音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Business Edition 3000

プレ 8.3(3) から 9.3(1) への Cisco Unified IP Phone 7942/7945/7962/7965/7975 のファームウェア アップグレード

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズを 8.3(3) より前のファームウェア バージョンから 9.3(1) にアップグレードするガイドラインとベスト プラクティスを提供します。 8.3(3) より前のファームウェアがインストールされている電話を 9.3(1) ファームウェア バージョンに正常にアップグレードするには、その前に中間手順として 8.5(2) ファームウェア バージョンにアップグレードする必要があります。 続くセクションでは、Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズを 8.3(3) より前のファームウェア バージョンから 9.3(1) ファームウェア バージョンにアップグレードする手順を示します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 サーバの Cisco Unified IP Phone 7942/7945/7962/7965/7975 シリーズ ファームウェアを、8.3(3) より前のファームウェア バージョンから 9.3(1) ファームウェア バージョンにアップグレードする情報に限定されています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

概要

SIP ファームウェアを 8.3(3) より前のファームウェア リリース バージョンから 9.3(1) バージョン以降にアップグレードする場合は必ず、ファームウェアを中間バージョンに(8.3(3) から 8.5(2) に)アップグレードしてから、9.3(1) にアップグレードする必要があります。

Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズを 8.3(3) より前のファームウェア バージョンから 9.3(1) 以降のバージョンにアップグレードするには、Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 サーバに電話機を登録するための手順に従ってください。

Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズ 8.3(3) 以降のファームウェア バージョンは 9.3(1) に直接アップグレードし、Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 に登録することができます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/business-edition-3000/116054-ip-phone-product-tech-note-01.png

電話ファームウェア バージョンを確認するには、[Setting] > [Model Information] > [Load File] の順に押します。

8.3(3) より前のファームウェア バージョンの Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズの電源をオンにし、ネットワークに接続した後、Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 の電話機の設定ページで電話機デバイスの情報を入力する必要があります。

条件

8.3(3) より前の電話ファームウェアを使用する Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズで、Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 サーバに登録しようとすると、電話機はリブートし、アップグレードしようとします。そして、「Auth Fail」、「Load Authentication Failed」、「Registration Rejected : Error DBCo...」 というメッセージが表示されます。 このプロセスを繰り返し続けます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/business-edition-3000/116054-ip-phone-product-tech-note-02.png

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/business-edition-3000/116054-ip-phone-product-tech-note-03.png

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/business-edition-3000/116054-ip-phone-product-tech-note-04.png

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/business-edition-3000/116054-ip-phone-product-tech-note-05.png

アクティブな電話ロードが 8.3(3) より前のバージョンで、電話にこの症状が表われる場合、このドキュメントで説明されている手順に従って、ファームウェアをアップグレードする必要があります。

準備

アップグレード プロセスには、Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 サーバのリブートが含まれます。 そのため、ユーザへの影響を限定するため、メンテナンスの時間帯にアップグレードを実行することを推奨します。

次の電話ファームウェアの COP ファイルは 8.3(3) ファームウェア バージョンをアップグレードする必要があります。

  • cmterm-7942_7962-sip.8-5-2.cop.sgn

  • cmterm-7945_7965-sip.8-5-2.cop.sgn

  • cmterm-7975-sip.8-5-2.cop.sgn

http://www.cisco.com から COP ファイルをダウンロードできます。 [Products] > [Voice and Unified Communications] > [IP Telephony] > [Unified Communications Endpoints] > [Cisco Unified IP Phone 7900 Series] の順に移動します。

解決策

ヒント: Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズにインストールされているファームウェア バージョンを確認します。

8.3(3) より前のファームウェア バージョンをアップグレードするには、次の手順を実行します。

  1. Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 サーバ管理 UI ページにログインします。

  2. 左側のパネルの [Maintenance] タブをクリックします。

  3. [Maintenance] タブで [Upgrade] をクリックします。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/business-edition-3000/116054-ip-phone-product-tech-note-06.png

  4. SFTP サーバの任意のフォルダに COP ファイルを配置します。

    DVD やストレージ デバイスを使用して、または SFTP サーバを介して cmterm-79xx -sip.8-5-2.cop.sgn ファイルをインストールできます。 このドキュメントの回避策では、COP ファイルは SFTP サーバからダウンロードします。

  5. SFTP サーバの [IP Address]、[User Name]、および [Password] を入力します。

  6. [Browse] をクリックし、次の 8.5(2) COP ファイルを選択します。 cmterm-79xx-sip.8-5-2.cop.sgn

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/business-edition-3000/116054-ip-phone-product-tech-note-07.png

    Cisco Bug ID CSCth87104登録ユーザ専用)のために、COP ファイルの MD5 チェックサムが機能しない可能性があります。 [MD5 Checksum] フィールドを空にしたままにします(ステップ 7 のスクリーンショットを参照)。

  7. [Start Upgrade] をクリックします。

  8. アップグレード プロセスによって COP ファイルが検証され、インストールを続行します。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/business-edition-3000/116054-ip-phone-product-tech-note-08.png

  9. インストール プロセスが完了し、8.5(2) COP ファイルが Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 サーバにインストールされます。

    電話ロード COP のインストール後に、Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 サーバをリブートします。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/business-edition-3000/116054-ip-phone-product-tech-note-09.png

  10. リブート後、アップグレード画面が Cisco Unified IP Phone 7900 に表示され、電話機ではファームウェア アップグレードの各部分を処理する際にステータスが表示されます。

    電話機の [Settings] ボタンを押し、[Model Information] > [Load File] の順に移動して電話ファームウェアのバージョンを確認します。

  11. プロセスのこの時点で、電話機を登録する必要があります。 この手順を実行するには、電話機が Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 サーバのすべての機能をサポートするように、8.5(2) から 9.3(1) にアップグレードする必要があります。

    8.5(2) から 9.3(1) にファームウェア バージョンをアップグレードするには、ステップ 1 からステップ 5 をもう一度実行します。 ステップ 6 の代わりに、以下のリストに示されている 9.3(1) ファームウェア バージョン ファイルを選択し、ステップ 7 からステップ 10 に進みます。

    [Browse] をクリックし、次の 9.3(1) COP ファイルを選択します。

    • cmterm-7942_7962-sip.9-3-1-1.cop.sgn

    • cmterm-7945_7965-sip.9-3-1-1.cop.sgn

    • cmterm-7975-sip.9-3-1-1.cop.sgn

要約とキー ポイント

Cisco Unified Communications Manager Business Edition 3000 が正しく機能するように、Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズのファームウェアをバージョン 9.3(1) 以降にアップグレードする必要があります。 このドキュメントでは、8.3(3) より前のファームウェア バージョンの Cisco Unified IP Phone 7900 シリーズを、必須中間バージョンの 8.5(2) ファームウェア バージョンに一度アップグレードしてから、最終的に 9.3(1) 以降のファームウェア バージョンにアップグレードする手順を示しました。


関連情報


Document ID: 116054