音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CUCM 9.x+ と ELM - ライセンスのアップグレードおよびインストール

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、Cisco Enterprise License Manager(ELM)を使用して Cisco Unified CallManager(CUCM)でライセンスをアップグレードまたはインストールする方法について説明します。 このドキュメントでは、特にバージョン 9.x 以降の CUCM ライセンスに重点を置いて説明します。 Cisco Unity Connection でのライセンスは異なります。

William Ryan Bennett、Cisco TAC Engineer

前提条件

要件

シスコでは次を推奨しています。

  • Cisco Unified CallManager(CUCM)バージョン 9.x 以降をインストールします。

    : 既知のさまざまなライセンスの不具合のため、CUCM 9.1.1.20000-5 を強く推奨します。

  • Cisco Enterprise License Manager(ELM)サーバと CUCM サーバに 4 ストラタム以下のネットワーク タイム プロトコル(NTP)があることを確認します。 確認するには、コマンドライン インターフェイス(CLI)で utils NTP status command を使用します。
  • Cisco Connection Online(CCO)アカウントの完全かつ正確なライセンス アカウント情報を用意します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CallManager(CUCM)バージョン 9.x 以降
  • CUCM バージョン 9.x 以降の Cisco Enterprise License Manager

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

アップグレードとインストール

  1. Cisco Unified Communications Enterprise License Manager にログインします。

  2. スプラッシュ画面で [License Manager] リンクをクリックします。

    116130-config-cucm-elm-01.jpg

  3. [Inventory] を展開して、[Product Instances] をクリックします。

  4. ライセンスを使用する CUCM サーバまたはクラスタで License Manager を指定します。 CUCM Publisher のみの [Hostname/IP Address] セクションの IP アドレスを使用することを推奨します。 加入者に対しては何も指定する必要はありません。

    116130-config-cucm-elm-02.jpg

  5. ライセンスを使用する CUCM サーバで License Manager を指定します。 CUCM Publisher のみの [Hostname/IP Address] セクションの IP アドレスを使用することを推奨します。

    116130-config-cucm-elm-03.jpg

  6. [Test Connection] をクリックし、正常に動作することを確認します。

  7. Synchronize Now をクリックします。

  8. クラスタが CUCM の以前のバージョンからアップグレードされ、すべてのデータが CUCM に移行されている場合、次の手順を実行します。 [License Management] を展開し、[License Planning] をクリックします。

  9. [Upgrade Licenses] をクリックします。

    116130-config-cucm-elm-04.jpg

  10. [Product Type]ドロップダウン リストから[Unified CM] を選択し、[Next] をクリックします。

    116130-config-cucm-elm-05.jpg

  11. [Unified CM] 製品タイプがリストされます。 左側のリストから右側のリストにサーバを移動します。

    116130-config-cucm-elm-06.jpg

    116130-config-cucm-elm-07.jpg

  12. [Next] をクリックし、ライセンス タイプの選択肢を表示します。

  13. ライセンス タイプを選択します。 シスコは、将来購入を計画しているタイプを選択することを推奨します。 たとえば、現在 Cisco Unified Workspace License(CUWL)を購入している場合、[CUWL] を選択します。

    116130-config-cucm-elm-08.jpg

  14. 画面の右下隅の、[Unused DLUs Remaining] のカウントは 0 である必要があります(DLU は、Device License Unit の略語です)。 [Adjust Recommended Count] 列のパラメータを変更し、[Unused DLUs Remaining] が 0 になるようにします。 シスコは、クラスタで最も使用されているライセンス タイプの最大値を選択し、可能であればいくつかのより多くのライセンス タイプを検討されることを推奨します。 CUCM のライセンスのツールでは、ライセンスを自動的に借用することができます。 この例では、いくつかの CUWL Standard および CUWL Professional ライセンスを選択し、いくつかの基本または拡張ライセンスを含めます。

    116130-config-cucm-elm-09.jpg

    [Unused DLUs Remaining] を確認し、入力値に基づいてカウントがどのように変化するかを確かめます。

    116130-config-cucm-elm-10.jpg

    [DLUs Per License] 列で乗算した [Adjust Recommended Count] 列の数が [Unused DLUs Remaining] から差し引かれることがわかります。

    116130-config-cucm-elm-11.jpg

    [Unused DLUs Remaining] のカウントが 0 になったことを確かめます。 [Next] をクリックします。

    116130-config-cucm-elm-12.jpg

  15. [Finish] および [Generate Request] をクリックします。 ファイル名は変更しないでください。

    116130-config-cucm-elm-13.jpg

  16. [Save File to your computer] リンクをクリックし、ファイルをローカルに保存します。

    116130-config-cucm-elm-14.jpg

  17. ステップ 2 のリンクを画面でクリックして、CCO ID でログインします。 この手順の以降の部分は、アカウント情報が正しいことを前提としています。

  18. [Cisco Unified Communications 9.0] を選択し、続行します。

    116130-config-cucm-elm-15.jpg

  19. [Upload File] を選択します。

    116130-config-cucm-elm-16.jpg

  20. 先ほど保存したファイルの場所を参照し、[Next] をクリックします。

    116130-config-cucm-elm-17.jpg

  21. 正確さを確実にするため情報を見直し、チェックボックスをクリックしてライセンス ファイルを受け入れます。 [Get License] をクリックし、ファイルをダウンロードするか、電子メールで送信するかどうかを選択します。 電子メールは、アカウント情報に基づいています。

    116130-config-cucm-elm-18.jpg

    ライセンス ツールはライセンス ファイルを迅速に生成するため、数分以内に電子メールでライセンス ファイルを受信できます。

  22. ZIP ファイルを保存し、その中のファイルを解凍します。

    116130-config-cucm-elm-19.jpg

  23. ELM に移動し、[License Management] を展開し、[Licenses] をクリックしてライセンスをインストールします。 ELM のバージョンに応じて、ライセンスをアップロードする適切な方法を選択します。 異なるバージョンには、異なるアップロード オプションがあります。 この例では、[Generate License Request] が表示されるドロップダウン リストがあります。

    116130-config-cucm-elm-20.jpg

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

ライセンス ファイルがインストールされると、ELM ツールの右上隅にある [About] アイコンをクリックすると、デモ モードは表示されなくなります。

116130-config-cucm-elm-25.jpg

ライセンスの使用状況を確認すると、適切な詳細が表示されます。

116130-config-cucm-elm-26.jpg

ヒント: 必ず [Synchronize Now] ボタンをクリックしてください。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

同期ステータスのセキュリティ エラー

セキュリティ エラーは、ELM またはホスト名や IP の変更による証明書ベースの問題であることがほとんどです。

116130-config-cucm-elm-21.jpg

前提条件で説明したとおり、NTP ストラタムを確認し、CLI で次のコマンドを入力してください。

admin: license client reset registration

CUCM を削除してから再び追加すると、同期に成功するはずです。 同期に失敗する場合は、より詳細な調査のために CUCM チームの Technical Assistance Center(TAC)でサービス リクエストをオープンしてください。

ライセンス要求のステータス

ライセンス ツールで「License Request Status」エラーが表示されたら、ライセンスを再生成するためにライセンス チームの TAC でサービス リクエストをオープンしてください。 ELM のページで [License Management] を展開し、[Licenses] をクリックし、[License Generate Request] を実行します。 TAC のサービス リクエストは、48 時間以内に解決されるはずです。

116130-config-cucm-elm-22.jpg

Unified CM 製品インスタンスがない

「No Unified CM Product Instances」エラーが表示されたら、ライセンスを再生成するためにライセンス営業部門(BU)にサービス リクエストをエスカレーションするようにライセンス チームまでお問い合わせください。 これには通常、24 ~ 48 時間かかります。

116130-config-cucm-elm-23.jpg

製品インスタンスの登録に失敗する

製品インスタンスの登録に失敗する場合は、クラスタを制御する ELM インスタンスを探します。

116130-config-cucm-elm-24.jpg

関連情報



Document ID: 116130