音声 : 音声品質

ネットワーク障害を特定するために使用される Mediatrace

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック

概要

この資料にすぐに音声およびビデオ品質に影響を与えるネットワーク障害を、パケットロスおよびジッタのような隔離するのに Mediatrace 機能を使用する方法を記述されています。

Chidambaram Arunachalam によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco 統合サービス ルータ(ISR)および ISRG2 プラットフォームの Mediatrace 機能- Cisco IOS® リリース 15.1(3)T またはそれ以降
  • Cisco の Mediatrace 機能 3750 のプラットフォーム- Cisco IOS Release 12.2(58)SE または それ 以降
  • Cisco TelePresence EX90 の Mediatrace 機能- Cisco TelePresence ソフトウェア リリース TE 6.0 またはそれ以降

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ネットワーク トポロジ

経験するこの例では、ビデオ コールのための設定は 2 つの EX90 エンドポイント間のパケットロス説明されます。 ネットワーク トポロジはここに示されています:

設定

Mediatrace 発信側および応答側を設定するプロセスは非常に簡単です。 設定のためのこれらの例を参照して下さい。

中央 SW

interface Vlan201
ip address 10.2.3.70 255.255.255.0

ip rsvp snooping

mediatrace responder
mediatrace initiator source-ip 10.2.3.70 max-sessions 100

中央 WAN

interface GigabitEthernet0/0
description "CE router connected to MPLS PE router"
ip address 10.16.1.2 255.255.255.252
ip rsvp source address 10.2.3.65
!
interface GigabitEthernet0/1
description "Connected to Central-SW"
ip address 10.2.3.65 255.255.255.0

mediatrace responder
mediatrace initiator source-ip 10.2.3.65 max-sessions 100

BR-WAN

interface GigabitEthernet0/0
description "CE router connected to MPLS PE router"
ip address 10.16.2.2 255.255.255.252 ip rsvp source address 10.2.4.65
!
interface GigabitEthernet0/1
description "Connected to BR3-SW"
ip address 10.2.4.65 255.255.255.0
mediatrace responder
mediatrace initiator source-ip 10.2.4.65 max-sessions 100

BR-SW

interface Vlan202
ip address 10.2.4.70 255.255.255.0

ip rsvp snooping

mediatrace responder
mediatrace initiator source-ip 10.2.4.70 max-sessions 100

トラブルシューティング方法

Cisco はエンタープライズ ネットワークのすべての適当なノードの Mediatrace を有効に することを推奨します。 それは 3750 および ISR-G2 のようなよくある切り替えおよびルーティング プラットフォームでサポートされます。

ステップ 1

対象のオーディオまたはビデオ Routing Table Protocol (RTP)ストリームの送信元 および 宛先 IPアドレス/ポート番号を識別して下さい。

EX90
xstatus MediaChannels
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Encryption Status: Off
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Audio Protocol: AACLD
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Audio Mute: False
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Audio Channels: 1
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Transport RTP Local IpAddress:
"10.2.3.41"
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Transport RTP Local Port: 16454
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Transport RTP Remote IpAddress:
"10.2.4.5"
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Transport RTP Remote Port: 16444

*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Transport RTCP Local IpAddress:
"10.2.3.41"
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Transport RTCP Local Port: 16455
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Transport RTCP Remote IpAddress:
"10.2.4.5"
*s MediaChannels Call 9 IncomingAudioChannel 115 Transport RTCP Remote Port: 16445
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Encryption Status: Off
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 ChannelRole: Main
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Video Protocol: H264
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Video FrameRate: 30
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Video ResolutionX: 640
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Video ResolutionY: 360
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Transport RTP Local IpAddress:
"10.2.3.41"
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Transport RTP Local Port: 16456
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Transport RTP Remote IpAddress:
"10.2.4.5"
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Transport RTP Remote Port: 16446

*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Transport RTCP Local IpAddress:
"10.2.3.41"
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Transport RTCP Local Port: 16457
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Transport RTCP Remote IpAddress:
"10.2.4.5"
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 118 Transport RTCP Remote Port: 16447
*s MediaChannels Call 9 IncomingVideoChannel 121 Encryption Status: Off

ステップ 2

発生エンドポイントが接続されるスイッチを識別して下さい。 このスイッチは Cisco Discovery Protocol (CDP) show コマンドで識別することができます。

EX90
xstatus Network
*s Network 1 Ethernet MacAddress: "FF:FF:FF:70:E6:B6"
*s Network 1 Ethernet Speed: 100full
*s Network 1 IPv4 Address: "10.2.3.41"
*s Network 1 IPv4 SubnetMask: "255.255.255.0"
*s Network 1 IPv4 Gateway: "10.2.3.65"
*s Network 1 IPv4 DNS Domain Name: ""
*s Network 1 IPv4 DNS Server 1 Address: ""
*s Network 1 IPv4 DNS Server 2 Address: ""
*s Network 1 IPv4 DNS Server 3 Address: ""
*s Network 1 IPv4 DNS Server 4 Address: ""
*s Network 1 IPv4 DNS Server 5 Address: ""
*s Network 1 IPv6 Address: ""
*s Network 1 IPv6 Gateway: ""
*s Network 1 MTU: 1500
*s Network 1 VLAN Voice VlanId: "201"
*s Network 1 VLAN Native VlanId: "202"
*s Network 1 CDP Platform: "cisco WS-C3750V2-24TS"
*s Network 1 CDP Version: "Cisco IOS Software, C3750 Software
(C3750-IPSERVICESK9-M), Version 12.2(58)SE2, RELEASE SOFTWARE (fc1)
*Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport*Copyright (c)
1986-2011 by Cisco Systems, Inc.*Compiled Thu 21-Jul-11 01:53 by
prod_rel_team"
*s Network 1 CDP Capabilities: "0x0028"
*s Network 1 CDP DeviceID: "Central-SW"
*s Network 1 CDP PortID: "FastEthernet1/0/23"

*s Network 1 CDP Duplex: "Full"
*s Network 1 CDP VTPMgmtDomain: ""
*s Network 1 CDP Address: "10.2.3.70"
*s Network 1 CDP PrimaryMgmtAddress: "10.2.3.70"

*s Network 1 CDP SysName: ""
*s Network 1 CDP SysObjectID: ""
*s Network 1 CDP VoIPApplianceVlanID: "201"
** end

ステップ 3

最初のホップ スイッチへのログインはフロー指定子を RTP ストリームを識別するために設定し。 このフロー指定子は mediatrace ポーリング コマンドで使用されます。

mediatrace flow-specifier RTP
source-ip 10.2.3.41 source-port 16456
dest-ip 10.2.4.5 dest-port 16446

ステップ 4

mediatrace ポーリング コマンドを入力して下さい。

  • Source 値-発生 UC エンドポイントの IP アドレス
  • 終了値-宛先 UC エンドポイントの IP アドレス
  • フロー規制詞- RTP ストリームを識別するために 4 値 タプルが含まれているフロー規制詞の名前
#mediatrace poll path-specifier source 10.2.3.41 destination 10.2.4.5
perf-monitor flow-specifier RTP

Started the data fetch operation.
Waiting for data from hops.
This may take several seconds to complete...
Data received for hop 1
Data received for hop 2
Data received for hop 3
Data received for hop 4
Data fetch complete.
Results:
Data Collection Summary:
Request Timestamp: 11:00:54.302 EST Sun Mar 10 2013
Request Status: Completed
Number of hops responded (includes success/error/no-record): 4
Number of hops with valid data report: 4
Number of hops with error report: 0
Number of hops with no data record: 0
Detailed Report of collected data:
Number of Mediatrace hops in the path: 4

Mediatrace Hop Number: 1 (host=Central-Wan, ttl=254)
Metrics Collection Status: Success
Reachability Address: 10.2.3.65
Ingress Interface: Gi0/1
Egress Interface: Gi0/0
Metrics Collected:
Flow Sampling Start Timestamp: 10:26:48
Loss of measurement confidence: FALSE
Media Stop Event Occurred: FALSE
IP Packet Drop Count (pkts): 0
IP Byte Count (Bytes): 191965
IP Packet Count (pkts): 402
IP Byte Rate (Bps): 15996
Packet Drop Reason: 64
IP DSCP: 32
IP TTL: 63
IP Protocol: 0
Media Byte Rate Average (Bps): 15058
Media Byte Count (Bytes): 180709
Media Packet Count (pkts): 402
RTP Interarrival Jitter Average (usec): 155
RTP Packets Lost (pkts): 0
RTP Packets Expected (pkts): 397
RTP Packet Lost Event Count: 0
RTP Loss Percent (%): 0.00

Mediatrace Hop Number: 2 (host=BR-Wan, ttl=251)
Metrics Collection Status: Success
Reachability Address: 10.16.2.2
Ingress Interface: Gi0/0
Egress Interface: Gi0/1
Metrics Collected:
Flow Sampling Start Timestamp: 09:58:40
Loss of measurement confidence: FALSE
Media Stop Event Occurred: FALSE
IP Packet Drop Count (pkts): 0
IP Byte Count (Bytes): 331523
IP Packet Count (pkts): 694
IP Byte Rate (Bps): 16576
Packet Drop Reason: 64
IP DSCP: 32
IP TTL: 60
IP Protocol: 0
Media Byte Rate Average (Bps): 15604
Media Byte Count (Bytes): 312091
Media Packet Count (pkts): 694
RTP Interarrival Jitter Average (usec): 1648
RTP Packets Lost (pkts): 14
RTP Packets Expected (pkts): 708
RTP Packet Lost Event Count: 13
RTP Loss Percent (%): 1.97

Mediatrace Hop Number: 3 (host=BR-SW, ttl=251)
Metrics Collection Status: Success
Reachability Address: 10.2.4.70
Ingress Interface: Fa1/0/22
Egress Interface: Fa1/0/24
Metrics Collected:
Flow Sampling Start Timestamp: 22:50:37
Loss of measurement confidence: FALSE
Media Stop Event Occurred: FALSE
IP Packet Drop Count (pkts): 0
IP Byte Count (Bytes): 505526
IP Packet Count (pkts): 1059
IP Byte Rate (Bps): 16850
Packet Drop Reason: 0
IP DSCP: 32
IP TTL: 60
IP Protocol: 17
Media Byte Rate Average (Bps): 16144
Media Byte Count (Bytes): 484346
Media Packet Count (pkts): 1059
RTP Interarrival Jitter Average (usec): 1511
RTP Packets Lost (pkts): 22
RTP Packets Expected (pkts): 1075
RTP Packet Lost Event Count: 21
RTP Loss Percent (%): 2.04

Mediatrace Hop Number: 4 (host=BR-EX90, ttl=251)
Metrics Collection Status: Success
Reachability Address: 10.2.4.5
Ingress Interface: eth0
Egress Interface: None
Metrics Collected:
Flow Sampling Start Timestamp: 11:02:00
Loss of measurement confidence: FALSE
Media Stop Event Occurred: FALSE
IP Packet Drop Count (pkts): 0
IP Byte Count (Bytes): 0
IP Packet Count (pkts): 0
IP Byte Rate (Bps): 0
Packet Drop Reason: 0
IP DSCP: 0
IP TTL: 0
IP Protocol: 17
Media Byte Rate Average (Bps): 16000
Media Byte Count (Bytes): 478219
Media Packet Count (pkts): 1056
RTP Interarrival Jitter Average (usec): 4953
RTP Packets Lost (pkts): 17
RTP Packets Expected (pkts): 1073
RTP Packet Lost Event Count: 6
RTP Loss Percent (%): 0.04

Central-SW#

データ分析

これらの観測は mediatrace ポーリング コマンド 出力から作ることができます:

  1. RTP フローのネットワーク 経路は中央 SW からの 4 つの Mediatrace によって有効に される デバイスが含まれています:
    • 中央 WAN
    • BR-WAN
    • BR-SW
    • BR-EX90
  2. パケットロスは中央 WAN ルータで観察されません。
  3. パケットロスは BR-WAN、BR-SW および BR-EX90 で観察されます。
  4. 結論はパケットロスが中央 WAN と BR-WAN の間でもたらされることです。

一般的な問題

パケットロスに貢献する典型的なファクタは次のとおりです:

  1. 不正確な Differentiated Services Code Point (DSCP)値。
  2. 帯域利用率を制限するサービスプロバイダー ネットワーク内のポリシング機能。
  3. 二重モード の ミスマッチおよびコントローラ エラーのようなレイヤ2 エラー。

よく寄せられる質問(FAQ)

Q. Mediatrace はネットワーク管理か監視 システムによって統合か。

A. はい、Cisco Prime Collaboration は単一クリックの Mediatrace の使用でビデオ呼び出しをトラブルシュートすることを管理者が可能にし、グラフィカル フォーマットの結果を表示する。

Q. Mediatrace 機能のための資源予約プロトコル (RSVP)を有効に する必要がありますか。

A. いいえ、Mediatrace Mediatrace 発信側か応答側が設定されるとき自動的に有効に なる RSVP-TP を使用します。 ip rsvp bandwidth コマンドを入力する必要性がありません。

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 116033