音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection

Unity Connection の単一受信トレイのトラブルシューティングに関するテクニカル ノート

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2013 年 3 月 13 日) | フィードバック


目次


概要

またユニファイド メッセージングと言われる Cisco Unity Connection 8.5 およびそれ以降サポート単一 インボックス(SIB)。 8.5 の前のバージョンでは、Unity 接続は受け入れただ、外部 eメールアドレスに音声メールを中継で送る機能がありました。

この資料にユニファイド メッセージング サービスおよびユニファイド メッセージング アカウントを解決する方法を記述されています。

注: Anirudh Mavilakandy によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unity Connection

  • Microsoft Exchange 2003/2007/2010

  • ViewMail for Microsoft Outlook (VMO)

  • Active Directory

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Unity 接続 8.5 またはそれ以降

  • Microsoft Exchange 2003/2007/2010

  • ViewMail for Microsoft Outlook (VMO)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

単一 インボックスは、Cisco Unity Connection 8.5 のユニファイド メッセージング 機能の 1 つ、接続および Exchangeポストの音声 メッセージを同期します。 ユーザが単一 インボックスのために有効に なるとき、Cisco Unity Connection ViewMail for Microsoft Outlook から送信 されるそれらを含むユーザに、送られるすべての接続音声 メッセージは接続で最初に保存され、ユーザの Exchangeポストにすぐに複製されます。 さらに、ステータス 変更(たとえば、読むべき未読から)、件名への変更、および優先順位への変更は接続から Exchange へのまたその逆にも複製されます。 MWI はまた電話か電子メール クライアントによってメッセージが読み込まれるとき-消えます。

単一 インボックス 設定

単一 インボックスを設定する方法の情報に関してはユニファイド メッセージングのための Cisco Unity Connection 8.5 およびそれ以降および Exchange を設定するための課業 表を参照して下さい。

これら二つのメイン セクションは Unity 接続の SIB のために設定する必要があります:

  • ユニファイド メッセージング サービス

    ユニファイド メッセージング サービスは環境のすべての Exchange サーバを捜すために設定することができます。 それはまた単一 Exchange サーバに接続するために設定することができます。 この場合、各 Exchange サーバのためのユニファイド メッセージング サービスをそのホスト ユーザ メールボックス設定して下さい。 設定するために、新しい CUC Administration > ユニファイド メッセージング > ユニファイド メッセージング サービス > Add に行って下さい。

  • ユニファイド メッセージング アカウント

    ユニファイド メッセージング アカウントは各ユーザ向けに作成する必要があります。 この設定では、ユーザ メールボックスが含まれている Exchange サーバへのポイントが選択する必要があることユニファイド メッセージング サービス。 設定するために、CUC 管理 > Users> 選択しますユーザ > Edit > 新しいユニファイド メッセージング アカウント > Add を行って下さい。

    注: バルクアドミニストレーションツールも追加しますすべてのユーザ向けのユニファイド メッセージング アカウントをかさ張るのに使用することができます。

トラブルシューティング

このセクションはユニファイド メッセージング サービスおよびユニファイド メッセージング アカウントにトラブルシューティング に 役立つ ヒントを提供します。

ユニファイド メッセージングは問題を保守します

問題シナリオ 1

ユニファイド メッセージング サービスの下で、規定 しなさい Exchange サーバは Exchange サーバに検索の代りに、テスト成功します選択されます。 Exchange サーバのための検索が選択される場合、このエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する:

Searching the network Failed to locate a Domain Controller via DNS. 
Searching the network Failed to locate an Exchange 2003 server.
	 Connection will not be able to Locate Exchange 2003 subscribers.

サンプル Tomcat ログはここにあります(CsExMbxLocator マイクロ トレース、レベル 10-13 を設定 して下さい):

CsExMbxLocator,13,AutoDiscoverURLS not found in cache
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:331]: 
     Run DNS query for: _ldap._tcp.dc._msdcs.xxx.xxx
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CCsDNSResolver.cpp:168]: 
     querying dns for _ldap._tcp.dc._msdcs.xxx.xxx question  
     type 33
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CCsDNSResolver.cpp:186] 
     Length of returned DNS response is -1
CsExMbxLocator,10,[CsExMbxLocator/CCsDNSResolver.cpp:190] 
     failed to get dns results for _ldap._tcp.dc._msdcs.xxx.xxx  
     question type 33
CsExMbxLocator,11,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:359]: 
     DNS query for: _ldap._tcp.dc._msdcs.xxx.xxx didn't  
     return results
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:192] 
     Test Button result: Failed to locate a Domain Controller  
     via DNS.
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:192] 
     Test Button result: Failed to locate an Exchange  
     2003 server. 
     Connection will not be able to Locate Exchange  
     2003 subscribers.
CsExMbxLocator,11,Failed to find DC required for 2003 support

さらに詳細な トラブルシューティング ステップについては、Cisco Unity Connection 8.5 およびそれ以降(Exchange 2003 のみ)のためのユニファイド メッセージング サービス・アカウントに与えCisco バグ ID CSCtq10780登録 ユーザだけ)および権限を与えることを参照して下さい。

問題シナリオ 2

次のエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する:

Could not connect to Domain Controller  
     (dc1.xxx.xxx) from DNS 
Could not connect to Domain Controller  
     (dc2.xxx.xxx) from DNS 
Could not connect to Domain Controller  
     (dc3.xxx.xxx) from DNS

サンプル Tomcat ログはここにあります(CsExMbxLocator マイクロ トレース、レベル 10-13 を設定 して下さい):

CsExMbxLocator,10,LDAP initialize non-SSL  
     Return Code (0)
CsExMbxLocator,10,LDAP authentication bind failed:  
     INVALID_CREDENTIALS
CsExMbxLocator,10,CCsLDAPHelper::Init():exit  
     AUTH_NOT_INITIALIZED
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:192]  
     Test Button result: Could not connect to Domain  
     Controller (dc1.xxx.xxx) from DNS

解決策

この問題は Unity 接続(アクティブ ディレクトリでロックされるアカウント)で入る期限切れの passwordj か不適切なパスワードの結果として引き起こされるかもしれません。アクティブ ディレクトリのパスワードを変更し、Unity 接続で再度入力して下さい。

問題シナリオ 3

このエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する:

Searching the network Could not connect to Domain  
     Controller (dc1.xxx.xxx) from DNS
Searching the network Could not connect to Domain Controller  
    (dc2.xxx.xxx) from DNS
Searching the network Failed to locate a Domain  
     Controller via DNS.
Searching the network Failed connected to Exchange CAS server  
     at (https://xxx.xxx/autodiscover/autodiscover.xml) 
Searching the network Failed connected to Exchange CAS server at  
    (https://autodiscover.xxx.xxx/autodiscover/autodiscover.xml) 
Searching the network Could not find an Exchange CAS server via  
    Autodiscover DNS SRV record 
Searching the network Failed to locate an Exchange CAS server.  
    Connection will not be able to Locate Exchange 2007/2010  
    subscribers.

可能 な 解決策

ログから、同じような Trace エントリはシナリオ 2.に言及されているように見られます。 Unity 接続がドメインコントローラに行われることができない場合問題は可能性が高いです不適切なパスワード。 あれば Unity 接続はまだドメインコントローラに行われ、残りのエラーを受け取れますチェック シナリオ 5。

サンプル Tomcat ログはここにあります(CsExMbxLocator マイクロ トレース、レベル 10-13 を設定 して下さい):

CsExMbxLocator,10,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:1173]: 
     HTTP request failed with error: Couldn't connect to server 
     -- couldn't connect to host, HTTP status code: 503, for 
     Autodiscovery URL: http://autodiscover.xxxxxxxxx.xxx/ 
     autodiscover/autodiscover.xml, verb: GET, query: 
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:192] 
     Test Button result: Failed connected to  
     Exchange CAS server at (http://autodiscover.xxxxxxxxx.xxx/ 
     autodiscover/autodiscover.xml)
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CCsDNSResolver.cpp:168]:  
     querying dns for_autodiscover._tcp.xxxxxxxxx.xxx  
     question type 33
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CCsDNSResolver.cpp:186]  
     Length of returned DNS response is -1
CsExMbxLocator,10,[CsExMbxLocator/CCsDNSResolver.cpp:190]  
     failed to get dns results for_autodiscover._tcp.xxxxxxxxx.xxx  
     question type 33
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:192]  
     Test Button result: Could not find an Exchange CAS server via  
     Autodiscover DNS SRV record
CsExMbxLocator,11,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:636]:  
     DNS query for: _autodiscover._tcp.xxxxxxxxx.xxx  
     didn't return results
CsExMbxLocator,13,[CsExMbxLocator/CsExMbxLocator.cpp:192]  
     Test Button result: Failed to locate an Exchange CAS server.  
     Connection will not be able to Locate Exchange  
     2007/2010 subscribers.

上記のトレースがログで見られる場合がある場合 > Exchange サーバ > Exchange サーバ > アクティブ ディレクトリ DNS ドメイン名のための検索保守し、ドメイン名が正しいことを確かめますユニファイド メッセージング > ユニファイド メッセージングに行くために。

問題シナリオ 4

次のエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する: アップします。

Peer certificate cannot be authenticated with known CA  
     certificates - SSL certification problem,  
     verify that the CA cert is OK. Details:  
     error:14090086SL routinesSL3_GET_SERVER_CERTIFICATE: 
     certificate verify failed

可能 な 解決策

  • 問題は証明書によって引き起こされるかもしれません。 正しい証明書をアップロードして下さい。 正しい証明書が利用できない場合、検証オプションのチェックを外し、回避策として続行して下さい。

  • 1024 ビットの代りに 2048 ビットを使用して証明書を生成して下さい。

シナリオ 5

次のエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する:

Searching the network Successfully connected to Domain Controller 
     (dc1.xxx.xxx) from DNS 
Searching the network Could not connect to Exchange CAS server  
     (https://EX2010-1.xxx.xxx/Autodiscover/Autodiscover.xml)  
     from Active Directory 
Searching the network Could not find an Exchange CAS server  
     via Active Directory 
Searching the network Successfully connected to Exchange 2003  
     server (EX2003.xxx.xxx) from Active Directory 
Searching the network Failed connected to Exchange CAS server at  
     (https://xxx.xxx/autodiscover/autodiscover.xml) 
Searching the network Failed connected to Exchange CAS server at  
     (https://autodiscover.xxx.xxx/autodiscover/autodiscover.xml) 
Searching the network Could not find an Exchange CAS server via  
     Autodiscover DNS SRV record 
Searching the network Failed to locate an Exchange CAS server.  
     Connection will not be able to Locate Exchange  
     2007/2010 subscribers.

考えられる解決策

HTTPS を必要とするために Exchange 2010 CAS が設定 され、Exchange 2003 サーバが HTTP だけに設定 されるかどうか確認して下さい。 HTTP か HTTPS を許可するために CAS を設定 して下さい。

同じようなシナリオはここにあります:

Searching the network Successfully connected to Domain Controller 
     (dc1.xxx.xxx) from DNS 
Searching the network Could not connect to Exchange CAS server  
     (https://EX2010-1.xxx.xxx/Autodiscover/Autodiscover.xml)  
     from Active Directory 
Searching the network Could not find an Exchange CAS server  
     via Active Directory 
Searching the network Failed to locate an Exchange 2003 server.  
     Connection will not be able to locate Exchange 2003 subscribers.
Searching the network Failed connected to Exchange CAS server at  
     (https://xxx.xxx/autodiscover/autodiscover.xml) 
Searching the network Failed connected to Exchange CAS server at  
     (https://autodiscover.xxx.xxx/autodiscover/autodiscover.xml) 
Searching the network Could not find an Exchange CAS server via  
     Autodiscover DNS SRV record 
Searching the network Failed to locate an Exchange CAS server.  
     Connection will not be able to Locate Exchange  
     2007/2010 subscribers.

可能 な 解決策

シナリオ 6

次のエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する:

Could not connect to Exchange 2003 server 
    (ncacn_ip_tcp: <exchangemailboxserver1.example.com>)  
     from Active Directory
Could not connect to Exchange 2003 server (ncacn_ip_tcp:  
    <exchangemailboxserver2.example.com>) from Active Directory
Could not connect to Exchange 2003 server (ncacn_ip_tcp:  
    <exchangemailboxserver3.example.com>) from Active Directory

さらに詳細な トラブルシューティング ステップについては、Cisco バグ ID CSCto35509登録 ユーザだけ)を参照して下さい。

ユニファイド メッセージングは問題説明します

シナリオ 1

次のエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する:

The system failed to perform an IMAP operation. 
     Refer to other warnings and errors generated by the tool,  
     and check the Tomcat log file for details. The system failed  
     while trying to make an API call.

サンプル CuImapSvr ログ(CuImapSvr 設定 されたマイクロ トレース-すべてのレベル)はここにあります:

CML,19,Connection attempt to IMAP server at  
     {10.xxx.xxx.xx:143/imap/notls/user="xxx/um/TestUser"} 
     INBOX failed.
CML,19,E_CML_IMAP_CONNECT_FAILED (0x80046410)  
     Connection failed on IMAP request. Logged from HRESULT  
     CCsCmlImapDriver::ExecuteRequest(TCsAutoPtr<CCsCmlImapRequest>&)  
     in CsCml/CsCmlImapDriver.cpp at line 355.
CML,19,E_CML_IMAP_CONNECT_FAILED (0x80046410)  
     Unable to count messages using search-term ALL on  
     imapfolder[login={10.xxx.xxx.xx:143/imap/notls/ 
     user="xxx/um/TestUser"}INBOX]  
     in imapmbx[store=10.xxx.xxx.xx login=xxx/um/TestUser in  
     session[id=5 alias=TestUser].  
     Logged from virtual HRESULT  
     CCsCmlImapFolder::GetMessageCount(const CCsCmlSearchTerm&, int&)  
     in  CsCml/CsCmlImapFolder.cpp at line 258.
CML,11,E_CML_IMAP_CONNECT_FAILED (0x80046410) Unable to get a message  
     count from the External inbox for subscriber TestUser.  
     Logged from HRESULT <unnamed>::VerifyMailbox(CCsCdlSubscriber&,  
     CCsCmlMailbox&) in CsCml/CsCmlSession.cpp at line 486.

可能 な 解決策

  • > 『User』 を選択 します > ユニファイド メッセージング アカウント > Edit ユニファイド メッセージング アカウントはユーザに行きます; アカウント情報の下で使用 ユーザ ID がドメイン\ユーザ名としてユーザ ID 下記に提供したように(Exchange 2003 TTS にだけ使用する)、サインイン型を選択すれば。

  • IMAP4 サービスが Exchange サーバで開始したかどうか確認して下さい。

  • ユニファイド メッセージング サービスの下でユーザアカウントのドメイン名を追加して下さい: ユニファイド メッセージング > ユニファイド メッセージングは > Exchange > ユーザ名 > ドメイン\ユーザ名にアクセスするのに使用されるアクティブ・ ディレクトリ アカウント保守します

  • 基本的な IMAP 接続を確認するのに Telnet を使用して下さい。

  • Exchange と Unity 接続間に IMAP ラウンドトリップ遅延がある可能性があります。 デフォルト設定は 4.です。 この値は増加することができます。 > 進みました > ユニファイド メッセージング サービス 設定は Unity 接続管理者ページ > システム設定に行きます: TTS および予定表: 応答を待つ時間(秒で)。

  • Cisco バグ ID CSCto57555 および CSCto54535登録 ユーザだけ)を参照して下さい。

  • このメッセージが UC から奪取 される パケットキャプチャで現れる場合 AD ユーザに行けばコンピュータは > User > Properties > Exchange を特色になります > IMAP4 > イネーブル選択します: IMAP 122 応答: 00000003 ログオン失敗無し: 当座預金にディセーブルにされる

シナリオ 2

次のエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する:

The system failed to perform a typical calendar operation.

可能 な 解決策

シナリオ 3

次のエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する:

Failed accessing xxx@ayz.com Diagnostic=[Timeout was reached -- 
    operation timed out after 1000 milliseconds with 0 bytes received]

可能 な 解決策

  • EWS の下で必要と SSL チェックボックスをチェックして下さい。 多くの場合、これは EWS の代りに Autodiscover の下でされます。

  • 編集ユニファイド メッセージング アカウント ページからの同期接続および Exchangeポスト(単一 インボックス)のリセットを行って下さい。

シナリオ 4

次のエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する:

Failed accessing xxx@ayz.com Diagnostic=[] Verb =[] 
    url=[] request=[] response[]

可能 な 解決策

ログの例を次に示します。

HTTP request failed with error: Bad response from server, 
    HTTP code returned: 401, HTTP status code: 401
  • 両側の認証方式をチェックして下さい。 AutoDiscover および EWS が両方あるように IIS の設定を確認して下さい。

  • オフィス 365 が使用される場合、UMS メッセージング アカウントは形式 account@domain.onmicrosoft.com にあるはずです。

  • パスワードを変え、Unity 接続のパスワードを再度入力して下さい。

  • UMS アカウントはメールボックスがないはずです。

ログの例を次に示します。

HTTP request failed with error: Couldn't connect to server -- 
    couldn't connect to host, HTTP status code: 503
  • ファイアウォールがあるかどうか確認して下さい。

  • かどうか正しい Exchange サーバへのユニファイド メッセージング サービス ポイント確認して下さい。

  • Cisco バグ ID CSCts82396登録 ユーザだけ)を参照して下さい。

シナリオ 5

次のエラーはページの Test ボタンがクリックされるとき表示する:

The error is error:0200206F:system library:connect:
    Connection refused. Refer to the tomcat log

サンプル Tomcat ログはここにあります:

HTTP 503 ERRORS:
HTTP request failed with error: Couldn't connect to server -- 
     couldn't connect to host, HTTP status code: 503, for ews  
     URL: https://xxxxxxxx.outlook.com/EWS/Exchange.ASMX,  
     verb: POST
HTTP 401 ERRORS:
HTTP request failed with error: Bad response from server,  
     HTTP code returned: 401, HTTP status code: 401, for ews URL:  
     https://xxxxxxxxxx.outlook.com/EWS/Exchange.ASMX,  
     verb: POST
HTTP 404 ERRORS:
HTTP request failed with error: Bad response from server,  
     HTTP code returned:  
     404, HTTP status code: 404, for Autodiscovery URL:  
     https://xxxx.com/autodiscover/autodiscover.xml,  
     verb: GET, query:

可能 な 解決策

  • ファイアウォールがブロッキング状態 の ポート 443 であるかどうか確認して下さい。

  • 正しいドメインが使用されるかどうか確認して下さい。

エラーコード

出会うかもしれないいくつかのエラーコードはここにあります:

  • 401 エラー

    • 考えられる 原因はユーザ名のユニファイド メッセージング サービス・アカウント、不正なユーザ名、または無効なフォーマットのための不適切なパスワードが含まれています。 ドメイン\ユーザ 形式が使用されれば(、ドメイン名のために FQDN 形式を使用しないで下さい。) もう一つの考えられる 原因は Webベース 認証モード リストの値が設定される Exchange の認証モードを一致することです。 すべての値は編集ユニファイド メッセージング サービス ページで書かれています。

    • ユニファイド メッセージング > ユニファイド メッセージングの下でパスワードを保守します > Exchange > パスワードにアクセスするのに使用されるアクティブ・ ディレクトリ アカウント確認して下さい。 UMS サービス テストは何倍も間違ったパスワードで成功します。

    • すべての IIS 設定が「両方 EWS」および「オートディスカバリーで」。行われることを確かめて下さい

    • 両側の認証モードをチェックして下さい: Unity 接続および Exchange。

    • NTLM v2 はサポートされません; Cisco バグ ID CSCub61107登録 ユーザだけ)を参照して下さい。

    • 偽装人権問題。 アクティブ ディレクトリのユニファイド メッセージング サービス・アカウントを作成し、Cisco Unity Connection 8.5 およびそれ以降のための権限を与えることに説明があるステップを完了して下さい。

    • Exchange ユーザ メールボックスは初期設定されていないです。

    • UMS アカウントにメールボックスがないことを確かめて下さい。 それが場合、削除およびアカウントを作り直し、権限を適用するため。 ちょうどメールボックスを削除することは助けません。

  • 403 エラー

    • Exchange に SSL が必要となりますが、Exchange サーバの証明書に署名した Certification Authority (CA)から公共証明書は Unity 接続サーバにアップロードされませんでした。

  • 404 エラー

    • 1 つの考えられる 原因は HTTPS プロトコルを使用するようにユニファイド メッセージング サービスが Exchange サーバと通信するのに設定されるが SSL は Exchange で有効に なりませんことです。 もう一つの考えられる 原因は Exchange 2003 年がメッセージ記憶装置として使用されるが、WebDav 拡張機能は有効に なりません でしたことです。

    • > 選択しユーザ > ユニファイド メッセージング アカウント > Edit ユニファイド メッセージング アカウントを、この Eメールアドレスはアカウント情報 > 使用の下でユーザに、eメールアドレスが正しいことを確かめます行きます。

    • 間違ったサーバへの不正確なサーバか DNS resolve。

    • サーバは動作していません必要なサービス(EWS、WebDAV、オートディスカバリー)を

  • 440 エラー

    • サーバからのログイン タイムアウト エラー悪い応答

    • Cisco バグ ID CSCto91728登録 ユーザだけ)を参照して下さい。

    • Unity 接続単一 インボックスはフォームベースの認証が Unity アクセスする接続が必要があるメールストアが含まれている Exchange 2003 で設定される Exchange 2003 年を使用しません。

  • 500 エラー

いくつかの上記のエラーコードはまたこの資料で述べられます: 単一 インボックスはユニファイド メッセージング サービスと関連付けられるユーザ向けにはたらいていません

Exchange サーバ応答が遅い場合、Cisco Unity Connection の応答を(秒で)待つ時間を増加して下さい(システム設定の下で > 高度 > ユニファイド メッセージング サービス)。

Cisco サポート コミュニティ - 特集対話

Cisco サポート コミュニティでは、フォーラムに参加して情報交換することができます。現在、このドキュメントに関連するトピックについて次のような対話が行われています。


関連情報


Document ID: 116001