音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity Connection FAQ: Cisco Unity Connection でユニファイド メッセージングをまとめて割り当てるにはどうすればよいですか

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2013 年 7 月 12 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、一括管理ツール(BAT)を Cisco Unity Connection で使用してユニファイド メッセージングを複数の既存ユーザに同時に割り当てる方法について説明します。 ユニファイド メッセージングは、Single Inbox とも呼ばれます。

スコア Magnani によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

質問: Cisco Unity Connection でユニファイド メッセージングをまとめて割り当てるにはどうすればよいですか

回答

一括管理ツール(BAT)は、Cisco Unity Connection での一括割り当ての完了に使用できる唯一の方式です。

この手順では、ユニファイド メッセージング アカウントが割り当てられていない Cisco Unity Connection の既存のユーザを識別する方法について説明します。 次に、ユニファイド メッセージングをこれらのユーザに一括で割り当てるためのファイルを作成する方法について説明します。

  1. [Export] をクリックし、[Users with Mailbox] をクリックして、システムのすべての登録者のエイリアスをエクスポートします。

    116049-qanda-unity-connect-bat-01.gif

    このリストは、カンマ区切り形式(CSV)ファイルでエクスポートされます。 この例では、CSV ファイルには、次のエントリが含まれます。

    Alias,Address,AltFirstNames,AltLastNames,BillingId,Building,City,Country,Department,
    DisplayName,EmailAddress,MailName,EmployeeId,EnhancedSecurityAlias,FirstName,
    Initials,Language,LastName,Manager,PostalCode,State,TimeZone,Title,
    CosDisplayName,Extension,ClientMatterCode,TransferType,TransferRings,
    TransferExtension,TransferAction,RnaAction,StandardTransferType,
    StandardTransferRings,StandardTransferExtension,StandardTransferAction,
    StandardRnaAction,ClosedTransferType,ClosedTransferRings,ClosedTransferExtension,
    ClosedTransferAction,ClosedRnaAction,MWIExtension,MWIMediaSwitchDisplayName,
    MaxMsgLen,playPostGreetingRecording,postGreetingRecordingDisplayName,
    ForcedAuthorizationCode,ListInDirectory,CreateSmtpProxyFromCorp,
    MediaSwitchDisplayName,PhoneNumber_HomePhone,Active_HomePhone,
    DisplayName_HomePhone,PhoneNumber_WorkPhone,Active_WorkPhone,
    DisplayName_WorkPhone,PhoneNumber_MobilePhone,Active_MobilePhone,
    DisplayName_MobilePhone,PhoneNumber_Pager,AfterDialDigits_Pager,Active_Pager,
    DisplayName_Pager,PhoneNumber_TextPager1,SmtpAddress_TextPager1,
    Active_TextPager1,DisplayName_TextPager1,Extension_Alt1,Extension_Alt1_Partition,
    Extension_Alt2,Extension_Alt2_Partition,Extension_Alt3,Extension_Alt3_Partition,
    Extension_Alt4,Extension_Alt4_Partition,Extension_Alt5,Extension_Alt5_Partition,
    Extension_Alt6,Extension_Alt6_Partition,Extension_Alt7,Extension_Alt7_Partition,
    Extension_Alt8,Extension_Alt8_Partition,Extension_Alt9,Extension_Alt9_Partition,
    CcmId,EmailAction,VoicemailAction,FaxAction,DeliveryReceiptAction,RelayAddress,
    SmtpProxyAddresses,LdapCcmUserId,CorporatePhoneNumber
    userA,,,,,,,,,user A,,usera,,,user,,1033,A,,,,20,,Voice Mail User
    COS,123456123456,,0,4,123456123456,1,1,0,4,123456123456,1,1,0,4,123456123456,
    1,1,123456123456,PhoneSystem,300,0,,,1,0,PhoneSystem,,0,Home Phone,,0,
    Work Phone,,0,MobilePhone,,,0,Pager,,,0,SMTP,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,1,1,1,1,,,,
    userB,,,,,,,,,user A,,usera,,,user,,1033,B,,,,20,,Voice Mail User
    COS,123456123457,,0,4,123456123457,1,1,0,4,123456123457,1,1,0,4,123456123457,
    1,1,123456123457,PhoneSystem,300,0,,,1,0,PhoneSystem,,0,Home Phone,,0,
    Work Phone,,0,MobilePhone,,,0,Pager,,,0,SMTP,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,1,1,1,1,,,,
    userC,,,,,,,,,user A,,usera,,,user,,1033,C,,,,20,,Voice Mail User
    COS,123456123458,,0,4,123456123458,1,1,0,4,123456123458,1,1,0,4,123456123458
    ,1,1,123456123458,PhoneSystem,300,0,,,1,0,PhoneSystem,,0,Home Phone,,0,
    Work Phone,,0,MobilePhone,,,0,Pager,,,0,SMTP,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,1,1,1,1,,,,
    userD,,,,,,,,,user A,,usera,,,user,,1033,D,,,,20,,Voice Mail User
    COS,123456123459,,0,4,123456123459,1,1,0,4,123456123459,1,1,0,4,123456123459,
    1,1,123456123459,PhoneSystem,300,0,,,1,0,PhoneSystem,,0,Home Phone,,0,
    Work Phone,,0,MobilePhone,,,0,Pager,,,0,SMTP,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,1,1,1,1,,,,
    userE,,,,,,,,,user A,,usera,,,user,,1033,E,,,,20,,Voice Mail User
    COS,123456123450,,0,4,123456123450,1,1,0,4,123456123450,1,1,0,4,123456123450,
    1,1,123456123450,PhoneSystem,300,0,,1,0,PhoneSystem,,0,Home Phone,,0,
    Work Phone,,0,MobilePhone,,,0,Pager,,,0,SMTP,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,1,1,1,1,,,,
  2. [Export] をクリックし、[Unified Messaging Accounts] をクリックして、システムのすべてのユニファイド メッセージング アカウントのリストをエクスポートします。

    116049-qanda-unity-connect-bat-02.gif

    このリストも CSV ファイルでエクスポートされます。この例では、このリストには、userA、userB userC が含まれます。

  3. ステップ 1 およびステップ 2 の CSV ファイルを比較します。 userA、userB userC にはすでにユニファイド メッセージングが設定されているため、ユニファイド メッセージングを割り当てる必要があるユーザは、userD および userE です。

  4. userD のための Alias 値を(太字の値)コピーすれば CSV ファイルからの userE は CSV ファイルの SubscriberAlias カラムへのそれらのエイリアス値がステップ 2.で作成したステップ 1.ペーストで作成しました。 マージしたファイルは次のようになります。

    SubscriberAlias,ServiceDisplayName,OptionalServiceAccountID,UMEmailAddress,
    EmailAddressUseCorp,EnableCalendar,EnableMeeting,EnableMbxSynch,enableTTS,
    IsPrimaryMeetingService,LoginType,UserId,UserProfileNumber
    userD,Exchange 2010,3194886a-d72b-4893-bbd6-15b4fe02e644,userD@corp.com,1,0,0,1,1,0,0,,
    userE,Exchange 2010,3194886a-d72b-4893-bbd6-15b4fe02e644,userE@corp.com,1,0,0,1,1,0,0,,

    このプロセスにより、userD および userE に、既存のユーザと同じユニファイド メッセージング アカウントおよび機能が割り当てられます。 

    : 機能は手動で変更できますが、このドキュメントでは、同じ機能をユーザにイネーブルにする方法についてのみ説明します。

  5. [Create] をクリックし、[Unified Messaging Accounts] をクリックして、userD および userE のユニファイド メッセージング機能を作成します。 一括割り当ての入力として、マージにより新しく作成された CSV ファイルを使用します。

    116049-qanda-unity-connect-bat-03.gif

関連情報



Document ID: 116049