スイッチ : Cisco Nexus 1000V シリーズ スイッチ

Nexus 1000v 問題をデバッグする vemlog の使用

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Nexus 1000v の仮想 な イーサネットモジュール(VEM)部分にトラブルシューティングで助けるのに使用できる組み込み debug コマンドがあります。 これらの vemlog コマンドはどんなへのコマンドを送信し、どのような応答を受け取っているか、VEM のどんなある特定のプロセスがしているか把握を与えます。 たとえば、それらをこの場合使用するかもしれません:

  • LACP port-channel は Nexus 1000v とアップストリーム スイッチの間でアップしていません。 問題を狭めるのにアップストリーム スイッチのホストおよび「デバッグ」の「vemlog」の組み合せを利用します。

  • QoS は正しくはたらかなくて、VEM が値を正しく設定 して いることを確認したいと思います。

  • VSM-VEM 通信への変更を見たいと思います。

これらのコマンドを実行するためのもっとも一般的な 使用例は LACP をデバッグしています。 アップストリーム スイッチのデバッグ モジュール「sflacp」および「デバッグ lacp を使用する」どのデバイスが故障している、または 2 つのデバイス間のリンクが LACP BPDU を廃棄すればか検出することができます。

デフォルトレベルに通常十分な情報があります従ってログは追加デバッグをつけないで集められ、分析することができます。

注: クリストファー ブラウンによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

vemlog コマンドの実行

これらのコマンドの構文についての質問があれば ESXi CLI の「vemlog」を入力し、ヘルプ出力を表示されることができます。 あります完全な No タブがまたは「か」。 これらのコマンドのため。 十分にそれらを入力して下さいか、または正しくはたらきません。 vemlog を実行するために次のいずれかを必要とするように命じます:

  • 疑わしい ESXi ホストへの SSH/local コンソールアクセス。 SSH アクセスは容易にバックアップをスクロールできるので望ましいです。

  • VSM およびモジュールへの SSH/local コンソールアクセスは VSM でアクティブでなければなりません。 再度 SSH アクセスは望ましいです。 #実行するモジュール vem と各コマンドに前書きする必要があるこの方式を使用していれば、# VEM のモジュール番号があるところ。

Vemlog デバッグレベル

VEM の Vemlog は正常なスイッチの syslog に類似したです。 正常なスイッチのように、重大度があります:

e – Error 
n – Notification
w – Warning
i – Information
d – Debug
p – Print
t – Temporary

これは最も厳しいから最少へのランク付けされます(ずっと詳細を出力するより少なく厳しいメッセージと)。 デフォルトで vemlog は ENW (警告するエラー、通知)に設定 されます。

ステップ 1: 現在のキャプチャ設定をクリアする方法

個別 の 問題点をデフォルト キャプチャをディセーブルにするために解決するためにそれは貴重です。

vemlog stop
vemlog clear
vemlog debug all none

これらのコマンドは起こっている、ためにリセットしましたキャプチャ設定をブランクにするために vemlog を停止し現在の vemlog コマンドを。 次のコマンドでこれを確認できます:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115761-vemlog-debug-nexus-01.gif

ここに見るように、vemlog show debug コマンドは現在のデバッグ設定を表示する。 「印刷」のすべてのモジュールのためのデフォルトは 0、または印刷です。

ステップ 2: vemlog キャプチャ パラメータの設定

から開始するべきまっさらな状態があるのでそれはキャプチャ するためにクッキーを設定 する時間です。 この例に関しては、一般のポート ログはキャプチャ されます:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115761-vemlog-debug-nexus-02.gif

そこの第 2 コマンドにこの構文があります:

vemlog debug [module|all] [-][all|none|default|e|w|n|i|d|p|t]

「debug_module」が vemlog パッケージである一方、キャプチャ したいと思います。 通常「デバッグ」はトラブルシューティングのため十分です。

コマンドに[-デバッグ レベルはそのモジュールのために取除かれること]追加すれば。 このスクリーン ショットにこれの例があります:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115761-vemlog-debug-nexus-03.gif

vemlog show debug コマンドですべての利用可能 なデバッグ モジュールを表示できます。

監視するために実装する規定 したらそして vemlog start コマンドで vemlog を開始して下さい:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115761-vemlog-debug-nexus-04.gif

ステップ 3: 出力の表示

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115761-vemlog-debug-nexus-05.gif

ログを調べて準備ができていたら vemlog を示しますすべてのコマンドを発行して下さい。 これはコンソール印刷します(または SSH セッション)にすべての Log エントリを。 ホストに直接接続されれば以降それをコピーし、分析できるようにまたファイルにこれを送信できます:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115761-vemlog-debug-nexus-06.gif

/vmfs/volumes/ [datastore_name]ディレクトリにこのファイルを移動すれば ESXi のデータストア ブラウザを使用してホストを離れてそれを移動できます。

vemlog はまた vmkernel ログで保存されます。

ステップ 4: 正常なログ レベルへの vemlog を復元する

~ # vemlog stop
Suspended log
~ # vemlog clear
Cleared log
~ # vemlog debug all default
~ # vemlog start
Started log

これらのコマンドは標準の設定に vemlog を復元する。 これはデバッグ情報が未来の問題のためにきちんとキャプチャ されるようにして重要です。

vemlog が vmkernel ログおよび vemlog のバッファで両方保存されるので、特に話好きなデバッグは不必要な情報と特にイネーブルのままになれば両方にあふれることができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 115761