ネットワーク管理 : ネットワーク モニタリング

コマンドライン インターフェイス(CLI)からの RMON アラームおよびイベント セッティング設定

2013 年 4 月 19 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 10 月 26 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、コマンドライン インターフェイス(CLI)からリモート モニタリング(RMON)アラームおよびイベントをルータに設定する方法について説明しています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

RMON は、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)に類似した方法で、ネットワーク デバイス インターフェイスまたはポートの統計情報を追跡します。

RMON 機能は、一般的に LAN スイッチ環境で有効で、Cisco IOS® ソフトウェア リリース 11.1 以降のアクセス ルータ(たとえば 2x00 シリーズ)で使用できます。トラフィックを確認する際に LAN 機器(ハブなど)へのアクセスができない場合のみ、リモート ルータに RMON を設定する必要があります。RMON では、SNMP 変数をアクティブに定期ポーリングする必要はありません。デバイスは必要な情報を保存し、この情報は定期的に RMON ネットワーク管理ステーションにダンプされます。

注:デフォルトで、すべてのスイッチはミニ RMON をサポートしているため、アラーム、イベント、統計情報、履歴情報をスイッチから直接受信します。他のすべての詳細情報をスイッチから受信するには、ネットワーク解析モジュール(NAM)が必要です。

イベントを設定する構文

Cisco IOS ソフトウェアでは、CLI から RMON アラームおよびイベントを設定できます。このセクションと次のセクションでは、必要なコマンドの構文について説明します。なお、コマンド名は eventTable および alarmTable で使用されるコマンド名と同一です。

1.3.6.1.2.1.16.9.1 
eventTable OBJECT-TYPE 

SYNTAX SEQUENCE OF EventEntry
MAX-ACCESS not-accessible
STATUS current
DESCRIPTION
           "A list of events to be generated."
::= { event 1 }

.1.3.6.1.2.1.16.3.1 
alarmTable OBJECT-TYPE 

SYNTAX SEQUENCE OF AlarmEntry
MAX-ACCESS not-accessible
STATUS current
DESCRIPTION
           "A list of alarm entries."
::= { alarm 1 }

構文

rmon event eventIndex [log] [trap eventCommunity] [description eventDescription] [owner eventOwner]

構文の説明

  1. event—RMON イベントを設定します。

  2. eventIndex—イベント番号(1–65535)

  3. log—(任意)イベントが発生したときに RMON ログを生成します。

  4. trap eventCommunity—(任意)指定した SNMP コミュニティ ストリングにおいて、イベントが発生したときに SNMP トラップを生成します。

  5. description eventDescription—(任意)イベントの単語または説明を指定します。

  6. owner eventOwner—(任意)イベントのオーナーを指定します。

  • log または trap オプションを指定しなかった場合、alarmTable オブジェクトの eventType (1.3.6.1.2.1.16.9.1.1.3) には none が設定されます。

  • log のみを指定した場合、eventType には log が設定されます。

  • trap のみを指定した場合、eventType には snmp-trap が設定されます。

  • logtrap の両方を指定した場合、eventType には log-and-trap が設定されます。

アラームを設定する構文

rmon alarm alarmIndex alarmVariable alarmInterval {absolute |delta} rising-threshold alarmRisingThreshold [alarmRisingEventIndex] falling-threshold alarmFallingThreshold [alarmFallingEventIndex] [owner alarmOwner]

構文の説明

  1. alarm:RMON アラームを設定します。

  2. alarmIndex:アラーム番号(1–65535)

  3. alarmVariable:モニタする MIB オブジェクト(WORD)

  4. alarmInterval:サンプル間隔(1–4294967295)

  5. absolute:各サンプルを直接テストします。

  6. delta:サンプル間の差分をテストします。

  7. rising-threshold:上昇しきい値を設定します。

  8. alarmRisingThreshold:上昇しきい値(-2147483648–2147483647)

  9. alarmRisingEventIndex:(任意)上昇しきい値を上回ったときに発生させるイベント(1–65535)

  10. falling-threshold:下限しきい値を設定します。

  11. alarmFallingThreshold:下限しきい値(-2147483648–2147483647)

  12. alarmFallingEventIndex:(任意)下限しきい値を下回ったときに発生させるイベント(1–65535)

  13. owner alarmOwner:(任意)アラームのオーナーを指定します(WORD)。

alarmVariable は、次のいずれかの方法で指定します。

  • 完全なドット付き 10 進記法で表記された抽象構文記法 1(ASN.1)のオブジェクト識別子(OID)(たとえば .1.3.6.1.2.1.2.2.1.10.1

  • 後ろにテーブル オブジェクト番号およびインスタンスを付与したテーブル エントリ名

    たとえば、最初のインスタンスに ifInOctets を指定するには、alarmVariableifEntry.10.1 を使用します。

このセクションの例で、「public」は読み取り専用(RO)の SNMP コミュニティ ストリングを示し、171.68.118.100 はトラップを受信するホストを示しています。

トリガーされたときにトラップを送信するイベントを設定するには、次のコマンドを発行します。


!--- 1 行に 1 つずつ、コマンドを入力します。


rmon event 3 log trap public 
     description "Event to create log entry and SNMP notification" 
     owner "jdoe 171.68 118.100 2643"

rmon alarm 2 ifEntry.10.12 30 delta 
     rising-threshold 2400000 3 falling-threshold 1800000 3 
     owner "jdoe 71.68 118.100 2643"

この例で、Cisco 2500 は、ifInOctets(ifEntry.10.1)をモニタしているアラームしきい値が絶対値 90000 を超えたときにトラップを送信し、イベントをログに記録するように設定されています。

snmp-server host 171.68.118.100 public

SNMP-server community public RO

rmon event 1 log trap public description "High ifInOctets" owner jdoe


!--- このコマンドは、1 行で入力してください。


rmon alarm 10 ifEntry.10.1 60 absolute 
     rising-threshold 90000 1 falling-threshold 85000 owner jdoe

モニタリングは 60 秒おきに動作し、下限しきい値は 85000 です。この例では、NetView 管理ステーションは次のトラップを受信しました。

router.rtp.cisco.com:
A RMON Rising Alarm:
Bytes received exceeded
  threshold 90000;

  VALUE=483123 (sample TYPE=1; alarm index=10)

ログに記録されたアラームおよびイベントを表示するには、次のコマンドを発行します。

  • show rmon events:ルータの RMON イベント テーブルの内容を表示します。このコマンドには引数やキーワードはありません。

    Router#show rmon events
    
    Event 12 is active, owned by manager 1
     Description is interface-errors
     Event firing causes log and trap to community public, last fired 00:00:00
    • Event 12 is active, owned by manager1:eventTable の一意なインデックス。RMON の eventTable で定義されているとおり、イベント ステータスがアクティブであることと、この行のオーナーを表しています。

    • Description is interface-errors:イベントのタイプ。この例では、インターフェイス エラーを表しています。

    • Event firing causes log and trap:ルータがこのイベントに関して行う通知のタイプ。RMON の eventType に相当します。

    • community public:SNMP トラップが送信される際に、このオクテット ストリングによって指定された SNMP コミュニティに送信されます。RMON の eventCommunity に相当します。

    • last fired:イベントが生成された最後の時刻。

  • show rmon alarms:ルータの RMON アラーム テーブルの内容を表示します。このコマンドには引数やキーワードはありません。

    Router#show rmon alarms
    
    Alarm 2 is active, owned by manager1
     Monitors ifEntry.1.1 every 30 seconds
     Taking delta samples, last value was 0
     Rising threshold is 15, assigned to event 12
     Falling threshold is 0, assigned to event 0
     On startup enable rising or falling alarm
    • Alarm2 is active, owned by manager1alarmTable の一意なインデックス。RMON の alarmTable で定義されているとおり、アラーム ステータスがアクティブであることと、この行のオーナーを表しています。

    • Monitors ifEntry.1.1:サンプリングされる特定の変数の OID。RMON の alarmVariable に相当します。

    • every 30 seconds:データをサンプリングし、上昇しきい値および下降しきい値と比較するインターバルを秒単位で表したもの。RMON の alarmInterval に相当します。

    • Taking delta samples:選択した変数をサンプリングし、しきい値に対して比較する値を計算する方法。RMON の alarmSampleType に相当します。

    • Last value was:最後のサンプリング期間の統計値。RMON の alarmValue に相当します。

    • Rising threshold is:サンプリングされる統計情報のしきい値。RMON の alarmRisingThreshold に相当します。

    • assigned to event:上昇しきい値を上回った際に使用される EventEntry のインデックス。RMON の alarmRisingEventIndex に相当します。

    • Falling threshold is:サンプリングされる統計情報のしきい値。RMON の alarmFallingThreshold に相当します。

    • Assigned to event:下限しきい値を下回った際に使用される EventEntry のインデックス。RMON の alarmFalllingEventIndex に相当します。

    • On startup enable rising or falling alarm:このエントリが最初に有効に設定された際に送信される可能性のあるアラーム。RMON の alarmStartupAlarm に相当します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 17428