したら含まれていません Session Description Protocol (SDP)が誘って下さい)、発信者はプロンプトを聞きません。

116086-configure-cube-cucm-sip-01.png

それ以外の場合、PSTN 側はリングバックトーンを生成します。 コールが接続される前にメディアが通り過ぎなければ、発信者はリングバックトーンを聞かないかもしれません。

SIP 信頼できる仮応答が余分メディア リソースを含まないで上記の問題を解決するのに使用することができます(のようなメディア Transfer Protocol (MTP))、これらの暫定応答および PRACK としてメッセージはオファー/返事交換に追加機会を提供します。

CUBE 設定

デフォルトで、CUBE はこの設定の信頼できる応答をサポートします:

voice service voip
sip
rel1xx supported 100rel

それがヘッダが付いているメッセージ 180/183 の必要となれば受け取れば、このユーザ エージェント クライアント(UAC)として、意味します: 100rel、それは PRACK と応答します; ただし、ユーザ エージェント サーバ(UAS)として、それはヘッダとの 180/183 を必要となります送信しません: 100rel.

CUBE を 18X をとの送信 するために強制するために必要として下さい: 100rel は(UAC からの PRACK を待つように)、ここに設定例です:

グローバル レベル:

voice service voip
sip
rel1xx require 100rel

水平なダイヤル ピア:

dial-peer voice 1000 voip
voice-class sip rel1xx require 100rel

: ダイヤル ピア設定はグローバル な 設定に優先します。

CUCM の設定

デフォルトで、CUCM は信頼できる応答をサポートしません。 ただし、それを設定するために SIP トランク プロファイルを変更できます:

  1. CUCM 管理インターフェイスでは、> SIP プロファイルは設定 する デバイス > デバイスに行きます。
  2. ある特定の SIP トランクによって使用される SIP プロファイルを開いて下さい。
  3. SIP Rel1XX オプション ドロップダウン リストからすべての 1xx メッセージのための PRACK を『Send』 を選択 して下さい。
  4. ある特定の SIP トランクのための SIP トランク プロファイルをリセットして下さい。

116086-configure-cube-cucm-sip-02.png

: ある特定の SIP トランクがデフォルト SIP トランク プロファイル(標準 SIP プロファイル)を使用すれば、新しいプロファイルにコピーし、SIP トランクに適用することが最善です; さもなければ、デフォルト SIP トランク プロファイルはすべての SIP トランクに影響を及ぼします。

: 上記の変更を行なっても、CUCM は UAC として PRACK の送信によってだけ信頼できる応答をできますサポート; ただし、今のところ、それは必要ととの 180/183 を送信できません: UAS として 100rel ヘッダ。

典型的な SIP メッセージ

信頼できる repsonse が CUBE の着信ダイヤルピアで設定される場合、典型的なコールはこれに類似したです:

// CUBE receives INVITE with delay offer from CUCM. INVITE sip:2002@10.66.75.246:5060 SIP/2.0
Date: Thu, 04 Apr 2013 05:30:27 GMT
Call-Info: <sip:10.66.75.171:5060>;method="NOTIFY;Event=telephone-event;Duration=500"
Allow: INVITE, OPTIONS, INFO, BYE, CANCEL, ACK, PRACK, UPDATE, REFER, SUBSCRIBE, NOTIFY
From: <sip:4832@10.66.75.171>;tag=169850~fb41edd8-7bc7-4ced-b8b0-9b10a31db5c4-19845894
Allow-Events: presence, kpml
P-Asserted-Identity: <sip:4832@10.66.75.171>
Supported: 100rel,timer,resource-priority,replaces,X-cisco-srtp-fallback,Geolocation
Min-SE: 7200
Cisco-Guid: 3228672256-0000065536-0000000027-2873836042
Remote-Party-ID: <sip:4832@10.66.75.171>;party=calling;screen=yes;privacy=off
Content-Length: 0
User-Agent: Cisco-CUCM8.6
To: <sip:2002@10.66.75.246>
Contact: <sip:4832@10.66.75.171:5060;transport=tcp>
Expires: 180
Call-ID: c071a100-15d10ff3-24695-ab4b420a@10.66.75.171
Via: SIP/2.0/TCP 10.66.75.171:5060;branch=z9hG4bK246d9521aba1b
CSeq: 101 INVITE
Session-Expires: 7200
Max-Forwards: 70
SIP/2.0 100 Trying
Via: SIP/2.0/TCP 10.66.75.171:5060;branch=z9hG4bK246d9521aba1b
From: <sip:4832@10.66.75.171>;tag=169850~fb41edd8-7bc7-4ced-b8b0-9b10a31db5c4-19845894
To: <sip:2002@10.66.75.246>
Date: Thu, 04 Apr 2013 05:50:29 GMT
Call-ID: c071a100-15d10ff3-24695-ab4b420a@10.66.75.171
CSeq: 101 INVITE
Allow-Events: telephone-event
Server: Cisco-SIPGateway/IOS-15.2.4.M2.8
Content-Length: 0
// CUBE responds 183 with SDP which also contains Require: 100rel.
SIP/2.0 183 Session Progress
Via: SIP/2.0/TCP 10.66.75.171:5060;branch=z9hG4bK246d9521aba1b
From: <sip:4832@10.66.75.171>;tag=169850~fb41edd8-7bc7-4ced-b8b0-9b10a31db5c4-19845894
To: <sip:2002@10.66.75.246>;tag=42CF0134-1BC8
Date: Thu, 04 Apr 2013 05:50:29 GMT
Call-ID: c071a100-15d10ff3-24695-ab4b420a@10.66.75.171
CSeq: 101 INVITE
Require: 100rel
RSeq: 3344
Allow: INVITE, OPTIONS, BYE, CANCEL, ACK, PRACK, UPDATE, REFER, SUBSCRIBE, NOTIFY, INFO, REGISTER
Allow-Events: telephone-event
Contact: <sip:2002@10.66.75.246:5060;transport=tcp>
Supported: sdp-anat
Supported: X-cisco-srtp-fallback
Server: Cisco-SIPGateway/IOS-15.2.4.M2.8
Content-Type: application/sdp
Content-Disposition: session;handling=required
Content-Length: 330

v=0
o=CiscoSystemsSIP-GW-UserAgent 4874 2535 IN IP4 10.66.75.246
s=SIP Call
c=IN IP4 10.66.75.246
t=0 0
m=audio 16442 RTP/AVP 8 0 18 101 19
c=IN IP4 10.66.75.246
a=rtpmap:8 PCMA/8000
a=rtpmap:0 PCMU/8000
a=rtpmap:18 G729/8000
a=fmtp:18 annexb=no
a=rtpmap:101 telephone-event/8000
a=fmtp:101 0-15
a=rtpmap:19 CN/8000
// CUBE receives PRACK from CUCM with SDP
PRACK sip:2002@10.66.75.246:5060;transport=tcp SIP/2.0
Via: SIP/2.0/TCP 10.66.75.171:5060;branch=z9hG4bK246da4c33fa3e
From: <sip:4832@10.66.75.171>;tag=169850~fb41edd8-7bc7-4ced-b8b0-9b10a31db5c4-19845894
To: <sip:2002@10.66.75.246>;tag=42CF0134-1BC8
Date: Thu, 04 Apr 2013 05:30:27 GMT
Call-ID: c071a100-15d10ff3-24695-ab4b420a@10.66.75.171
CSeq: 102 PRACKRAck: 3344 101 INVITE
Allow-Events: presence, kpml
Max-Forwards: 70
Content-Type: application/sdp
Content-Length: 213

v=0
o=CiscoSystemsCCM-SIP 169850 1 IN IP4 10.66.75.171
s=SIP Call
c=IN IP4 10.66.75.89
t=0 0
m=audio 26662 RTP/AVP 0 101
a=rtpmap:0 PCMU/8000
a=ptime:20
a=rtpmap:101 telephone-event/8000
a=fmtp:101 0-15
// CUBE acknowledges the PRACK.
SIP/2.0 200 OK
Via: SIP/2.0/TCP 10.66.75.171:5060;branch=z9hG4bK246da4c33fa3e
From: <sip:4832@10.66.75.171>;tag=169850~fb41edd8-7bc7-4ced-b8b0-9b10a31db5c4-19845894
To: <sip:2002@10.66.75.246>;tag=42CF0134-1BC8
Date: Thu, 04 Apr 2013 05:50:29 GMT
Call-ID: c071a100-15d10ff3-24695-ab4b420a@10.66.75.171
Server: Cisco-SIPGateway/IOS-15.2.4.M2.8
CSeq: 102 PRACK
Content-Length: 0
// The call is not anwered until now; however, calling and called parties have exchanged SDP,
// and media path is established.
// Other messages omitted.

トラブルシューティング

CUBE のこの問題を解決するために、これらのデバッグは有効に する必要があります:

debug voip ccapi inout
debug ccsip message

症状 1: CUBE は必要となしで 180/183 を送信します: 100rel ヘッダ。

rel1xx が approprate ダイヤル ピアまたは音声 サービス voip の下で 100rel を設定される必要とすることを確認して下さい。

症状 2: CUBE は必要ととの 180/183 を送信 し続けます: CUCM への 100rel ヘッダ

この問題は通常 CUCM が信頼できる応答をサポートしないと発生します。 この問題を解決するため、CUCM のイネーブル Rel1xx

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116086