スイッチ : Cisco Catalyst 500 Express シリーズ スイッチ

Catalyst Express 500 シリーズ スイッチをデフォルトの工場出荷時設定にリセット

2013 年 5 月 17 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2008 年 6 月 13 日) | フィードバック

概要

Catalyst スイッチの設定を、工場出荷時の元のデフォルト値に戻すことが望ましい場合があります。これは、スイッチに存在する不適切な設定を削除する場合に有効です。スイッチを設定したことにより設定が非常に複雑になった場合や、あるネットワークから別のネットワークにスイッチを移動する場合、あるいはスイッチのパスワードを忘れた場合、スイッチを工場出荷時のデフォルトにリセットし、新しいスイッチとして設定できます。このドキュメントでは、Cisco Catalyst Express 500 シリーズ スイッチをデフォルトの工場出荷時設定にリセットするための手順を示します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアおよびハードウェアのバージョンに基づいていますが、特定のソフトウェアおよびハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

  • Cisco IOS® ソフトウェア リリース 12.2(25)SEG が稼働する Cisco Catalyst Express 500G-12TC

  • Windows 2000 または Windows XP がインストールされている PC またはラップトップ

  • JavaScript が有効になっている Web ブラウザ(Internet Explorer 5.5、6.0 以降、Netscape 7.1 以降)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Catalyst Express 500 シリーズ スイッチは、Catalyst Express スイッチに組み込まれている Device Manager GUI か、Cisco Network Assistant のみを使用して管理できます。Cisco Network Assistant をダウンロードするには、『ソフトウェアのダウンロード』(登録ユーザ専用)を参照してください。

Device Manager は、スイッチの設定、モニタ、およびトラブルシューティングを実行するグラフィカル デバイス管理ツールです。スイッチの設定、管理、およびモニタを実行する最も簡単な方法は、Device Manager を使用することです。Microsoft Internet Explorer や Netscape Navigator などの Web ブラウザを使用して、ネットワークのあらゆる場所から Device Manager を表示できます。

工場出荷時設定へのリセット

Catalyst Express 500 シリーズ スイッチは、2 つの異なる手順によってデフォルトの出荷時の初期状態に設定できます。

Device Manager を使用したスイッチのリセット

診断レポートを使用したり機能を再設定しても問題を解決できない場合、スイッチを再起動またはリセットすることで問題が解決されたり、考えられる原因を除去するために役立つ場合があります。Device Manager を使用してスイッチをリセットするには、次の手順を実行します。

  1. Device Manager で、[Configure] > [Restart / Reset] を選択します。

    /image/gif/paws/70874/ce500_factory_01.gif

  2. [Reset the switch to factory defaults, and then restart the switch] を選択します。次に [Submit] をクリックします。

    ce500_factory_02.gif

    スイッチを出荷時の初期状態にリセットすることによって、スイッチのすべてのカスタマイズ設定が削除され、これには IP アドレスも含まれます。ソフトウェア イメージは同じままに保持されます。

  3. [OK] をクリックして、デバイスのリセットを続行します。

    /image/gif/paws/70874/ce500_factory_03.gif

    スイッチは 60 秒で自動的にリロードします。カウンタには、リロードの残り時間が表示されます。

    ce500_factory_04.gif

  4. スイッチのリロードが完了した後で、スイッチを再設定します。

    これは「スイッチの初期設定」セクションで説明されています。

Device Manager が使用可能でないときのスイッチのリセット

Device Manager を使用せずにスイッチをリセットするための前提条件は次のとおりです。

  • スイッチに物理的にアクセスできること。

  • イネーブルになっていてデバイスに接続されていないスイッチ ポートが 1 つ以上あること。

  • Windows 2000 または Windows XP がインストールされている PC またはラップトップがある。Web ブラウザの JavaScript が有効になっている。

次の手順を実行します。

  1. この PC またはラップトップの LAN アダプタは、IP アドレスを DHCP から受け取るように設定されている必要があります。PC を設定するには、次の手順を実行します。

    1. [Start] > [Settings] > [Network and Dial-up Connections] を選択します。

    2. 対象の LAN アダプタのローカル エリア接続を選択します。右クリックして [Properties] を選択します。

    3. リストから [Internet Protocol (TCP/IP)] を選択して [Properties] をクリックします。

      ce500_factory_05.gif

    4. [Obtain an IP address automatically] オプションを選択します。[OK] をクリックします。

      ce500_factory_06.gif

    5. [OK] をクリックして設定を完了します。

      注:必要に応じて、設定を有効にするために PC を再起動します。

  2. スイッチの電源コードを抜きます。

  3. スイッチに電源を再投入する際、Setup ボタンを押し下げたままにします。

  4. すべての LED インジケータ(System、Alert、および PoE)ライトがオレンジ色に点灯するまで待って、Setup ボタンから手を放します。

    システム LED が緑色に点滅し、最後にオレンジ色に変わります。

  5. いずれかのスイッチ ポート LED が緑色に点滅しているのが確認できたら、PC をそのスイッチ ポートに直接接続します。

    スイッチが接続を設定する間、PC およびスイッチ ポートの LED が緑色に点滅します。これには約 1 分かかります。

  6. Web ブラウザを開きます。ブラウザで GUI が自動的に表示されない場合は、次の手順を実行します。

    1. ipconfig コマンドを発行して、ダイナミック アドレスの割り当てを参照します。

      ce500_factory_07.gif

      スイッチは、スイッチの管理アドレスを PC の LAN アダプタ カードのデフォルト ゲートウェイとして設定します。

    2. ブラウザから、前述の IP アドレスにアクセスします。たとえば、http://10.0.0.1 にアクセスします。

  7. [Software Recovery] ウィンドウで、次のいずれかのオプションを選択します。

    • [Erase system configuration](推奨):IP アドレス、ユーザ名、パスワードなどのすべての設定情報をスイッチから削除するが、ソフトウェア イメージは残しておく場合にこのオプションを使用します。このオプションを選択した場合、「スイッチの初期設定」セクションに記載されているようにスイッチを再びセットアップする必要があります。

    • [Erase system configuration and Boot with the factory default IOS image]:スイッチのすべての設定を削除し、工場出荷時のデフォルトのソフトウェア イメージに変更する場合にこのオプションを使用します。スイッチのフラッシュ イメージにあるファイルはすべて削除され、スイッチが工場出荷時のデフォルトのイメージを使用する状態に戻ります。このオプションを選択した場合、「スイッチの初期設定」セクションに記載されているようにスイッチを再びセットアップする必要があります。

    /image/gif/paws/70874/ce500_factory_08.gif

  8. [OK] をクリックして警告に同意し、システム設定の消去を続行します。

    ce500_factory_09.gif

  9. スイッチのリロードが完了した後、「スイッチの初期設定」セクションの記載に従ってスイッチを再設定します。

    /image/gif/paws/70874/ce500_factory_10.gif

スイッチの初期設定

スイッチの初期設定を行うには、次の手順を実行します。設定手順についての詳細は、『Catalyst Express 500 スイッチ スタート アップ ガイド』を参照してください。

  1. スイッチに何も接続されていないことを確認します。

  2. スイッチの電源を投入します。

  3. Setup LED が緑色に点滅するまで待ちます。

  4. LED が緑色に点滅したら、Setup ボタンを押します。いずれかのスイッチ ポート LED が緑色に点滅します。

  5. 緑色に点滅しているスイッチ ポートに PC またはラップトップを直接接続します。

    この PC またはラップトップの LAN アダプタは、IP アドレスを DHCP から受け取るように設定されている必要があります。スイッチが接続を設定する間、PC およびスイッチ ポートの LED が緑色に点滅します。これには約 1 分かかります。

  6. Web ブラウザを開きます。ブラウザで GUI が自動的に表示されない場合は、次の手順を実行します。

    1. ipconfig コマンドを発行して、ダイナミック アドレスの割り当てを参照します。

      ce500_factory_11.gif

      スイッチは、スイッチの管理アドレスを PC の LAN アダプタ カードのデフォルト ゲートウェイとして設定します。

      注:Cisco IOS ソフトウェア FY シリーズのリリースでは、管理 IP アドレスは 10.0.0.1 です。Cisco IOS ソフトウェア SEG シリーズのリリースでは、IP アドレスは 169.254.0.1 です。

    2. ブラウザから、前述の IP アドレスにアクセスします。たとえば、http://169.254.0.1 にアクセスします。

  7. [Network Settings] と [Optional Settings](必要な場合)を入力します。[Submit] をクリックして、変更を保存して基本設定を終了します。

    /image/gif/paws/70874/ce500_factory_12.gif

  8. スイッチの設定を続けるには、設定済みのユーザ名およびパスワードを入力します。

    ce500_factory_13.gif

  9. SmartPort ダイアログ ウィンドウで、次の操作を行います。

    • 事前に定義されているポートのロールを受け入れるには、[Yes] と [Submit] をクリックします。Smartports ウィンドウが表示されます。事前に定義されているロールを変更したり、新しいポートのロールを適用することができます。

    • Smartports のロールを自分で適用するには、[No] と [Submit] をクリックします。

    ce500_factory_14.gif

  10. 電源をオフにしないでスイッチを再起動します。

    /image/gif/paws/70874/ce500_factory_15.gif

    スイッチは 60 秒で自動的にリロードします。カウンタには、リロードの残り時間が表示されます。

    ce500_factory_04.gif

  11. Web ブラウザを閉じます。

  12. スイッチの新しい管理用アドレスと同じサブネットにある IP アドレスを使用して LAN アダプタを再設定します。

    ce500_factory_16.gif

  13. スイッチが起動したら、Web ブラウザを開いて http://<CE500_Management_IP_Address> にアクセスします。たとえば、http://172.16.100.100 にアクセスします。

    注:初期設定が完了すると、スイッチは管理 IP アドレスと同じ VLAN 用に設定されているどのスイッチポートからでも管理できます。

  14. SmartPort およびスイッチの他の機能を設定する方法については、「Catalyst Express 500 シリーズ スイッチの設定例」を参照してください。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 70874