サーバ - ユニファイド コンピューティング : Cisco UCS B シリーズ ブレード サーバ

UCS SAN のトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はユニファイド コンピューティング システム(UCS)に有用なトラブルシューティング に 役立つ ヒントを SAN 提供したものです。

注: ミハエル タオによって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

Cisco は UCS SAN のナレッジがあることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

トラブルシューティングのヒント

チェック vHBA に SAN ファブリックに FLOGI があります。

  1. UCS CLI にログオンし、NXOS に接続して下さい。

    # connect nxos a|b
    (nxos)# show npv flogi-table

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-01.gif

    WWPN の FCID が割り当てられ、VSAN が正しいことを確かめて下さい。

  2. また WWPN に FLOGI があることを、Cisco MDS スイッチから、確認して下さい。

    SV-35-06-MDS9222i# show flogi database
    SV-35-06-MDS9222i# show fcns database

vHBA(WWPN)およびストレージ ターゲットがオンラインおよび同じゾーンにであることを MD スイッチのゾーニングを確認して下さい。

SV-35-06-MDS9222i# show zoneset active vsan 1000

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-02.gif

vHBA が SAN の間のターゲットが起動することを見る場合があるかどうか確認して下さい。

UCS マネージャでブレードが SAN から起動することができればそして UCS マネージャ「実際のブート順序」はすべてのターゲットの WWPN を見られますはずです。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-03.gif

ブレードを起動した場合、BIOS を入力し、ブート マネージャにナビゲート するために F2 を押して下さい。 BIOS は起動するために LUN を見られますはずです。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-04.gif

PALO アダプタの場合 vHBA に FLOGI および PLOGI があるかどうか確認するために、この段階で(OS がまだ開始しなかったら)、またアダプタに接続できます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-05.gif

OS が起動することを持っていた後出力は異なっています。 これは予想どおりの結果です。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-06.gif

M71KR-E アダプタに関しては、サーバを起動した場合、Emulex HBA コンフィギュレーションユーティリティを入力する制御 + E を押して下さい。 それから、vHBA を選択し、ブーティング デバイスをリストして下さい。 vHBA はターゲットを見られますはずです。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-07.gif

vHBA に SAN から起動する権限 LUN ID があるかどうか確認して下さい。

サービス プロファイルと関連付けられるブート ポリシーにブーティング 設定があります。 ターゲットの WWPN が正しいまた LUN ID 一致しますストレージで定義される LUN とことを確かめれば。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-08.gif

例は EMC ストレージのために次にあります。 ストレージ グループでは、LUN 1301 はブート ポリシーで定義される ID を一致する必要がある ID 0 のホストにマッピング されます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-09.gif

FC ターゲットが vHBA(WWPN)を見る場合があるかどうかターゲットに PLOGI があるかどうか確認すれば。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-10.gif

Cisco が SAN のために ESXi イメージを使用される起動するカスタマイズしたかどうか確認して下さい。

vHBA はブート ステージの間に LUN を見る間、SAN の LUN を見 ESXi が損えば、本当らしいです ESXi イメージ持っていません右のドライバを。 顧客が ESXi Cisco によってカスタマイズされるイメージを使用しているかどうか確認して下さい。 VMware Webサイトに行き、「Cisco ESXi」を Cisco によってカスタマイズされるイメージをダウンロードするために捜して下さい。

Cisco は ESXi 5.1.0 のためのイメージをカスタマイズしました

https://my.vmware.com/web/vmware/details?downloadGroup=CISCO-ESXI-5.1.0-GA-25SEP2012&productId=285

Cisco は ESXi のためのイメージを 5.0.0 U1 カスタマイズしました

https://my.vmware.com/web/vmware/details?downloadGroup=CISCO-ESXI-5.0.0-U1-28AUG2012&productId=268

Cisco は ESXi のためのイメージを 4.1 U2 カスタマイズしました

https://my.vmware.com/web/vmware/details?downloadGroup=OEM-ESXI41U2-CISCO&productId=230

C220 M3 サーバ、CIMC の vSphere 5.0 Rollp ISO イメージ(ESXi インストール可能な ISO イメージを提供します VMware パートナーが生成 するさまざまな製品のためのドライバが含まれている)、たとえば 1.46c および LSI 9266-8i。 ESXi カスタマイズされたイメージに局部記憶装置を検出する ドライバがありません。

https://my.vmware.com/web/vmware/details?downloadGroup=ROLLUPISO_50_2&productId=229

また、巻き上げリリース ノートを参照して下さい

http://www.vmware.com/support/vsphere5/doc/vsphere-esxi-50-driver-rollup2-release-notes.html

ESXi が同じ正しい fnic ドライバを使用しているかどうか確認して下さい。

ESXi ホストに SSH および ESX シェルおよびログオン有効に して下さい。 それから、vmkload_mod を– fnic s 実行して下さい。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/servers-unified-computing/ucs-b-series-blade-servers/115764-ucs-san-tshoot-11.gif

ホストが VMware ESXi からのストレージ ターゲットにすべてのパスを見る場合があるかどうか確認して下さい。

  1. あらゆる vHBA によって見られる場合がある LUN 情報をチェックして下さい。

    ~ # esxcfg-scsidevs -c
    Device UID                            Device Type      Console 
    Device                                 Size             Multipath PluginDisplay Name
    naa.6006016081f0280000e47af49150e111  Direct-Access    /vmfs/devices/disks/naa.60060
    16081f0280000e47af49150e111  40960MB   NMP     DGC Fibre Channel Disk (naa.600601608
    1f0280000e47af49150e111)
    naa.6006016081f028007a6ffec12985e111  Direct-Access    /vmfs/devices/disks/naa.600601
    6081f028007a6ffec12985e111  51200MB   NMP     DGC Fibre Channel Disk (naa.6006016081f
    028007a6ffec12985e111)
    naa.6006016081f02800ca79c3b09150e111  Direct-Access    /vmfs/devices/disks/naa.600601
    6081f02800ca79c3b09150e111  10240MB   NMP     DGC Fibre Channel Disk (naa.6006016081f
    02800ca79c3b09150e111)
  2. どの vHBA がどの LUNs か見る場合があるかチェックして下さい。

    ~ # esxcfg-scsidevs -A
    vmhba1      naa.6006016081f0280000e47af49150e111
    vmhba1      naa.6006016081f028007a6ffec12985e111
    vmhba1      naa.6006016081f02800ca79c3b09150e111
    vmhba2      naa.6006016081f0280000e47af49150e111
    vmhba2      naa.6006016081f028007a6ffec12985e111
    vmhba2      naa.6006016081f02800ca79c3b09150e111

    この上述の例では、vmhba1 および vmhba2 は両方 3 LUNs を見る場合があります。

  3. LUNs にパスをチェックして下さい。

    ~ # esxcfg-mpath -b
    naa.6006016081f0280000e47af49150e111 : DGC Fibre Channel Disk (naa.6006016081f02800
    00e47af49150e111)
       vmhba1:C0:T0:L1 LUN:1 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:3f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:6a:
       44:60:44:fa
       vmhba1:C0:T1:L1 LUN:1 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:3f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:62:
       44:60:44:fa
       vmhba2:C0:T0:L1 LUN:1 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:2f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:60:
       44:60:44:fa
       vmhba2:C0:T1:L1 LUN:1 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:2f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:68:
       44:60:44:fa
    
    naa.6006016081f028007a6ffec12985e111 : DGC Fibre Channel Disk (naa.6006016081f028007a
    6ffec12985e111)
       vmhba1:C0:T0:L3 LUN:3 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:3f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:6a:
       44:60:44:fa
       vmhba1:C0:T1:L3 LUN:3 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:3f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:62:
       44:60:44:fa
       vmhba2:C0:T0:L3 LUN:3 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:2f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:60:
       44:60:44:fa
       vmhba2:C0:T1:L3 LUN:3 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:2f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:68:
       44:60:44:fa
    
    naa.6006016081f02800ca79c3b09150e111 : DGC Fibre Channel Disk (naa.6006016081f02800ca
    79c3b09150e111)
       vmhba1:C0:T0:L0 LUN:0 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:3f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:6a:
       44:60:44:fa
       vmhba1:C0:T1:L0 LUN:0 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:3f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:62:
       44:60:44:fa
       vmhba2:C0:T0:L0 LUN:0 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:2f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:60:
       44:60:44:fa
       vmhba2:C0:T1:L0 LUN:0 state:active fc Adapter: WWNN: 20:00:00:25:b5:a0:05:0f WWPN:
       20:00:00:25:b5:b0:05:2f  Target: WWNN: 50:06:01:60:c4:60:44:fa WWPN: 50:06:01:68:
       44:60:44:fa

    この例では、各 LUN へ 4 つのパスがあります: vmhba1 からの 2 および vmhba2 からの 2。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 115764