ダイヤルとアクセス : バーチャル プライベート ダイヤルアップ ネットワーク(VPDN)

RADIUS、TACACS+、および Cisco Secure ドメインの削除

2013 年 4 月 19 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 1 月 17 日) | フィードバック

概要

状況によっては、「@」記号を含むユーザ名(username@website.com)が Cisco IOS® ソフトウェアに送信される場合があります。この場合、着信ユーザからドメイン名を削除する必要があります。このような場合、ルータで directed-request を使用するか、サーバの Cisco Secure ソフトウェアを使用することで、削除を実行できます。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

RADIUS ドメインの削除

この構成例では、website.com という名前のドメインをホストしているルータを設定していると仮定します。RADIUS サーバの IP アドレスは 10.1.1.1 であるとします。


ip host website.com 10.1.1.1 
radius-server host 10.1.1.1 auth-port 1645 acct-port 1646
radius-server directed-request

注:radius-server directed-request コマンドは、Cisco IOS® ソフトウェア リリース 12.0(2)T で導入されました。

この設定を使用すると、user@website.com という名前の人物を認証する必要がある場合、directed-request コードはドメイン名を IP アドレスに解決しようとします。この場合、ローカル ip host 文により、website.com は IP アドレス 10.1.1.1 に解決されます。続いてルータは、解決された IP アドレスに関する radius-server host 行を調べ、ユーザ名 user に関する認証要求を RADIUS サーバに送信します。

TACACS+ ドメインの削除

次のコマンドを使用して、TACACS+ で同じプロセスを実行できます。


ip host website.com 10.1.1.1
tacacs-server host 10.1.1.1
tacacs-server directed-request

Cisco Secure ACS for Windows ドメインの削除

user@website.com からドメインを削除する必要がある場合、次の手順を実行するだけで、ユーザ名をユーザとして認証するように Cisco Secure NT を設定できます。

  1. [Interface Configuration] > [Advanced Options] に移動し、[Distributed System Settings] を選択し、[Submit] をクリックします。

    続いて、ドメインを削除されたユーザがこのサーバ以外のサーバに移動する必要がある場合は、次の手順を実行します。

    1. [Network Configuration] > [Network Device Groups] > [Add Entry] に移動し、認証、許可、およびアカウンティング(AAA)サーバを追加します。

    2. ターゲット上で [Network Configuration] > [Network Device Groups] に移動し、ソースを設定します。

  2. ソース上で、[Network Configuration] > [Distribution Table] > [Add Entry] に移動します。次のように設定します。

    • [Character String] フィールドに、ドメイン名(@website.com)を入力します。

    • [Position] プルダウン メニューから、[Suffix] を選択します([Prefix] を選択する場合もあります)。

    • [Strip] プルダウン メニューから、[Yes] を選択します

    • [AAA Server] リストから [Forward To] リストにサーバを移動します。ドメインを削除されたユーザ名がソース間を移動する場合(つまり、ソースとターゲットが同一の場合)、ソースが [Forward To] のサーバになります。ドメインを削除されたユーザ名がソースから別のターゲットに移動する場合、ターゲットが [Forward To] のサーバになります。

  3. [Submit] をクリックして、設定を保存します。

Cisco Secure UNIX ドメインの削除

ホーム ゲートウェイ アクセス コントロール サーバの [AAA] > [Domain] Web ページで、次の設定を行います。

  • [Domain Name]:website.com

  • [Delimiter]: @

  • [Domain Name Position]:After

  • [Domain Type]:Remote

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10148