クラウドおよびシステム管理 : Cisco Intelligent Automation for Cloud

Cisco Prime IPAM との統合のサンプル拡張

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Cisco Prime Network Registrar IPAM の統合にネットワークのための外部 IPアドレス 管理 システムが Cisco Intelligent Automation for Cloud の型外部として識別したようにサンプル拡張を提供したものです。

はじめに

要件

この資料はプログラミング例を紹介しています。 すべてのサンプル コードは伸びるため基礎として Cisco によって例示を目的として提供されます。 これらの例はすべての状態の下で徹底的にテストされませんでした。 サンプル コードは実稼働環境の使用の前に適切にコピーされ、修正する必要があります。

この設定を行う前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • プロセスを編集できる Cisco Process Orchestrator の有効なログイン クレデンシャル

  • Cisco Process Orchestrator が使用する Cisco Prime Network Registrar IPAM ソフトウェアのための有効なログオン資格情報

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアとソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Intelligent Automation for Cloud 3.1.1(任意のエディション)

  • Cisco Process Orchestrator 2.3.5

  • Cisco Prime Network Registrar IPAM 8.0 またはそれ以降

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

インストール

  1. Cisco Process Orchestrator サーバで、Web ターゲットを作成して下さい。

  2. 基礎 URL フィールドで http:// <Cisco プライム記号ネットワークレジストラ IPAM Server>:8080/inc-ws/services を入力して下さい。

  3. 動作時ユーザを『New』 を選択 し、Cisco Prime Network Registrar にログイン するために資格情報を使用している新しい動作時ユーザを作成して下さい

  4. Cisco Intelligent Automation for Cloud Extension Samples tap をインポートします。

設定

このドキュメントで説明されている機能を設定するには、このセクションのステップを完了します。

  1. Cisco Prime Network Registrar IPAM グローバル 変数を設定 して下さい

  2. Cisco Prime Network Registrar IPAM 拡張を追加して下さい: CPNR IP を得て下さい

  3. Cisco Prime Network Registrar IPAM 拡張を追加して下さい: CPNR IP を戻して下さい

Cisco Prime Network Registrar IPAM グローバル 変数を設定 して下さい

Cisco Prime Network Registrar IPAM のために定義されるこれらのグローバル 変数を設定 して下さい:

  • Cisco プライム記号 IPAM ターゲット名

Cisco Prime Network Registrar IPAM のために作成される Web ターゲットの表示名にこの変数の値を設定 して下さい。

Extension: CPNR IP を得て下さい

  1. プロセス 拡張をコピーして下さい: CPNR IP を得て下さい。 コピーのローカルで固有の何かと名前を変更することは推奨されます。

  2. Get IP Address >> User Defined ワークフローを編集します。

  3. 拡張のコピーを追加して下さい: 作業の流れに CPNR IP プロセスを得て下さい

  4. [Inputs] タブで、次のテーブルの値を追加します。

    変数名
    Domain [Process.Target.Properties.Cloud.Service.Server.General.Domain]
    VLAN Instance [Process.Variables.Input.VLAN 例]
    VLAN Instance DNS Server [Process.Variables.Input.VLAN 例 DNSサーバ]
    VLAN Instance Gateway [Process.Variables.Input.VLANInstanceGateway]
    VLAN Instance Netmask [Process.Variables.Input.VLAN 例 ネットマスク]
    デバイス タイプ server
    hostname [Process.Target.Properties.Cloud.Service.Server.General.Name]。[Process.Target.Properties.Cloud.Service.Server.General.Domain]
    コンテナー この値は Cisco Prime Network Registrar IPAM の IP アドレス ブロックを保持するコンテナネームを表します。 単一コンテナー環境では、この値はハードコードすることができます。 マルチ コンテナー環境では、このデータを動的に得るロジックを作成する必要があります。

    設定例を次の画像に示します。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/cloud-systems-management/intelligent-automation-cloud/115946-getip-input.PNG

  5. 作業の流れに一定多重変数 アクティビティを追加して下さい。

  6. [Variables] タブで、次のテーブルの値を追加します。

    変数名
    Process.Variables.Output.IP Address [Workflow.Extension: CPNR IP IP アドレスを得て下さい]
    Process.Variables.Output.Gateway [Workflow.Extension: CPNR IP.IP ゲートウェイを得て下さい]
    Process.Variables.Output.Netmask [Workflow.Extension: CPNR IP.IP ネットマスクを得て下さい]
    Process.Variables.Output.DNS Server [Workflow.Extension: CPNR IP.IP DNSサーバを得て下さい]
    Process.Variables.Output.VLAN Object Reference [Workflow.Extension: CPNR IP.IP VLAN オブジェクト参照を得て下さい]
    Process.Variables.Output.Service Item Record Name [Workflow.Extension: CPNR IP IP アドレス レコード 名を取得して下さい]

    設定例を次の画像に示します。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/cloud-systems-management/intelligent-automation-cloud/115946-getip-setmultiple.PNG

  7. この手順が完了すると、ワークフローは次の画像のように表示されます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/cloud-systems-management/intelligent-automation-cloud/115946-getip-workflow.PNG

  8. プロセスを保存し、終了して下さい。

Extension: CPNR IP を戻して下さい

  1. プロセス 拡張をコピーして下さい: CPNR IP を戻して下さい。 コピーのローカルで固有の何かと名前を変更することは推奨されます。

  2. Return IP Address >> User Defined ワークフローを編集します。

  3. 拡張のコピーを追加して下さい: 作業の流れに CPNR IP プロセスを戻して下さい

  4. [Inputs] タブで、次のテーブルの値を追加します。

    変数名
    IP アドレス [Process.Variable.Input. IP アドレス]
    VLAN Instance [Process.Variables.Input.VLAN 例]
    コンテナー この値は Cisco Prime Network Registrar IPAM の IP アドレス ブロックを保持するコンテナネームを表します。 単一コンテナー環境では、この値はハードコードすることができます。 マルチ コンテナー環境では、このデータを動的に得るロジックを作成する必要があります。
    デバイス タイプ server

    設定例を次の画像に示します。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/cloud-systems-management/intelligent-automation-cloud/115946-retip-input.PNG

  5. この手順が完了すると、ワークフローは次の画像のように表示されます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/cloud-systems-management/intelligent-automation-cloud/115946-returnip-workflow.PNG

  6. プロセスを保存し、終了して下さい。


関連情報


Document ID: 115946