音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Business Edition 3000

T1 を備えた Business Edition 3000 内部ゲートウェイの設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料に Cisco Unified Communications Manager のワールド・トゥデイ 3000 (BE3000) T1 を設定する方法を記述されています。

デイヴィッド Luther によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • BE3000 管理
  • ISDN 設定およびセットアップ

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified Communications Manager にワールド・トゥデイ 3000 基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

Cisco BE3000 は T1 接続に 2 つの RJ 45 ポートを提供します。 最初にセットアップ ウィザードまたはポスト インストールの内部ゲートウェイの回線を BE3000 設定できます。

初めて セットアップ ウィザード

  1. ブラウザを開き、BE3000 IP アドレスを入力して下さい。

  2. これらの資格情報 ログインを使用して下さい:

    • ユーザ名: admin
    • パスワード: BE-3000

    116048-config-be-3000-t1-01.png

  3. セットアップ ウィザードを最初に続行して下さい。 詳細な情報に関してはについてのセットアップ ウィザードが、使用を最初に Cisco Business Edition 3000 (シングル サイト配置)実施ガイド(PDF ダウンロード)のセットアップ ウィザード セクション参照する最初に。

  4. セットアップモード(2) エリアのステップ 2 は、手動 Setupオプション・ボタンをクリックします。

    116048-config-be-3000-t1-02.png

  5. システム同定ページで、必要情報を入力して下さい。 IP アドレス(システム)は BE3000 のための IP アドレス、および IP アドレス(メディア リソース)です内部ゲートウェイのための IP アドレスです。

    116048-config-be-3000-t1-03.png

    : BE3000 にコンピュータを直接接続した場合この警告を受け取るかもしれません。 設定を続行するために『Continue』 をクリック して下さい。

    116048-config-be-3000-t1-04.png

  6. 設定港湾地域では、内部ゲートウェイのために設定される Primary Rate Interface (PRI)を定義するために回線に(そのままあなたに telco でであって下さい)適用する設定を入力して下さい。

    116048-config-be-3000-t1-05.png

    116048-config-be-3000-t1-06.png

    116048-config-be-3000-t1-07.png

  7. 次 の ステップで内部ゲートウェイの第 2 ポートを使用するように意図する場合前の手順を繰り返して下さい。

  8. セットアップ ウィザードと最初に続けて下さい。 『Finish』 をクリック すれば、サーバは再起動します。

  9. サーバ再起動がネットワークに、それを接続した後、そして同じネットワークの別のコンピュータからそれに参照して下さい。

  10. 回線を適切なポートに接続し、アラームが健全性要約 ページでクリアされることを確認して下さい。
    すべての層が機能である場合、健全性要約 ページは次の通り提示される必要があります:

    116048-config-be-3000-t1-08.png

インストール後

  1. 提供するように意図するポートに回線を接続して下さい。

  2. BE3000 へのログイン。

  3. 接続 > PSTN 接続に行って下さい。

  4. PSTN 接続を『Add』 をクリック して下さい。

    116048-config-be-3000-t1-09.png

  5. 型を『Connection』 をクリック し、接続タイプ ドロップダウン リストから PSTN 接続タイプを選択して下さい。

    116048-config-be-3000-t1-10.png

  6. 『Device』 をクリック し、CUCMBE3000 をデバイスの種類 ドロップダウン リストから選択し、デバイス ドロップダウン リストから内部ゲートウェイを選択して下さい。

    116048-config-be-3000-t1-11.png

  7. プロバイダをクリックし、telco 設定と一致するサービスプロバイダーを選択して下さい。

  8. 接続 設定を確認するために設定を『Connection』 をクリック して下さい。

確認

  1. 接続 設定 ページで、適切なポートを選択したことを確認して下さい:

    S0/SU0/DS1-0 はポート 0 です
    S0/SU0/DS1-1 はポート 1 です

  2. プロトコル タイプが適切であることを確認して下さい。

    116048-config-be-3000-t1-12.png

  3. [Finish] をクリックします。 プロセスが正常である場合、Add このイメージに示すように正常なメッセージ現われますでした:

    116048-config-be-3000-t1-13.png

  4. > 健全性概略はモニタリングに行き、アラームがまだクリアであることを確認します。

    116048-config-be-3000-t1-14.png

関連情報



Document ID: 116048