スイッチ : Cisco Nexus 1000V シリーズ スイッチ

VM トラフィック固定方法の決定

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は VMWare vSwitch/分散スイッチと Cisco Nexus 1000v で両方をピンで止める Virtual Machine (VM)についての情報および例を提供したものです。 どのアップリンクを VM がトラブルシューティングおよび設計面の通信のために、使用しているか理解することは重要です。

VMWare vSwitch は両方とも/ハッシュを用いるスイッチおよび Nexus 1000v サポート リンク 集約を配りましたり、また特定のポートにピンで止めました。 、vDS サポート LACP、また「ルートのような他のメソッドは vSphere 5.1 から開始して、IP ハッシュ」を基づかせていました。 Cisco Nexus 1000v は」をポート チャネルの LACP および「モード サポートします。

アップリンクにピンで止めるハードな VM は「Cisco Nexus 1000v で vSwitch および「MAC ピンで止めること」の仮想ポート ID に」基づいてルートとして知られています。 この資料はどのアップリンクを VM が通信のために使用しているか判別によってガイドします。

注: Joey Ristaino および Shankar Prasath によって貢献される、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • VMWare ESX (i)

  • Cisco Nexus 1000v

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

コマンド

vSwitch か vDS を使用し、VMWare ESX の CLI から esxtop コマンドを実行して下さい(i)ホスト。 それから、ネットワーキング セクションに到達するために n を押して下さい:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115762-vm-traffic-pinned-01.gif

この出力に基づいて USED-BY カラムおよび vmnic の仮想マシンが TEAM-PNIC カラムでそれ使用していることを見ることができます。 ハッシュアルゴリズムが使用されたら TEAM-PNIC カラムで「すべてが」表示されます。

Cisco Nexus 1000v が使用される場合、コマンドは異なっています。 ESX の CLI から(i)ホストは、vemcmd show port コマンドを実行します。 MAC ピンで止める設定では、vmnic それぞれユニークな小群 ID (SGID)は割り当てられます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115762-vm-traffic-pinned-02.gif

この出力は vmnic に VM のための SGID マッピングを示したものです。 vmnic の SGID と VM の SGID を調和させることは vmnic 通信のために仮想マシン使用していることを示します。 LACP か手動ポート チャネルが使用される場合、すべてのための SGIDs はユニークです。

vemcmd show port VLAN の実行によって、vmnics 命じれば VM は転送している VLAN を表示する。 これは解決するときまた役立ちます。 許可された VLAN リストはその特定の Local Target Logic (LTL)のために転送している VLAN を表示する。 把握するためどの VM 名前がに、vemcmd show port コマンドの上記の出力を見るか LTL がマッピング する。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115762-vm-traffic-pinned-03.gif

以下は VSM からホスト CLI アクセスが利用できない場合同様に実行することができます:

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/switches/nexus-1000v-switch-vmware-vsphere/115762-vm-traffic-pinned-04.gif

また、VM の MAC アドレスをアップストリーム スイッチの MACアドレステーブルの中から探して下さい。 これはまたポートのスイッチが MAC アドレスを学習していることを知らせることができます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 115762