クラウドおよびシステム管理 : Cisco Prime Infrastructure

Cisco Prime Infrastructure(仮想マシンのみ)のパスワード回復

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に(すなわち、Cisco Prime Infrastructure サーバのリセット)管理者 パスワードを回復 する方法を記述されています。 それは Cisco Prime Infrastructure バージョン 1.2 および それ 以降に適用します。 ここに与えられるプロシージャは顧客提供 ハードウェアだけで仮想マシン(OVAs)としてインストールされるサーバのためです。 アプライアンスのための別途のプロシージャがあります

はじめに

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

表記法

文書 の 表記法に関する詳細については、Cisco 技術的な TipsConventions を参照して下さい。

手順

次のプロシージャは顧客 ハードウェアでインストールされる仮想マシン(OVAs)の Cisco Prime Infrastructure サーバ管理者 パスワードを変える方法を説明します。

管理者パスワードを変えることができる前にソフトウェアのバージョンのために適切なインストール ISO イメージのコピーを持たなければならないこのイメージは VMware サーバから起動可能である必要がありますことに注目すれば。 次のステップはこの要件を満たす簡単 な 手順を組み込みます。

  1. 管理者パスワードを回復 するように試みる前に使用している Cisco Prime Infrastructure のバージョンのために適切なインストール ISO イメージのコピーを持たなければなりません。

    Cisco Prime Infrastructure ISO イメージ ファイルにバージョンが製品のバージョン番号である形式 NCS-APL-version-K9.iso があります。 次に、例を示します。 Cisco Prime Infrastructure バージョン 1.3 の最新バージョンを使用している場合、ISO イメージ ファイル NCS-APL-1.3.0.20-1-K9.iso のコピーがあるはずです。

    ISO イメージのコピーを持たない場合、次の通り Cisco.com からそれをダウンロードできます:

    1. http://software.cisco.com/download/navigator.html にブラウザをポイントして下さい。

    2. 「Cisco Prime Infrastructure」を捜すのに検索ボックスを使用して下さい。

    3. 結果リストから、使用しているソフトウェア バージョンを選択して下さい(たとえば、1.3) Cisco Prime Infrastructure

    4. ISO のリストおよびそのソフトウェア バージョンのための他のダウンロード可能 イメージ ファイルを表示するために主なインフラソフトウェアを選択して下さい。

    5. ページから ISO イメージをダウンロードして下さい。

  2. ISO イメージのコピーがあったら、仮想マシンのデータストアにそれを、次の通りアップロードして下さい。 vSphere コンポーネント、データストアまたはオブジェクト機能にアクセスできなかったら、VMware 管理者に相談して下さい。 また vSphere クライアントから ESX に直接アクセスすることを避ける必要があります。

    1. vSphere コンポーネントで、データストアをクリックして下さい。

    2. オブジェクトでファイルをアップロードするデータストアを記録して下さい、選択して下さい。

    3. データストア ファイル ブラウザ アイコンにナビゲートをクリックして下さい。

    4. もし必要なら、作成を新しいフォルダー アイコン クリックし、新しいフォルダーを作成して下さい。

    5. 既存のフォルダを選択して下さい、アップ ロードを File アイコン作成しか、または選択しフォルダをクリックして下さい。

      クライアント 統合 アクセスコントロール ダイアログボックスが現われる場合、プラグインがオペレーティング システムにアクセスし、ファイル アップロードを続行するように割り当てをクリックして下さい。

    6. ローカル コンピュータで、ファイルを見つけ、それをアップロードして下さい。

    7. リストのアップロードされたファイルを見るためにデータストア ファイル ブラウザをリフレッシュして下さい。

  3. データストアにアップロードされて ISO イメージが次の通り、それにデフォルト ブートイメージをして下さい:

    1. VMware vSphere クライアントを使用する、展開された OVUM を右クリックし、電源を > シャットダウンされたゲスト選択して下さい。

    2. > ハードウェア 『Edit Settings』 を選択 し、そして CD/DVD ドライブ 1.を選択して下さい

    3. デバイスの種類の下で、データストア ISO ファイルを選択し、そしてデータストアにアップ ロードした ISO イメージ ファイルを選択するのに Browse ボタンを使用して下さい。

    4. 装置状態の下で、電源で『Connect』 を選択 して下さい。

    5. Options タブをクリックし、ブート オプションを選択して下さい。 力 BIOS セットアップの下で、時間 VM を起動します BIOS セットアップスクリーンに、Force エントリ 『Next』 を選択 して下さい。 これは仮想マシンを再起動する場合仮想マシン BIOS からのブートを強制します。

    6. [OK] をクリックします。

    7. VMware vSphere クライアントでは、展開された OVUM を右クリックし、電源 > 電源を選択して下さい。

    8. BIOS Setup メニューでは、上にデバイスおよび移動 DVD/CDROM のブート順序を制御するオプションを見つけて下さい。

  4. Cisco Prime Infrastructure サーバ 管理 パスワードを休息させるために下記のステップに従って下さい:

    1. BIOS 設定を保存し、BIOS Setup メニューを終了して下さい。 仮想マシンは ISO イメージから起動し、ブート オプションのリストを表示する。

    2. コンソールによってアクセスする場合キーボードを使用していて、OVUM にアクセスするために監視したらまたは 4 つを入力して下さい 3 つ。 vSphere クライアントは管理者ユーザ ユーザー名のリストを表示する。

    3. パスワードを回復 したいと思う admin ユーザ名の隣で示されている数を入力して下さい。

    4. 新しいパスワードを入力し、第 2 エントリと確認して下さい。

    5. 変更および再度ブートするを保存するために Y を入力して下さい。

    6. VM がリブートしたら: vSphere クライアントで、CD アイコンをクリックし、ISO イメージを『Disconnect』 を選択 して下さい。

    7. 新しい管理者パスワードでログインに試みて下さい。 ログインに正常にできるはずです。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 115609