音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Border Element

CUBE 9.0 ローカル トランスコードするインターフェイス(LTI)

2013 年 2 月 10 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2012 年 11 月 28 日) | フィードバック


目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
SCCP ベースにトランスコードすることとの比較
      サンプル オーディオトランスコーディング 設定
      登録を確認して下さい
Cisco サポート コミュニティ - 特集対話
関連情報

概要

インターフェイス(LTI)をトランスコードするローカルは最初に 15.1(1)S の集約サービス ルータ(ASR)プラットフォームで導入された Cisco Unified ボーダー要素(CUBE)トランスコーディング機能でした。 CUBE 9.0 から開始して、この機能は追加機能拡張の ISR G2 プラットフォームに追加されました。 LTI はデジタル信号プロセッサ(DSP)リソースにアクセスするために内部 API が含まれています。 この API は CME 設定および認可のための必要、また Skinny Client Control Protocol (SCCP)の使用をバイパスします。 LTI ベースおよび SCCP ベースにトランスコードすることが設定されるとき、LTI は優先します。

注: Hussain アリによって提供しまされる、Cisco TAC エンジニア

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • CUBE

  • ローカル トランスコードするインターフェイス(LTI)

  • SCCP

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unified ボーダー要素(CUBE)に 9.0 基づいています。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

SCCP ベースにトランスコードすることとの比較

CME/SCCP ベースにトランスコードすること LTI ベースにトランスコードすること
SCCP プロトコルはトランスコードすることのために使用される DSP リソースを制御するために使用されます。 内部 API がトランスコードすることのための DSP リソースにアクセスするのに使用されています。
リソース(DSPFARM)および CUBE をトランスコードすることは異なるプラットフォームである場合もあります。 同じプラットフォームであるリソース(DSPFARM)および CUBE 必要をトランスコードすること。
SCCP クライアント(SCCP CCM…) 設定がおよび SCCP サーバ(テレフォニーサービス)は DSPFARM プロファイル設定から離れて CUBE Ent 設定に設定必要となります。 DSPFARM プロファイル設定だけ必要となります。 CUBE Ent と使用されたとき SCCP 設定がおよび CUCME 設定は必要となりません。
DSPFARM は SCCP を使用して TCP ソケット上の CUCME と登録します。 TCP ソケットは開かないし、登録は使用されません。
DSPFARM プロファイルは CLI を使用して SCCP に関連付けられます。
dspfarm profile <tag> transcode
associate application sccp
SSPFARM プロファイルは新規アプリケーション型「CUBE」に関連付けられます
dspfarm profile <tag> transcode
associate application cube
高性能のための CLI によって有効に される必要をトランスコードする高密度。 高密度トランスコードすることはトランスコーダを通ってフローです。 本来高密度および常にフロー。 高密度にトランスコードすることのパフォーマンスと一致します。 機能を通したすべてのフローは呼び出しをトランスコードすることでサポートされます。
SRTP –トランスコーダを使用して RTP は暗号 PKI トラストポイントの設定が SCCP サーバの TLS 接続を確立するように要求します。 SRTP-RTP 呼び出しに暗号 PKI トラストポイントの設定が必要となりません。

サンプル オーディオトランスコーディング 設定


! Enable CUBE

voice service voip
allow-connections sip to sip
allow-connections h323 to h323
allow-connections h323 to sip
allow-connections sip to h323


!--- This example shows a dspfarm profile configuration with the associated application CUBE for LTI transcoding.

codec g729ar8
codec g729br8
codec g711alaw
codec g711ulaw
codec g729r8
maximum sessions 12
associate application CUBE


!--- Only Dspfarm profile configurations are needed for LTI based transcoding. All the sccp based
 transcoding features will be supported with LTI based transcoding.


登録を確認して下さい

CUBE#show dspfarm profile 1

Dspfarm Profile Configuration

 Profile ID = 1, Service =Universal TRANSCODING, Resource ID = 1 

 Profile Description : 

 Profile Service Mode : Non Secure

 Profile Admin State : UP


!--- Profile 1 is ACTIVE


 Profile Operation State : ACTIVE 


!--- Profile 1 (LTI) is associated with CUBE application


 Application : CUBE   Status : ASSOCIATED 

 Resource Provider : FLEX_DSPRM   Status : UP

 Number of Resource Configured : 12

 Number of Resources Out of Service : 0

 Number of Resources Active : 0

 Codec Configuration: num_of_codecs:5

 Codec : g729ar8, Maximum Packetization Period : 60

 Codec : g729br8, Maximum Packetization Period : 60

 Codec : g711alaw, Maximum Packetization Period : 30

 Codec : g711ulaw, Maximum Packetization Period : 30

 Codec : g729r8, Maximum Packetization Period : 60

Cisco サポート コミュニティ - 特集対話

Cisco サポート コミュニティでは、フォーラムに参加して情報交換することができます。現在、このドキュメントに関連するトピックについて次のような対話が行われています。


関連情報


Document ID: 115018