音声 : H.323

Cisco IOS、電話、UCM および CUC パケットと PCM のキャプチャのコマンド リファレンス

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料が CallManager Server または Cisco IOS ® から出力を集めるために必要な特定のコマンドをゲートウェイおよび電話説明したものです。 多くの文書は異なるプラットフォームからのパルス符号変調 (PCM)およびパケットキャプチャの収集で参照されます。

Edson Pineiro によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

CallManager、Unity 接続、または CUPS のパケットキャプチャ

パケットキャプチャを実行するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. (キャプチャを実行することを望む CUPS)へのセキュア シェル(SSH) Unity CallManager、接続、または Cisco Unified Presence Server。

  2. プラットフォーム 管理権限とログオンされたら、このコマンドを入力して下さい:

    utils network capture size all count 1000000 file ciscotacpub


    : トレースを停止するために Ctrl-C を押して下さい。



  3. パケットキャプチャがサーバ Console/SSH ターミナルから集められた後、実時間監視 ツール(RTMT)とそれを集めて下さい。 RTMT へのログインはこれらのオプションを選択し、:

    システム > ツール > トレース > トレース及びログ本部は > パケットキャプチャがチェックボックスを記録 する チェック > ファイルを集めます

統一された CallManager パケットキャプチャのさらに詳しい詳細については、Unified Communication マネージャ アプライアンス モデルのパケットキャプチャを参照して下さい。

電話のパケットキャプチャ

CallManager 電話

電話の PCポートを統一された CallManager 設定 インターフェイスの電話のデバイス レベル 設定で有効に するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. 管理権限の CallManagerアドミニストレーションのWeb インターフェイスにログインし、これらのタスクを完了して下さい:

    デバイスを > 選択します電話 > PCポートを選択して下さい* > 有効に なるために設定 されて > 保存は > 電話を加えるか、またはリセットしました

  2. ワーク・ステーションの電話および実行 Wireshark の背部の PCポートにワーク・ステーションを接続して下さい。

詳細については、Cisco IP Phone からパケットキャプチャを集めることを参照して下さい。

CME 電話

このコマンドレファレンスが CallManager Express によって登録されている IP Phone の PCポートを有効に するのに使用されています。

  • 「サービス電話 <parameter>」のパラメータは大文字/小文字の区別があります。

  • 通信マネージャ Express (CME) PCポートはある特定の電話でだけ動作します。 電話ロードをテストする前の CME バージョンと互換性があります確認して下さい。

  • 詳細事項が必要である場合、ハブがフォンポートからハブに接続される PC にパケットをブロードキャストするのに使用することができます。

    !
    telephony-services
     service phone pcPort 1
     service phone spanToPCPort 0
     no create cnf
     create cnf
    !
    ephone xx
     reset
    !


  • ある特定の電話モデルおよび電話負荷では電話 pcPort 1" を保守するために、パラメータは「サービス電話 pcPort 0" から「変更する必要があります。

  • PCポートが有効に なったら、電話および実行 Wireshark キャプチャの背部の PCポートにワーク・ステーションを接続して下さい。

サービス電話グローバル な パラメータに関する更に詳しい情報については、これらの文書を参照して下さい:

互換性に関する更に詳しい情報については、ソフトウェアを確認するために Cisco Unified CME および Cisco IOS ソフトウェア バージョン 互換性 マトリックスを Cisco IOS と互換性があります参照して下さい。 

Cisco IOSゲートウェイのパケットキャプチャ

IP エクスポートのパケットキャプチャ

  • これは第一世代 統合サービス ルータ(ISR)によって(2800 および 3800 シリーズ ルータ)うまく作動しません。 第一世代 ISR はリアルタイム プロトコル(RTP) ヘッダが可聴周波 RTP 関連 問題をトラブルシューティングするとき詳細を失います大きいパケットを切捨てます。
  • ISR G2 (2900 および 3900 シリーズ ルータ)でとてもよくはたらきます。

  • オプションの-不必要なキャプチャをフィルタ・アウトするアクセス リスト:

    !
     access-list 100 permit ip any any
     access-list 100 permit udp any any
     access-list 100 permit tcp any any
    !
    !
    !
    ip traffic-export profile TACCAPTURE mode capture
      bidirectional
      incoming access-list 100
      outgoing access-list 100
      no length
    !
    interface GigabitEthernet0/0
      ip traffic-export apply TACCAPTURE size 100000000
    !
    !
    enable:
    traffic-export interface <type-number> clear
    traffic-export interface <type-number> start
    traffic-export interface <type-number> stop
    traffic-export interface <type-number> copy
    !


  • トラフィック エクスポートはフラッシュする/tftp/ftp にバッファから直接集められます。 次に、例を示します。

    !
    traffic-export interface <type-number> copy ftp://<ftp-ip address>/filename.pcap
    !


    または

    !
    traffic-export interface <type-number> copy flash://filename.pcap
    !


Cisco IOS パケットキャプチャに関する更に詳しい情報については、ルータ IP トラフィック エクスポート パケットキャプチャ機能拡張を参照して下さい。

Embedded Packet Capture

  • このコマンドレファレンスは双方向 interface gigabitethernet 0/1 をキャプチャ します。

  • このシナリオのキャプチャ バッファ名前はキャプチャ buff であり、インターフェイス参照はキャプチャ pt です。

    !
    MS-2901#monitor capture buffer capture-buff size 4000 max-size 1500 linear
    MS-2901#monitor capture point ip cef capture-pt gigabitEthernet 0/1 both
    MS-2901#monitor capture point associate capture-pt capture-buff
    MS-2901#monitor capture point start all
    MS-2901#monitor capture point stop all
    MS-2901#monitor capture buffer capture-buff export tftp://10.137.8.185/capture.pcap
    !

組み込み IOS パケットキャプチャに関する更に詳しい情報については、これらの文書を参照して下さい:

Cisco IOSゲートウェイの PCM キャプチャ

Cisco IOS Release 15.2(2)T1 より先に

  • このコマンドレファレンスが Cisco IOS リリースの PCM キャプチャを 15.2(2)T1 より先に集めるのに使用されています。

  • ここに参照されるファイルの宛先はフラッシュするです。

  • PCM はテスト音声ポート コマンドによって規定 される特定のポートをキャプチャ します。

    !
     voice hpi capture buffer 50000000
     voice hpi capture destination flash:pcm.dat
    !
    !
    test voice port x/x/x pcm-dump caplog 7 duration 255
    !
    !


  • イネーブル モードからテスト音声ポート コマンドを実行して下さい。

  • どのポートをコールが横断するか確認する show voice call status コマンドからの出力を調べて下さい。

Cisco IOS Release 15.2(2)T1 および それ 以降

SIP および H.323 ゲートウェイ

  • Cisco IOS Release 15.2(2)T1 および それ 以降の Cisco IOS PCM キャプチャの収集に関して、コマンドレファレンスは以前の Cisco IOSバージョンと比較されてと変更しました。

  • Cisco IOS H.323 および Session Initiation Protocol (SIP) ゲートウェイの PCM キャプチャを集めるためにこのコマンド カンニング ペーパーを参照して下さい。

    !
    voice pcm capture buffer 200000
    voice pcm capture destination tftp://x.x.x.x/
    !
    dial-peer voice x voip/pots
     pcm-dump caplog fff duration xxx
    !


  • キャプチャは規定 された ダイヤル ピアを横断する呼び出しを集めます。

MGCP ゲートウェイ

  • Cisco IOS Release 15.2(2)T1 および それ 以降の Cisco IOS PCM キャプチャの収集に関して、コマンドレファレンスは以前の Cisco IOSバージョンと比較されてと変更しました。

  • コマンドは SIP および H.323 ゲートウェイ PCM キャプチャに非常に類似したです。 ただし Media Gateway Control Protocol (MGCP) ゲートウェイがダイヤル ピア(バックホール)を規定 しなかったので、疑わしい音声ポートを規定 する トリガーを加えるためにテスト音声ポート コマンドを入力して下さい。

    !
    voice pcm capture buffer 200000
    voice pcm capture destination tftp://x.x.x.x/
    !

    test voice port x/x/x pcm-dump caplog fff duration xxx
    !


  • またどのポートをコールが横断するか確認するために show voice call status コマンドからの出力を調べることができます。

Cisco IOSゲートウェイの引き起こされた PCM キャプチャ

  • 引き起こされた Cisco IOS PCM キャプチャは Cisco IOS Release 15.2(2)T1 および それ 以降だけで利用可能 な 機能です。 

  • この機能は、音声ゲートウェイで有効に されたとき、Cisco によって登録されている電話の DTMF キー*** (スター、スター、スター)が押されるとき PCM キャプチャを開始します。 この電話からの電話を横断します疑わしいゲートウェイを確認して下さい。 

  • ディジット ### の後の PCM キャプチャ停止はキャプチャされる電話で入ります。 

  • 引き起こされた PCM キャプチャが開始した後特定のキャプチャ期間を規定 するのに使用できるオプションの期間 パラメータがあります。 このパラメータが 0 に設定 される場合、キャプチャは停止されるまで無限です。

    !
    voice pcm capture buffer 200000
    voice pcm capture destination tftp://x.x.x.x/
    voice pcm capture on-demand-trigger
    voice pcm capture user-trigger-string *** ### stream 7 duration 0
    !

    press *** on the IP phone to start the capture
    press ### on the IP phone to Stop the capture

関連情報



Document ID: 116078