Cisco インターフェイスとモジュール : Cisco ASA Content Security and Control(CSC)セキュリティ サービス モジュール

ASA CSC セキュリティ サービス モジュールのライセンス更新方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2013 年 7 月 12 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、Cisco ASA Content Security and Control(CSC)Security Services Module でライセンスを更新する方法について説明します。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

注: シスコ TAC エンジニア、マグナス・モーテンセン寄稿。

Q. ASA CSC セキュリティ サービス モジュールのライセンス更新方法

A. ASA CSC Security Services Module でライセンスを更新するには、次の手順を実行します。

  1. 適切な SKU を判別します。

    ASA CSC Security Services Module でライセンスを更新するには、最初にライセンスに適した SKU を判別する必要があります。 次の CSC モジュール JAB101900KH ライセンス画面の例について考えてみます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/interfaces-modules/asa-content-security-control-csc-security-services-module/115748-01.png

    この例では、500 人のユーザに対応した CSC-10 モジュールでの BASE ライセンスと PLUS ライセンスが示されています。 適切な更新を選択するには、シート数とモジュール タイプを突き合わせて、更新するライセンス(BASE または PLUS、あるいは両方)を決定する必要があります。

    例として次の SKU を使用します。 L-ASACSC10-500UP1Y または ASA-CSC10-500UP-1Y

    次の表に、更新の特性を決定する SKU の要素を示します。

    SKU の要素

    説明

    10

    CSC モジュール CSC-SSM-10 を特定します。

    500

    モジュールのシート数を特定します。

    U

    BASE ライセンスのみを更新します。

    P

    PLUS ライセンスのみを更新します。

    1Y

    ライセンスを現在の有効期限から 1 年間延長します。

    注: SKU には、U または P、あるいはその両方が含まれていることがあります。 SKU に U のみが表示される場合、BASE ライセンスのみを更新します。 P のみが表示される場合、PLUS ライセンスのみを更新します。

    入手可能な更新 SKU のリストについては、『Electronic License Delivery(ELD)SKU』の「Cisco ASA 5500 シリーズ Content Security の更新」セクションを参照してください。

  2. 適切な SKU を判別したら、アカウント チームの販売代理店から SKU を購入します。 いずれかの更新 SKU の購入後に、一意の PAK 番号を受け取ります。

  3. PAK 番号を受け取ったら、Cisco の Product License Registration登録ユーザ専用)Web ページに入力します。

  4. Cisco の Product License Registration登録ユーザ専用)Web ページ内で画面の指示に従って、要求されたら CSC シリアル番号を指定します。

  5. プロセスが完了したら、モジュール インターフェイスを開き、ライセンスの [Check Status Online] をクリックします。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 115748