音声 : ゲートウェイ プロトコル

2 つのゾーンでの Cisco ゲートウェイ/ゲートキーパーの基本設定

2013 年 5 月 17 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 2 月 2 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、各ゾーンに Cisco ゲートウェイが 1 つある、2 つの Cisco ゲートウェイにより管理される 2 ゾーン トポロジでの VoIP ネットワークについて説明します。このドキュメントの目的は、ユーザが一部の既知の問題を回避し、ゲートキーパー ベース ネットワークの信頼できる基礎を確立できる基本設定を提供することです。このドキュメントには、機能の設定、設計ガイドライン、および基本的な検証とトラブルシューティングの方法についての技術情報が記載されています。

下記の設定で注意すべき点は、同一の LAN 上に 4 台のルータが設置されている点です。ただし、実際のトポロジでは、各デバイスをネットワークの異なる部分に配置できます。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

これらの設定は、次の装置でテストされました。

  • Cisco IOS® ソフトウェア リリース 12.2.8.5 ENTERPRISE PLUS/H323 MCM を含む 4 台の Cisco 2600

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、コマンドを使用する前にその潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

設定

このセクションでは、このドキュメントで説明する機能を設定するために必要な情報を提供しています。

注:このドキュメントで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ゲートウェイとゲートキーパーの間での設定に関する一般的な要件

ゲートウェイがゲートキーパーから正しいアドレス解決を取得するためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

次の 2 つの重要項目を確認してください。

  • すべてのゲートウェイが対応するゲートキーパーに登録されていること。

  • すべてのゲートキーパーのダイヤル プランが正しいこと。

登録

最初に登録を正常に行う必要があります。次の追加要素を考慮する必要があります。

  • ゲートウェイに Foreign Exchange Station(FXS)インターフェイスがある場合、一般電話サービス(POTS)ダイヤルピアで、no register e164 コマンドを追加します。これにより、Cisco Bug ID CSCdw60626登録ユーザ専用)で説明されているゲートウェイ登録問題を回避できます。e164 番号での直接 FXS ポート登録の代わりに、ゲートウェイのゾーン プレフィクスを追加し、ゾーン プレフィクスに基づいてルーティングを決定できます。

  • 通常は、ゲートウェイのテクノロジー プレフィクスを定義することを推奨します。テクノロジー プレフィクスは主にコール ルーティングに影響しますが、正常に登録を行う上で重要です。

ゲートウェイからゲートキーパーへの登録問題の詳細については、『ゲートキーパー登録問題のトラブルシューティング』を参照してください。

コール ルーティング

  • 信頼できるコール ルーティングのために、すべてのゲートウェイをいくつかのテクノロジー プレフィクスに登録する必要があります。テクノロジー プレフィクスの目的は、コールの各タイプとゲートウェイの対応タイプを区別することです。そのため、ルーティング決定にテクノロジー プレフィクスを使用できますが、テクノロジー プレフィクスを使用して、ゾーン プレフィクスに基づいてコールおよびルートのタイプを区別することを推奨します。この方法では、すべての VoIP ゲートウェイを同じテクノロジー プレフィクスで設定できます(たとえば、このドキュメントの例 1#* です)。

  • ゾーン プレフィクスのプライマリ ゲートウェイを明示的に設定することを推奨します。

  • Cisco IOS ゲートウェイまたはルータでの特定の IP アドレスへの H.323 シグナリングのバインド。Cisco IOS ゲートウェイに複数のアクティブな IP インターフェイスがある場合、H.323 シグナリングの一部分が 1 つの IP アドレスを送信元とし、他の部分が別の送信元アドレスを参照することがあります。h323-gateway voip bind srcaddr コマンドは、ループバック インターフェイスを使用してゲートウェイを識別する場合、またはネットワークにファイアウォールおよびアカウンティング サーバがある場合に必要です。このコマンドは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1.2T で導入され、『仮想インターフェイスの H.323 サポートの設定』で説明されています。

ゲートキーパー コール ルーティングの詳細については、『Cisco IOS H.323 ゲートキーパー コール ルーティングについて』を参照してください。

ネットワーク ダイアグラム

このドキュメントでは次の図に示すネットワーク設定を使用しています。

2zone_gw_gk1.gif

コンフィギュレーション

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

ゲートキーパーおよびゲートウェイの設定の確認は、ゲートウェイからゲートキーパーへの問題のトラブルシューティングにおいて重要な部分です。設定をわかりやすく説明するために、関連のないすべてのコンフィギュレーション コマンドを削除しています。

GW_1 - ECV-2600-17
IOS (tm) C2600 Software (C2600-JSX-M), Version 12.2(7a), 
RELEASE SOFTWARE (fc1)
!
hostname ECV-2610-17
!
!
interface Ethernet0/0
 ip address 10.52.218.49 255.255.255.0
h323-gateway voip interface

!---- このコマンドは、インターフェイスで VoIP GW 機能をイネーブルにします。

h323-gateway voip id gk-zone1.test.com ipaddr 10.52.218.47
 1718

!---- このコマンドは、この GW が機能する GK を定義します。

h323-gateway voip h323-id gw_1

!---- このコマンドは、GK の GW エイリアスを定義します。

h323-gateway voip tech-prefix 1#

!---- 信頼できる登録およびコール ルーティングのために GW で 
!---- テクノロジー プレフィクスを使用することを推奨します。

h323-gateway voip bind srcaddr 10.52.218.49

!---- このコマンドは、この簡単なトポロジでは必要ありません。 
!---- ただし、複雑なネットワークでは、このコマンドを使用することを推奨します。

      ??
!
voice-port 1/1/0
!
voice-port 1/1/1
!
!
dial-peer voice 1 voip
 destination-pattern 16..
 session target ras

!---- 宛先パターン 16.. のすべての IP アドレスは、 
!---- 要求を介して GK に解決されます。

!
dial-peer voice 2 pots
 destination-pattern 1711
 port 1/1/1
no register e164

!---- このコマンドは、GK でのこの数の登録を 
!----防ぎます。GW は、このエイリアスの GK に登録されます。

!
gateway
!
end

GW_2 - ECV-2600-16
!
hostname ECV-2610-16
!
!
interface Ethernet0/0
 ip address 10.52.218.48 255.255.255.0
h323-gateway voip interface
h323-gateway voip id gk-zone2.test.com ipaddr 10.52.218.46 1718
 
h323-gateway voip h323-id gw_2
h323-gateway voip tech-prefix 1#
h323-gateway voip bind srcaddr 10.52.218.48
!
!
voice-port 1/1/0
!
voice-port 1/1/1
!
dial-peer voice 1 voip
 destination-pattern 17..
 session target ras
!
dial-peer voice 2 pots
 destination-pattern 1611
 port 1/1/1
 no register e164
!
gateway 
!
!
end

GK_1 ECV-2600-15
!
hostname ECV-2610-15
!
interface Ethernet0/0
 ip address 10.52.218.47 255.255.255.0
!
gatekeeper
zone local gk-zone1.test.com test.com 10.52.218.47

!---- このコマンドは、ローカル ゾーンを定義します。GK 名および 
!---- ゾーン名の意味は同じです。

zone remote gk-zone2.test.com test.com 10.52.218.46 1719

!---- このコマンドはリモート GK(ゾーン)の名前を定義します。

zone prefix gk-zone2.test.com 16..

!---- このコマンドは、ドット数で長さを明示的に
!---- 定義します。

zone prefix gk-zone1.test.com 17.. gw-priority 10 gw_1

!---- このコマンドは、ローカル ゾーンのみで行われる 
!---- 17..番号のコールを扱う GW を 
!---- 明示的に定義します。

gw-type-prefix 1#* default-technology

!---- このコマンドは、ルーティング決定に必要なデフォルトのテクノロジー 
!---- プレフィクスを定義します。

no shutdown

!--- このコマンドはサービスをアップにします。

!
end

GK_2 ECV-2600-14
!
hostname ECV-2610-14
!
interface Ethernet0/0
 ip address 10.52.218.46 255.255.255.0
!
gatekeeper zone local gk-zone2.test.com test.com 10.52.218.46
zone remote gk-zone1.test.com test.com 10.52.218.47 1719
zone prefix gk-zone2.test.com 16.. gw-priority 10 gw_2
zone prefix gk-zone1.test.com 17..
gw-type-prefix 1#* default-technology
no shutdown
!
end 

確認

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を示しています。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

注:debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。次のコマンドの詳細については、このコマンドの「コマンドのトラブルシューティング」セクションを参照してください。

トラブルシューティング

このセクションでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報を紹介します。

トラブルシューティングのためのコマンド

トラブルシューティングをするには、次のいくつかの重要点を確認します。

  • すべてのゲートウェイが、対応するゲートキーパーに登録されている。

  • ゲートウェイのダイヤル プランが正しい(ダイヤルピアが設定されている)。

  • ゲートキーパーのダイヤル プランが正しい(ゾーン プレフィクスが設定されている)。

Troubleshooting and Debugging VoIP Call Basics』で説明する手順は、ゲートウェイとゲートキーパーとの相互作用に関連する debug および show コマンドに出力を補完し、他の Cisco IOS サブシステムに関連するさまざまな問題を強調表示するときに使用されます。show コマンドの出力例は、上記の手順を強調表示し、debug 出力は、4 つすべてのルータでの RAS および H225 メッセージのシーケンスを示します。

注:debug h225 asn1 コマンドで生成される出力は非常に大きいので、注意して使用してください。一部な不要な出力は、次の debug コマンドから削除しています。

注:debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。


!--- GW 登録を GW

ECV-2610-17#show gateway
 Gateway gw_1 is registered to Gatekeeper gk-zone1.test.com
      ??
Alias list (CLI configured) 
 H323-ID gw_1
Alias list (last RCF) 
 H323-ID gw_1
      ??
 H323 resource thresholding is DisabledECV-2610-17#
------------------------------------------------------------


!--- および対応する GK で確認します。
?? 

ECV-2610-15#show gatek en
     GATEKEEPER ENDPOINT REGISTRATION 
                     ================================
CallSignalAddr Port RASSignalAddrPort Zone Name Type F 
--------------- ----- -------------- ----- --------- ---- --
10.52.218.49 1720 10.52.218.4951194 gk-zone1.test.com VOIP-GW
 H323-ID: gw_1
Total number of active registrations = 1 

ECV-2610-15#
------------------------------------------------------------ 
        ?? 

!--- セカンド GW
  
ECV-2610-16#show gateway 
 Gateway gw_2 is registered to Gatekeeper gk-zone2.test.com ?? 
Alias list (CLI configured)
 H323-ID gw_2
Alias list (last RCF)
 H323-ID gw_2 
?? H323 resource thresholding is Disabled 
ECV-2610-16# 
------------------------------------------------------------?? 


!---および対応するセカンド GK も同じです。

ECV-2610-14#show gatek en 
                     GATEKEEPER ENDPOINT REGISTRATION 
                     ================================
CallSignalAddr Port RASSignalAddr Port Zone Name Type F 
--------------- ----- --------------- ----- --------- ---- --
10.52.218.48 1720 10.52.218.48 52080 gk-zone2.test.com VOIP-GW
 H323-ID: 
        gw_2
Total number of active registrations = 1 ?? 

ECV-2610-14#
------------------------------------------------------------

!--- GK のダイヤル プランを確認します。
??

ECV-2610-15#show gatek zone pr
  ZONE PREFIX TABLE
   =================
GK-NAME  E164-PREFIX
-------  -----------
gk-zone2.test.com 16..
gk-zone1.test.com 17..??

ECV-2610-15#
ECV-2610-15#

!--- 設定されるすべてのプレフィクスはゾーン リストに表示されます。


------------------------------------------------------------??


!--- GK のダイヤル プランを確認します。

ECV-2610-14#
ECV-2610-14#show gatek zone pr 
      ZONE PREFIX TABLE
 =================
GK-NAME E164-PREFIX
------- -----------
gk-zone2.test.com 16..
gk-zone1.test.com 17..??

ECV-2610-14#

------------------------------------------------------------??

ECV-2610-15#show gatekeeper call
Total number of active calls = 1. 
                     GATEKEEPER CALL INFO
 ====================
LocalCallIDAge(secs) BW
5-0 1 64(Kbps) 
 Endpt(s): Alias E.164Addr CallSignalAddr Port RASSignalAddr Port
 src EP: gw_2 1611 10.52.218.48 1720 10.52.218.48 59067
 dst EP: gw_1 1711 10.52.218.49 1720 10.52.218.49 58841??

ECV-2610-15#
-----------------------------------------------------------------??


!--- GW と GK の通信は、 
!--- RAS 交換メッセージで構成されます。次に、GW の GK への正常な登録を示す 
!--- 2 つのメッセージを示します。

ECV-2610-17#
ECV-2610-17#debug h225 asn1
H.225 ASN1 Messages debugging is on
ECV-2610-17#
*Mar 2 07:45:53: RAS OUTGOING PDU ::=

!--- GW は、RAS 登録要求メッセージを GK に送信します。

value RasMessage ::= registrationRequest :
 {
 requestSeqNum 93
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 discoveryComplete FALSE
 callSignalAddress
 {
 }
 rasAddress
 { 
        ipAddress :
 {
 ip '0A34DA31'H
 port 57733 
        }
 }
 terminalType
 {
 mc FALSE
 undefinedNode FALSE
 }
 gatekeeperIdentifier {"gk-zone1.test.com"} 
      endpointVendor
 {
 vendor
 {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0
 manufacturerCode 18
 } 
      }
 timeToLive 60
 keepAlive TRUE
 endpointIdentifier {"8215266C0000000F"} 
      willSupplyUUIEs FALSE
 }

*Mar 2 07:45:53: 
*Mar 2 07:45:53: RAS INCOMING PDU ::=

!--- GK は、登録要求を受け入れ、 
!--- 確認を応答します。

value RasMessage ::= registrationConfirm :
 {
 requestSeqNum 93
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 callSignalAddress
 {
 }
 gatekeeperIdentifier {"gk-zone1.test.com"} 
      endpointIdentifier {"8215266C0000000F"}
 timeToLive 60 
      willRespondToIRR FALSE
  }??

----------------------------------------------------------------??


!--- リモート GW からの着信 H225 コール セットアップ メッセージ。
!--- debug cch323 h225 コマンドの例です。

ECV-2610-17# debug cch323 h225
*Mar 2 07:46:03: cch323_h225_receiver: received msg of type 
SETUPIND_CHOSEN

*Mar  2 07:46:03: cch323_h225_setup_ind: callingNumber[] 
calledNumber[1711]

*Mar 2 07:46:03: cch323_h225_setup_ind--calling IE NOT present
*Mar 2 07:46:03:======= PI in cch323_h225_setup_ind = 0??

*Mar 2 07:46:03: Receive: infoXCap 0??

*Mar 2 07:46:03: Receive infoXCap ccb 0??

*Mar 2 07:46:03: src address = 10.52.218.49 of SETUPIND_CHOSEN
*Mar 2 07:46:03: dest address = 10.52.218.47 of SETUPIND_CHOSEN??

*Mar 2 07:46:03: cch323_run_h225_sm: received event 
H225_EVENT_FAST_SETUP_IND while 

at state H225_IDLE??

*Mar 2 07:46:03: cch323_run_h225_sm: Setup ccb 0x821FCE98 callID 
0xFFFFFFFF
*Mar 2 07:46:03: cch323_h225_act_fastStartSetupInd: codec match = 1
*Mar 2 07:46:03: cch323_rtp_set_non_rtp_call: Non-RTP call end
*Mar 2 07:46:03: H.225 SM: changing from H225_IDLE state to 
H225_REQ_WAIT_FOR_ARQ

state for callID FFFFFFFF??

-------------------------------------------------------------------

!--- 次に、4 つのすべてのルータからの debug h225 asn1
!--- コマンドの例を示します。
!--- メッセージは、元の GW から送信されます。


ECV-2610-16#debug h225 asn1
H.225 ASN1 Messages debugging is on
ECV-2610-16#

!--- GW_2 は、GW_1 にある 1711 電話へのコールを開始します。
!--- 次に、GW_2:?? での処理を示すメッセージを示します。


*Mar 2 14:28:08.824: RAS OUTGOING PDU ::=

!--- GW_2 は、gk-zone2 に e164 番号 1711 を IP 
!--- アドレスに解決するように要求します。

value RasMessage ::= admissionRequest  :
 {
  requestSeqNum 3091
 callType pointToPoint : NULL 
      callModel direct : NULL
 endpointIdentifier {"8217FB5000000001"} 
      destinationInfo
 {
 e164 : "1711" 
        }
 srcInfo
 {
 e164 : "1611", 
        h323-ID : {"gw_2"}
 }
 bandWidth 640
 callReferenceValue 8
 nonStandardData
 {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0 
          manufacturerCode 18
 }
 data '80000008200A1046585320312F312F31'H 
       }
  conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H
  activeMC FALSE
  answerCall FALSE
  canMapAlias TRUE
  callIdentifier 
       {
  guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
  }
  willSupplyUUIEs FALSE
  }
?? 

*Mar 2 14:28:08.960: RAS INCOMING PDU ::=

!--- gk-zone2 は、要求が処理中であることを GW_2 に通知します。
!--- これは、この要求が他の gk-zone1 に転送され、ローカルで処理されないためです。

??
value RasMessage ::= requestInProgress :
 {

!--- 要求のシーケンス番号は、 
!--- 応答の番号と同じです。

 requestSeqNum 3091
 delay 9000
 }

?? 
*Mar 2 14:28:09.169: RAS INCOMING PDU ::=

!--- gk-zone2 は、コールを開始する許可を付与し、 
!--- e164 番号 1711 を GW_1 の IP アドレスに解決します。


value RasMessage ::= admissionConfirm :
 {

!--- 要求のシーケンス番号は、応答の番号と同じです。

 requestSeqNum 3091
 bandWidth 640
 callModel direct : NULL
 destCallSignalAddress ipAddress :
 {
 ip '0A34DA31'H

 !--- GW_1 の IP アドレスは 10.52.218.49 です。

 port 1720
 }
 irrFrequency 240 
      destinationInfo
 {
 e164 : "1711"
 } 
      willRespondToIRR FALSE
 uuiesRequested
 {
 setup FALSE 
        callProceeding FALSE
 connect FALSE
 alerting FALSE 
        information FALSE
 releaseComplete FALSE
 facility FALSE 
        progress FALSE
 empty FALSE
 }
 }


*Mar 2 14:28:09.193: H225 NONSTD OUTGOING PDU ::=

value H323_UU_NonStdInfo ::=
 {
 version 0
 progIndParam progIndIEinfo :
 {
 progIndIE '00000003'H
 }
 }


*Mar 2 14:28:09.197: H225.0 OUTGOING PDU ::=

!--- GW_2 は、H323(q931)コール セットアップ メッセージを直接
!--- GW_1 に追加できます。


value H323_UserInformation ::=
 {
 h323-uu-pdu 
      {
 h323-message-body setup :
 {
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 sourceAddress
 {
 h323-ID : {"gw_2"}
 }
 sourceInfo
 {
 gateway
 {
 protocol
 {
             voice :
 {
 supportedPrefixes
 {?? 
        
                    {
 prefix e164 : "1#" 
                    }
 }
 }
 }
 }
 mc FALSE
 undefinedNode FALSE
 }
 destinationAddress
          {
 e164 : "1711"
 } 
          activeMC FALSE
 conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H 
          conferenceGoal create : NULL
 callType pointToPoint : NULL 
          sourceCallSignalAddress ipAddress :
 {
 ip '0A34DA30'H 
            port 11001
 }
 callIdentifier
 {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
 }
 fastStart
 { 
            '0000000D4001800A040001000A34DA3043F3'H,
 '400000060401004D40018011140001000A34DA30...'H 
          }
 mediaWaitForConnect FALSE
 canOverlapSend FALSE 
        }
 h245Tunneling FALSE
 nonStandardControl
 {?? 
        
          {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 { 
            t35CountryCode 181
t35Extension 0
manufacturerCode 18
}
 data 'C00100028006000400000003'H
} 
      }
}
}


*Mar 2 14:28:09.573: H225.0 INCOMING PDU ::=

!--- GW_1 は、H323(q931)callProceeding メッセージに応答します。


value H323_UserInformation ::=
 {
 h323-uu-pdu
 {
 h323-message-body callProceeding :
 {
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 destinationInfo 
        {
 mc FALSE
 undefinedNode FALSE 
          }
 callIdentifier
 {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H 
          }
 fastStart
 {
 '0000000D40018011140001000A34DA314942000A...'H, 
            '400000060401004D40018011140001000A34DA30...'H
 }
 } 
        h245Tunneling FALSE
 }
 }


*Mar 2 14:28:09.766: H225.0 INCOMING PDU ::=

!--- GW_1 は、H323(q931)コール Progress メッセージを送信します。

value H323_UserInformation ::=
 {
 h323-uu-pdu
 {
 h323-message-body progress :
 {
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 destinationInfo
 {
 mc FALSE 
            undefinedNode FALSE
 }
 callIdentifier
 {
     guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
 }
 }
 h245Tunneling FALSE
 nonStandardControl
 {

??{ 
            nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0
 manufacturerCode 18 
            }
 data '60011000011E041E028188'H
 }
 }
 } 
    }
????

*Mar 2 14:28:11.801: H225.0 INCOMING PDU ::=

!--- GW_1 は、H323(q931)コール CONNECT メッセージを送信します。コールが 
!--- アクティブになります。

value H323_UserInformation ::=
 {
 h323-uu-pdu
 {
 h323-message-body connect :
 {
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 destinationInfo
 {
 gateway
 { 
              protocol
 {
 voice :
 { 
                supportedPrefixes
 {

??{ 
                       prefix e164 : "1#"
 }
 } 
                }
 }
 }
 mc FALSE
 undefinedNode FALSE
 }
 conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H 
          callIdentifier
 {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H 
          }
 }
 h245Tunneling FALSE
 nonStandardControl
 {?? 

          {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 { 
              t35CountryCode 181
 t35Extension 0
 manufacturerCode 18
 }
 data 'C00100028006000400000002'H
 } 
        }
 }
 }


*Mar 2 14:28:11.909: show call active voice
Total call-legs: 2

??GENERIC:
SetupTime=13848499 ms
Index=1
PeerAddress=1611
PeerSubAddress=
PeerId=2
PeerIfIndex=11
LogicalIfIndex=8
ConnectTime=13849192
CallDuration=00:00:19
CallState=4 

!--- つまり、コールはアクティブです。

CallOrigin=2
ChargedUnits=0
InfoType=2
TransmitPackets=442
TransmitBytes=8840
ReceivePackets=1104
ReceiveBytes=22080

!--- これは、このコール レッグに 2 方向の音声があることを示します。 
!--- 0 値は問題です。

TELE: 

!--- コールが発信し、PSTN から開始されます。このため、 
!--- TELE: が出力の最初にあります。


ConnectionId=[0xF748749F 0x163011CC 0x801CC5F8 0xEEB46E69]
IncomingConnectionId=[0xF748749F 0x163011CC 0x801CC5F8 
0xEEB46E69]
TxDuration=22100 ms
VoiceTxDuration=2209 ms
FaxTxDuration=0 ms
CoderTypeRate=g729r8
NoiseLevel=-48
ACOMLevel=2
OutSignalLevel=-57
InSignalLevel=-53
InfoActivity=2
ERLLevel=16
SessionTarget=
ImgPages=0 
 GENERIC:
SetupTime=13848887 ms
Index=1
PeerAddress=1711
PeerSubAddress=
PeerId=1PeerIf
Index=13
LogicalIfIndex=0
ConnectTime=13849185
CallDuration=00:00:20
CallState=4
CallOrigin=1
ChargedUnits=0
InfoType=2
TransmitPackets=1038
TransmitBytes=20760
ReceivePackets=488
ReceiveBytes=9760
VOIP: 
ConnectionId[0xF748749F 0x163011CC 0x801CC5F8 0xEEB46E69]
IncomingConnectionId[0xF748749F 0x163011CC 0x801CC5F8 
0xEEB46E69]
RemoteIPAddress=10.52.218.49RemoteUDPPort=18754

!--- シグナリングおよび RTP ストリーム IP アドレス。

RemoteSignallingIPAddress=10.52.218.49
RemoteSignallingPort=1720
RemoteMediaIPAddress=10.52.218.49
RemoteMediaPort=18754
RoundTripDelay=5 ms
SelectedQoS=best-effort
tx_DtmfRelay=inband-voice
FastConnect=TRUE

Separate H245 Connection=FALSE

H245 Tunneling=FALSE

SessionProtocol=cisco
SessionTarget=ras
OnTimeRvPlayout=6630
GapFillWithSilence=0 ms
GapFillWithPrediction=0 ms
GapFillWithInterpolation=0 ms
GapFillWithRedundancy=0 ms
HiWaterPlayoutDelay=70 ms
LoWaterPlayoutDelay=50 ms
ReceiveDelay=50 ms
LostPackets=0
EarlyPackets=0
LatePackets=0


!--- DSP 統計情報。


VAD = enabled
CoderTypeRate=g729r8
CodecBytes=20Total call-legs: 2

ECV-2610-16#
ECV-2610-16#

u all
All possible debugging has been turned off

!--- 次のメッセージは、コールが 
!--- GW_2 のプロセスを切断することを示します。


ECV-2610-16#deb h225 asn1 
H.225 ASN1 Messages debugging is on:
*Mar 2 14:29:52.017: H225.0 INCOMING PDU ::=

!--- GW_1 は、H323(q931)リリース完了メッセージを送信します。

value H323_UserInformation ::=
 {
 h323-uu-pdu
 {
 h323-message-body releaseComplete :
 {
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 callIdentifier
 {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H 
          }
 }
 h245Tunneling FALSE
 }
 }


*Mar 2 14:29:52.025: H225.0 OUTGOING PDU ::=

!--- GW_2 は、H323 (q931) releaseComplete 
!--- メッセージに応答します。


value H323_UserInformation ::=
 { 
      h323-uu-pdu
 {
 h323-message-body releaseComplete : 
        {
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 callIdentifier 
        {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H 
          }
 }
 h245Tunneling FALSE
 }
 }


*Mar 2 14:29:52.041: RAS OUTGOING PDU ::=

!--- GW_2 は、コールが完了したことを GK-2 に通知します。


value RasMessage ::= disengageRequest :
 { 
      requestSeqNum 3095
 endpointIdentifier {"8217FB5000000001"} 
      conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H
 callReferenceValue 8
 disengageReason normalDrop : NULL
 callIdentifier
 { 
        guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
 }
 answeredCall FALSE 
     }

*Mar 2 14:29:52.090: RAS INCOMING PDU ::=

!--- GK-2 は、メッセージを確認します。

value RasMessage ::= disengageConfirm : 
    {
 requestSeqNum 3095
 }
u all
All possible debugging has been turned off

------------------------------------------------------------

!--- GK-2 からのデバッグ出力。

ECV-2610-14#debug h225 asn1
H.225 ASN1 Messages debugging is on
ECV-2610-14#
Mar 2 14:28:20.952:
Mar  2 14:28:20.952: RAS INCOMING PDU ::=

!--- GW_2 は、コールを発信する権限を要求します。
!--- GK-2 にあるが、同じシーケンス番号なので、着信 RAS PDU 
!--- です。

value RasMessage ::= admissionRequest :
 {
  requestSeqNum 3091
 callType pointToPoint : NULL 
      callModel direct : NULL
 endpointIdentifier {"8217FB5000000001"} 
      destinationInfo
 {
 e164 : "1711"
 } 
      srcInfo
 {
 e164 : "1611",
 h323-ID: {"gw_2"}
 }
 bandWidth 640
 callReferenceValue 8
 nonStandardData
 {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0 
          manufacturerCode 18
 }
 data '80000008200A1046585320312F312F31'H 
      }
 conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H
 activeMC FALSE
 answerCall FALSE
 canMapAlias TRUE
 callIdentifier 
      {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
 }
 willSupplyUUIEs FALSE
 }??

Mar 2 14:28:20.992: RAS OUTGOING PDU ::=

!--- GK-2 は、リモート ゾーンの番号を解決するように GK-1 に 
!--- 要求します。

value RasMessage ::= locationRequest :
 {
 requestSeqNum 1026 
      destinationInfo
 {
 e164 : "1711"
 } 
      nonStandardData
 {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard : 
        {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0 
          manufacturerCode 18
 }
 data '8284901100F748749F163011CC801DC5F8EEB46E...'H 
      }
 replyAddress ipAddress :
 {
 ip '0A34DA2E'H
 port 1719
 }
 sourceInfo
 {
 h323-ID : {"gk-zone2.test.com"} 
      }
 canMapAlias TRUE
 }


Mar 2 14:28:21.024: RAS OUTGOING PDU ::=

!--- GK-2 は、コールが処理であることを GW_2 に通知します。

value RasMessage ::= requestInProgress :
 {
 requestSeqNum 3091 
      delay 9000
 }


Mar 2 14:28:21.157:
Mar 2 14:28:21.157: RAS INCOMING PDU ::=

!--- GK-1 は、GK-2 に応答し、権限を付与します。

value RasMessage ::= locationConfirm :
 {
 requestSeqNum 1026
 callSignalAddress ipAddress :
 {
 ip'0A34DA31'H
 port 1720
 }
 rasAddress ipAddress : 
      {
 ip '0A34DA31'H
 port 55679
 }
 nonStandardData 
      {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 { 
          t35CountryCode 181
 t35Extension 0
 manufacturerCode 18 
        }
 data '0001400300670077005F0031200067006B002D00...'H
 } 
      destinationInfo
 {
  e164 : "1711"
 } 
      destinationType
 {
 gateway
 {
 protocol
 { 
            voice :
 {
 supportedPrefixes
 { 
              }
 }
 }
 }
 mc FALSE
 undefinedNode FALSE
 }
 }


Mar 2 14:28:21.209: RAS OUTGOING PDU::=

!--- GK-2 は、GW_2 に応答し、コールを発信する権限を 
!--- 付与します。

value RasMessage ::= admissionConfirm :
 {
 requestSeqNum 3091 
      bandWidth 640
 callModel direct : NULL
 destCallSignalAddress ipAddress :
 {
 ip '0A34DA31'H
 port 1720 
      }
 irrFrequency 240
 destinationInfo
 {
 e164 : "1711" 
      }
 willRespondToIRR FALSE
 uuiesRequested
 {
 setup FALSE
 callProceeding FALSE
 connect FALSE
 alerting FALSE
 information FALSE
 releaseComplete FALSE
 facility FALSE
 progress FALSE
 empty FALSE
 }
 }


ECV-2610-14#u all
All possible debugging has been turned off
ECV-2610-14#debug h225 asn1
H.225 ASN1 Messages debugging is on
Mar 2 14:30:04.145: RAS INCOMING PDU ::=

!--- GK-2 は、コールが終了したことを示す通知を GW_2 から 
!--- 受け取ります。

value RasMessage ::= disengageRequest :
 {
 requestSeqNum 3095
 endpointIdentifier {"8217FB5000000001"} 
      conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H
 callReferenceValue 8
 disengageReason normalDrop : NULL
 callIdentifier
 { 
        guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
 }
 answeredCall FALSE 
    }



Mar 2 14:30:04.157: RAS OUTGOING PDU ::=

value RasMessage ::= disengageConfirm :
 {
 requestSeqNum 3095 
    }


ECV-2610-14#u all
All possible debugging has been turned off
ECV-2610-14#

---------------------------------------------------------

!--- GK-2 からのデバッグ出力。

ECV-2610-15#ECV-2610-15#debug h225 asn1
H.225 ASN1 Messages debugging is on
*Mar 2 14:28:14.690: 
*Mar 2 14:28:14.694:
RAS INCOMING PDU ::=

!--- GK-2 からの要求。

value RasMessage ::= locationRequest :
 {
 requestSeqNum 1026
 destinationInfo
 {
 e164 : "1711" 
      }
 nonStandardData
 {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard:
 {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0 
          manufacturerCode 18
 }
 data '8284901100F748749F163011CC801DC5F8EEB46E...'H 
      }
 replyAddress ipAddress :
 {
 ip '0A34DA2E'H
 port 1719
 }
 sourceInfo
 {
 h323-ID : {"gk-zone2.test.com"} 
      }
 canMapAlias TRUE
 }


*Mar 2 14:28:14.754: RAS OUTGOING PDU ::=

!--- GK-1 から GK-2 への応答。

value RasMessage::= locationConfirm :
 {
 requestSeqNum 1026
 callSignalAddress ipAddress :
 {
 ip '0A34DA31'H
 port 1720 
      }
 rasAddress ipAddress :
 {
 ip '0A34DA31'H
 port 55679
 }
 nonStandardData
 {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0
 manufacturerCode 18
 }
 data '0001400300670077005F0031200067006B002D00...'H 
      }
 destinationInfo
 {
 e164 : "1711" 
      }
 destinationType
 {
 gateway
 {
 protocol 
        {
 voice :
 {
 supportedPrefixes 
        {
 }
 }
 }
 } 
        mc FALSE
 undefinedNode FALSE
 }
 }


*Mar 2 14:28:15.159: RAS INCOMING PDU ::=

!--- GW_1 はコールを受け入れるための権限を GK-1 に求めます。

value RasMessage ::= admissionRequest : 
    {
 requestSeqNum 101
 callType pointToPoint : NULL
 callModel direct : NULL
 endpointIdentifier {"8261828000000003"} 
      destinationInfo
 {
 e164 : "1711"
 } 
      srcInfo
 {
 e164 : "1611",
 h323-ID: {"gw_2"}
 }
 srcCallSignalAddress ipAddress:
 {
 ip '0A34DA30'H
 port 1100
 }
 bandWidth 640
 callReferenceValue 7
 nonStandardData
 {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0
 manufacturerCode 18
 }
 data '80000008200A1046585320312F312F31'H 
      }
 conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H
 activeMC FALSE
 answerCall TRUE
 canMapAlias TRUE
 callIdentifier
 { 
        guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
 }
 willSupplyUUIEs FALSE 
    }


*Mar 2 14:28:15.191: RAS OUTGOING PDU ::=

!--- 権限が付与されました。

value RasMessage ::= admissionConfirm :
 {
 requestSeqNum 101
 bandWidth 640
 callModel direct : NULL
 destCallSignalAddress ipAddress :
 {
 ip '0A34DA31'H 
        port 1720
 }
 irrFrequency 240
 willRespondToIRR FALSE 
      uuiesRequested
 {
 setup FALSE
 callProceeding FALSE 
        connect FALSE
 alerting FALSE
 information FALSE
 releaseComplete FALSE
 facility FALSE
 progress FALSE
 empty FALSE 
      }
 }

ECV-2610-15#
ECV-2610-15#show gatek call
Total number of active calls = 1.
 GATEKEEPER CALL INFO 
                         ====================
LocalCallID Age(secs) BW
7-63391                            33 64(Kbps)
 Endpt(s): Alias E.164Addr CallSignalAddr  Port RASSignalAddr Port
 src EP: gw_2 1611  10.52.218.48 1720 10.52.218.48 59067
 dst EP: gw_1         1711 10.52.218.49 1720 10.52.218.49 58841

ECV-2610-15#ECV-2610-15#u all
All possible debugging has been turned off
ECV-2610-15#debug h225 asn1
H.225 ASN1 Messages debugging is on
*Mar 2 14:29:57.767: RAS INCOMING PDU ::=

!--- GK-1 は、コールが終了したことを示す通知を GW_1 から受け取ります。

value RasMessage ::= disengageRequest :
 { 
      requestSeqNum 105
 endpointIdentifier {"8261828000000003"} 
      conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H
 callReferenceValue 7
 disengageReason normalDrop : NULL
 callIdentifier
 { 
        guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
 }
 answeredCall TRUE 
    }

*Mar 2 14:29:57.779: RAS OUTGOING PDU ::=

!--- GK-1 はメッセージを確認します。

value RasMessage ::= disengageConfirm : 
    {
 requestSeqNum 105
 }

ECV-2610-15#u all
All possible debugging has been turned off

!--- コレクションが完了したとき、デバッグを常にオフにしておく 
!--- 必要があります。


-------------------------------------------------------------

!--- 終端ゲートウェイ GW_1 でのデバッグ。

ECV-2610-17#
ECV-2610-17#debug h225 asn1
H.225 ASN1 Messages debugging is on

*Mar 1 11:02:27: 
*Mar 1 11:02:27: H225.0 INCOMING PDU ::=

!--- 最初のメッセージは、GW_2 からの H225 コール セットアップです。

value H323_UserInformation ::=
 { 
      h323-uu-pdu
 {
 h323-message-body setup :
 { 
          protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 sourceAddress
 { 
            h323-ID : {"gw_2"}
 }
 sourceInfo
 { 
            gateway
 {
 protocol
 { 
                voice :
 {
 supportedPrefixes
 {?? 
                    {
 prefix e164 : "1#"
 } 
                  }
 }
 }
 }
 mc FALSE 
            undefinedNode FALSE
 }
 destinationAddress
 { 
            e164 : "1711"
 }
 activeMC FALSE 
          conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H
 conferenceGoal create : NULL
 callType pointToPoint : NULL
 sourceCallSignalAddress ipAddress :
 {
 ip '0A34DA30'H
 port 11001 
          }
 callIdentifier
 {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H 
          }
 fastStart
 {
 '0000000D4001800A040001000A34DA3043F3'H, 
            '400000060401004D40018011140001000A34DA30...'H
 }
 mediaWaitForConnect FALSE
 canOverlapSend FALSE
 }
 h245Tunneling FALSE 
        nonStandardControl
 {
?? 
          {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0
 manufacturerCode 18
 }
 data 'C00100028006000400000003'H 
          }
 }
 }
 }

*Mar 1 11:02:27: RAS OUTGOING PDU ::=

!--- GW_1 はコールを受け入れるための権限を GK-1 に求めます。

value RasMessage::= admissionRequest :
 {
 requestSeqNum 101
 callType pointToPoint : NULL
 callModel direct : NULL
 endpointIdentifier {"8261828000000003"}
 destinationInfo
 {
 e164: "1711"
 }
 srcInfo
 {
 e164 : "1611", 
        h323-ID : {"gw_2"}
 }
 srcCallSignalAddress ipAddress:
 {
 ip '0A34DA30'H
 port 11001
 }
 bandWidth 640
 callReferenceValue 7
 nonStandardData 
{
 nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0
 manufacturerCode 18
 }
 data '80000008200A1046585320312F312F31'H 
      }
 conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H
 activeMC FALSE
 answerCall TRUE
 canMapAlias TRUE
 callIdentifier
 { 
        guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
 }
 willSupplyUUIEs FALSE 
    }

*Mar 1 11:02:27: *Mar 1 11:02:27: RAS INCOMING PDU ::=

!--- 権限が付与されました。

value RasMessage ::= admissionConfirm:
 {
 requestSeqNum 101
 bandWidth 640
 callModel direct: NULL
 destCallSignalAddress ipAddress :
 {
 ip '0A34DA31'H 
        port 1720
 }
 irrFrequency 240
 willRespondToIRR FALSE 
      uuiesRequested
 {
 setup FALSE
 callProceeding FALSE 
        connect FALSE
 alerting FALSE
 information FALSE
 releaseComplete FALSE
 facility FALSE
 progress FALSE
 empty FALSE 
      }
 }


*Mar 1 11:02:27: H225.0 OUTGOING PDU ::=

!--- GW_1 は、callProceeding メッセージで GW-2 に応答します。

value H323_UserInformation::=
 {
 h323-uu-pdu
 {
 h323-message-body callProceeding:
 {
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 } 
          destinationInfo
 {
 mc FALSE
 undefinedNode FALSE
 }
 callIdentifier
 {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H 
          }
 fastStart
 {
 '0000000D40018011140001000A34DA314942000A...'H, 
            '400000060401004D40018011140001000A34DA30...'H
 }
 } 
        h245Tunneling FALSE
 }
 }

*Mar 1 11:02:27: H225.0 OUTGOING PDU ::=

!--- コール Progress が続きます。

value H323_UserInformation::=
 {
 h323-uu-pdu
 {
 h323-message-body progress:
 {
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 destinationInfo 
        {
 mc FALSE
 undefinedNode FALSE 
          }
 callIdentifier
 {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H 
          }
 }
 h245Tunneling FALSE
 nonStandardControl
 {
?? 
          {
 nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 { 
              t35CountryCode 181
 t35Extension 0
 manufacturerCode 18
 }
 data '60011000011E041E028188'H
 } 
        }
 }
 }
??
*Mar 1 11:02:29: H225.0 OUTGOING PDU ::=

!--- GW_1 は、コールを受け取ります。

value H323_UserInformation ::=
 { 
      h323-uu-pdu
 {
 h323-message-body connect :
 { 
          protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 destinationInfo
 { 
        gateway
 {
 protocol
 { 
                voice :
 {
 supportedPrefixes
 {?? 
        
                    {
 prefix e164 : "1#" 
                    }
 }
 }
 }
 } 
            mc FALSE
 undefinedNode FALSE
 }
 conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H
 callIdentifier
 { 
            guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
 }
 }
 h245Tunneling FALSE
 nonStandardControl
 {

??{ 
            nonStandardIdentifier h221NonStandard :
 {
 t35CountryCode 181
 t35Extension 0
 manufacturerCode 18 
            }
 data 'C00100028006000400000002'H
 }
 } 
      }
 }

ECV-2610-17#u all
All possible debugging has been turned off
ECV-2610-17#
ECV-2610-17#debug h225 asn1
H.225 ASN1 Messages debugging is on
ECV-2610-17#
*Mar 1 11:04:10: H225.0 OUTGOING PDU ::=

!--- GW_1 は、コールをドロップします。

value H323_UserInformation ::=
 {
 h323-uu-pdu
 {
  h323-message-body releaseComplete :
   {
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 } 
          callIdentifier
 {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H 
          }
 }
 h245Tunneling FALSE
 }
 }

??*Mar 1 11:04:10: RAS OUTGOING PDU ::=

!--- GW_1 は、コールが終了したことを GK-1 に通知します。

value RasMessage ::= disengageRequest :
 { 
      requestSeqNum 105
 endpointIdentifier {"8261828000000003"} 
      conferenceID 'F748749F163011CC801CC5F8EEB46E69'H
 callReferenceValue 7
 disengageReason normalDrop : NULL
 callIdentifier
 { 
        guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H
 }
 answeredCall TRUE 
    }

*Mar 1 11:04:10: H225.0 INCOMING PDU ::=

!--- GW_2 は、GW_2 側からコールをドロップします。

value H323_UserInformation ::=
 { 
      h323-uu-pdu
 {
 h323-message-body releaseComplete : 
        {
 protocolIdentifier { 0 0 8 2250 0 2 }
 callIdentifier 
        {
 guid 'F748749F163011CC801DC5F8EEB46E69'H 
          }
 }
 h245Tunneling FALSE
 }
 }


*Mar 1 11:04:10: RAS INCOMING PDU ::=

!--- GK-1 はメッセージを確認します。

value RasMessage ::= disengageConfirm :
 {
 requestSeqNum 105 
    }

u all
All possible debugging has been turned off

!--- コレクションが完了したとき、デバッグを常にオフにしておく
!--- 必要があります。 


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 21063