音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

論理パーティション ポリシーと地理位置情報の動作について

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

Geolocations が、Geolocation どのようにフィルタリングする、論理的な配分はオンネット コールからオフネット コールを分ける必要がある国で、インドのような使用することができますかこの資料に説明され。 Calling Search Spaces (CSS)およびパーティションによって提供されるサービス クラスはある特定の関連法規および規則に従うために必要となる細かさのレベルを提供しないかもしれません。 またこれらの同じ要素がエクステンションモビリティ クロス クラスタ(EMCC)コンフィギュレーションで使用されることが分るかもしれません。 特定の位置にフィルタリングする方法を説明するリリース 7.1(2) のための Cisco Unified Communications Manager 機能およびサービス ガイドを参照して下さい。 地理的なコンポーネントはこの資料で更に説明されていません。 むしろ、この資料のフォーカスはすべてどのように記号論理学に協力するか検討することです。

ウィリアム L. Hennenlotter およびウィリアム ライアン ベネットによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ポリシーの CUCM 管理

これらの主要素は Cisco Unified Communications Manager (CUCM) (CallManager で見つけることができます) CCMAdmin ページ:

  • Device > Phone > 検索 > Geolocation/デバイス プール
  • デバイス > トランク検索 > Geolocation/デバイス プール
  • System > Device プール > 検索 > Geolocation/Goelocation フィルタ
  • システム > Geolocation 設定
  • システム > Geolocation フィルタ

CCMAdmin の下で、> 論理的な配分設定はエンタープライズ パラメータに行きます Geolocations および論理的な配分に影響を与える場合がある 4 つのパラメータがあります。 ことに注意して下さい:

  • デバイスコンフィギュレーションはすべて、デバイス プール コンフィギュレーション、論理的な配分コンフィギュレーション、Geolocations、フィルター、等のデフォルトから本当に変更されるイネーブル論理的な配分パラメータがなければなりません。
  • デフォルトポリシーはデフォルトで否定するために設定 されます。 ポリシーは呼ルーティングで明示的に > 論理的なパーティション ポリシー 設定定義されません。
  • デバイス Geolocation 設定およびデバイス プール Geolocation 設定がブランクでもデバイス デフォルト Geolocation は指定することができます。

それがなぜ予想通り機能しないかコンフィギュレーション変更を行ない、把握できなかったら、エンドポイントに直接、電話のような、また SIP トランクのようなトランクおよびゲートウェイ割り当てられる、Geolocation 検査して下さい。 直接電話に割り当てられる Geolocation がない場合、またはゲートウェイはトランキングするか、デバイス プールに割り当てられる Geolocation および Geolocation フィルタをそれぞれ検査します。 両方ともブランクである場合、前述エンタープライズ パラメータ間にリストされているデフォルトポリシーを検査して下さい。

電話(内部デバイス)におよびトランクまたはゲートウェイ(ボーダー デバイス)割り当てられる詳細を知っているので論理的なパーティション ポリシーを一致することができます。 > 論理的なパーティション ポリシー 設定は呼ルーティングに行きます。 ポリシーのナレッジおよび理解はチャレンジである場合もあります。 この資料の目標の 1 つは有用、広範囲の例を提供することです。 

サンプルシナリオ

バンガロおよびチェンナイと指名される 2 つのポリシーを設定します。 論理的な配分ポリシー 設定 ページを抜く時、選択した 2 つのデバイスの種類の第一号に常にリンクされる上で名前があることを理解して下さい。 バンガロ論理的な配分ポリシー(Geolocation ポリシー)を設定する時、割り当て/拒否関係はバンガロ内部かバンガロ ボーダーから常に始まります

これら二つのポリシーによって、バンガロ ポリシー ページの可能性のある 置換は下記のものを含んでいます:

  • バンガロ内部へのバンガロ内部
  • バンガロ ボーダーへのバンガロ内部
  • バンガロ内部へのバンガロ ボーダー
  • バンガロ ボーダーへのバンガロ ボーダー
  • チェンナイ内部へのバンガロ内部
  • チェンナイ ボーダーへのバンガロ内部
  • チェンナイ内部へのバンガロ ボーダー
  • チェンナイ ボーダーへのバンガロ ボーダー

これら二つのポリシーによって、また下記のものを含めてチェンナイ ポリシー ページに 8 つの可能性のある 置換があります、:

  • バンガロ内部へのチェンナイ内部
  • バンガロ ボーダーへのチェンナイ内部
  • バンガロ内部へのチェンナイ ボーダー
  • バンガロ ボーダーへのチェンナイ ボーダー
  • チェンナイ内部へのチェンナイ内部
  • チェンナイ ボーダーへのチェンナイ内部
  • チェンナイ内部へのチェンナイ ボーダー
  • チェンナイ ボーダーへのチェンナイ ボーダー

そう多くのポリシー関係をさまざまな理由で設定する必要がありません。 関係ロジックは方向を検査しません。 従って、チェンナイ ボーダーへのバンガロ内部はバンガロ内部へチェンナイ ボーダーと同じです。  コンフィギュレーションをその競合互いに避けることを試みて下さい。

ポリシー競合およびオーバーラップの FAQ

Q: オーバーラップするポリシーまたは競合がある場合何が起こりますか。

A: ロジックがあります、しかしトラッキングすることは困難である場合もあります。 追加されたロジックは最後のポリシーと、ない修正されたポリシー、新たに追加されたポリシー関連しています。

割り当てが含まれていたポリシーがそれから否定するために変更される以降である場合それは拒否に残ります。 その逆も同様です。 否定するために以前に 設定 される ポリシーは割り当てるために変更される以降割り当てです。 Cisco Unified レポート > Geolocation ポリシー レポートはオーバーラップするポリシーを識別するのを助けることができます。

Q: バンガロ内部へのチェンナイ ボーダーが拒否であるために設定される間、チェンナイ ボーダーへのバンガロ内部が割り当てるために設定される場合はどうしたらいいのですか。

A: バンガロ内部へのチェンナイ ボーダーが追加される最後のものである場合ポリシーは優先します。

注: ポリシー影響内部にボーダーだけ、ボーダーに内部の、およびボーダーにボーダー関係、内部に内部関係。

このその他の情報を念頭において、この資料のサンプル ポリシーはから結合されたエントリ 16 から 7 つのエントリ大幅に減らすことができます。 、内部に内部影響を受けていません覚えていて下さい。 内部に内部およびオーバーラップ ポリシーは取り消し線と示され、従って、もはやリストに現われません。

バンガロ ポリシー ページは今下記のものを含んでいます:

  • バンガロ内部へのバンガロ内部-内部に内部影響を受けなかった。
  • バンガロ ボーダーへのバンガロ内部
  • バンガロ内部へのバンガロ ボーダー-バンガロ ポリシー ページで設定されるバンガロ ボーダーへのバンガロ内部とのオーバーラップ。
  • バンガロ ボーダーへのバンガロ ボーダー
  • チェンナイ内部内部に内部影響を受けなかったへのバンガロ内部
  • チェンナイ ボーダーへのバンガロ内部
  • チェンナイ内部へのバンガロ ボーダー
  • チェンナイ ボーダーへのバンガロ ボーダー

チェンナイ ポリシー ページは今下記のものを含んでいます:

  • バンガロ内部へのチェンナイ内部-内部に内部影響を受けなかった。
  • バンガロ ボーダーへのチェンナイ内部-バンガロ ポリシー ページで設定されるチェンナイ内部へのバンガロ ボーダーとのオーバーラップ。
  • バンガロ内部へのチェンナイ ボーダー-バンガロ ポリシー ページで設定されるチェンナイ ボーダーへのバンガロ内部とのオーバーラップ。
  • バンガロ ボーダーへのチェンナイ ボーダー-バンガロ ポリシー ページで設定されるチェンナイ ボーダーへのバンガロ ボーダーとのオーバーラップ。
  • チェンナイ内部へのチェンナイ内部-内部に内部影響を受けなかった。
  • チェンナイ ボーダーへのチェンナイ内部
  • チェンナイ内部へのチェンナイ ボーダー-チェンナイ ポリシー ページで設定されるチェンナイ ボーダーへのチェンナイ内部とのオーバーラップ。
  • チェンナイ ボーダーへのチェンナイ ボーダー

チェンナイ ポリシーと一致するチェンナイ Geolocation との IP Phone はチェンナイ内部デバイスです。 チェンナイ ポリシーと一致するチェンナイ Geolocation との SIP トランクはチェンナイ ボーダー デバイスです。 とりわけデバイスの種類を割り当てる必要がありません。 CUCM は自動的にトランク、ゲートウェイおよび電話を分類します。 チェンナイ内部デバイス(電話)に拒否されるコールなしでチェンナイ ボーダー デバイス(SIP トランク)を呼出せればたとえばほしければ、コールはファースト ビジーシグナルを受け取ります、チェンナイ ボーダー ポリシーにポリシー オーバーラップによって設定される以降なしで、許すために設定 されますチェンナイ内部を確認して下さい。

注: デバイス プールへの変更はデバイス プールが託されるべき変更のためにリセットされることを必要とする必要があります。 多くのデバイスに影響を与えるこれが可能性が高いので変更は時間後に設定する必要があります。

: CallManager SDI (ccm.txt)トレースでは、コールが論理的な配分が理由で実行された ディジット 分析(DA)なしで(LP)拒否することができることが分るかもしれません。 次に例を示します。 SIP は誘いま、DA 無しで利用できない 503 サービス中間試みます。

完全な拒絶メッセージの例はここにあります:

09/18/2012 21:53:48.379 CCM|Cdcc::CcRejInd: ccRejInd.c.cv =  -1493172161|
<CLID::KCMCS01-Cluster> <NID::10.50.1.11><CT::2,100,45,1.1290981><IP::10.50.15.127><DEV::>
<LVL::Detailed><MASK::0800>
...
CV=-1493172161 in CcRejInd refers to Logical Partitioning denial as per this
junked Defect CSCsz91044 
...
09/18/2012 21:53:48.380 CCM|//SIP/SIPTcp/wait_SdlSPISignal: Outgoing SIP TCP
message to 10.50.15.127 on port 50380 index 90345 
SIP/2.0 503 Service Unavailable

このダイアグラムは Geolocation および論理的な配分の例を提供します。

図 1: ネットワーク図

116038-logical-partition-geolocation-01.jpg

このダイアグラムは TEHO (Tail End Hop-Off)およびトールバイパスを制限する政府規制が理由で本当らしい望ましいコールフローを示します、:

  • インド IP Phone は Public Switched Telephone Network (PSTN) アクセスがローカルである理論的根拠の Primary Rate Interface (PRI) 1 を呼出せますはずです。
  • インド IP Phone は PSTN アクセスがローカルではない理論的根拠の PRI 2 を呼出せますはずです。
  • 同様に、インド IP Phone は PRI 1 を呼出し、コールを保留の状態で送信できるはずであるがそれは PRI 2 にダイヤルし、会議にすべての 3 人のパーティを置けますはずです。

Geolocations および論理的なパーティションの使用と設定して下さい

このセクションは CUCM の Geolocations および論理的なパーティションをセットアップおよび設定するために踏まれるステップを説明します。

ステップ 1 企業 サービス パラメータ内のこれらの設定を設定して下さい。 否定するか、または割り当てるために論理的な配分デフォルトポリシーを設定 したかどうかわかっていてであって下さい。 これは重要です。 この設定例のために否定することを設定 します。

図 2: CUCM 論理的な配分設定

116038-logical-partition-geolocation-02.jpg

ステップ 2: Geolocation フィルタ構成に行き、この特定の設定のための一つのフィルターを規定 して下さい。 設定が非常に高度になる場合多くを規定できます。 この場合それがでだけ一致すること、規定 して下さい。

図 3: CUCM Geolocation フィルタ構成

116038-logical-partition-geolocation-03.jpg

ステップ 3: フィルタリングすることを好む必要があるある特定の指定された位置は Geolocation 設定 および セットアップに行きます。 これは設定される追加コンフィギュレーションに示すがもの Geolocation フィルタ 設定 されるこの例非常に簡単で、よりもう必要がありません。

図 4: Geolocations の CUCM リスト

116038-logical-partition-geolocation-04.jpg

図 5: Geolocation 設定

116038-logical-partition-geolocation-05.jpg

図 6: Geolocation 設定 ページ 2

116038-logical-partition-geolocation-06.jpg

ステップ 4: デバイス プール 設定に行き、Geolocation コンフィギュレーションパラメータを見つけて下さい。 電話が物理的に配置されること位置でこれを設定 して下さい。

図 7: デバイス プール 設定

116038-logical-partition-geolocation-07.jpg

ステップ 5: 電話が取付けられること電話のためのデバイスコンフィギュレーション ページに行き、位置を選択して下さい。

図 8: 電話機の設定

116038-logical-partition-geolocation-08.jpg

ステップ 6: 同じであるように PRI インターフェイスのためのデバイスコンフィギュレーション ページに行き、個々のユニットでそれらを設定すれば。

図 9: インドのための PRI

116038-logical-partition-geolocation-09

図 10: 米国のための PRI

116038-logical-partition-geolocation-10.jpg

ステップ 7: このステップはより多くの論理的なパーティション ポリシーの設定の困難 な 部分です。

注: 2 つのポリシーを必要とします。 


図: 11: 論理的な配分ポリシー リスト

116038-logical-partition-geolocation-11.jpg

図 12: インド ポリシー

116038-logical-partition-geolocation-12.jpg

図 13: 続くインド ポリシー

116038-logical-partition-geolocation-13.jpg

図 14: 米国ポリシー

116038-logical-partition-geolocation-14.jpg

図 15: 続く米国ポリシー

116038-logical-partition-geolocation-15.jpg

ボーダーおよび要素 デバイス

このセクションはボーダーおよび内部の意味をおよび内部ボーダー詩はどのデバイスであるか知る方法を説明します。

CUCM デバイスを分類するために使用されている用語は機能に基づいています。

  • ボーダー デバイスか。 クラスタ内部へのこれらのデバイス割り当て PSTN アクセスか通信。
  • 内部デバイスか。 これらのデバイスは Voice over IP (VoIP) エンドポイントです。

典型的なボーダー デバイスは下記のものを含んでいます:

  • ゲートウェイ(たとえば、H.323 ゲートウェイ)
  • 制御されるクラスタ間トランク(ICT ゲートキーパーで制御されした)、および非ゲートキーパー
  • H.225 トランク
  • SIP トランク    
  • Media Gateway Control Protocol (MGCP) ポート(E1、T1、PRI、BRI、FXO)  

典型的な内部デバイスは下記のものを含んでいます:

  • 電話(SCCP、SIP、サード パーティ)
  • VG224 アナログ式電話
  • MGCP ポート(FXS)
  • CTI ルートポイントおよび CTI ポート
  • Cisco Unity 音声メール(SCCP)  

ボーダーおよび内部のこのもとは、CUCM デバイスに基づいてで、固定 CUCM リリース 7.1 で設定できません。

拒否 vs 許すべき設定

この資料のコンフィギュレーション全体例は拒否状態にエンタープライズ パラメータが設定されていると完了しました。 、この値をこの設定が設定されるのでそれをすることは困難であるので否定したいと思うすべてを割り当て、次に設定するために修正したいと思うかもしれませんある状況では図 2.参照して下さい

このセットアップに関しては、これは設定する必要があるすべてです:

  • エンタープライズ パラメータ。
  • Geolocation フィルタ。
  • Geolocation 設定。
  • デバイス プール。
  • IP Phone の Geolocation 情報。
  • PRI インターフェイスの Geolocation 情報(ゲートウェイは MGCP です)。
  • 論理的な配分の内の Geolocation ポリシー(ボーダー/内部割り当て/拒否設定)。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116038