ワイヤレス : Cisco Aironet 1522 Lightweight Outdoor Mesh Access Point

リリース 5.2 以降のワイヤレス LAN コントローラのメッシュ ネットワークの設定例

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は方法で基本設定例を Ciscoワイヤレス LAN コントローラ リリース 5.2 と それ以降からのメッシュ ネットワーク ソリューションを使用してポイントツーポイントワイヤレス ブリッジ配置モードを設定する提供したものです。

と WLC リリース 5.1 およびそれ以前の設定例のためのワイヤレス LAN コントローラ メッシュ ネットワーク 設定例を参照して下さい。

この例では、2 つの Lightweight Access Point(LAP; Lightweight アクセス ポイント)が使用されています。 1 LAP はルートアクセス アクセス・ポイント(RAP)としてメッシュ アクセス ポイント(MAP)として、他の LAP 操作します動作し、それらは Ciscoワイヤレス LAN コントローラ(WLC)に接続されます。 RAP は Cisco Catalyst スイッチを介して WLC に接続されています。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • LAP および Cisco WLC の設定に関する基本的な知識

  • コントロールの基本的な知識およびワイヤレスアクセスポイント(CAPWAP)のプロビジョニング

  • 外部 DHCP サーバおよび Domain Name Server(DNS; ドメイン ネーム サーバ)のどちらかまたは両方の設定に関する知識

  • Cisco スイッチの設定に関する基礎知識

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco 5508 WLC ファームウェア 7.2.110.0 を実行する

  • Cisco Aironet 1520 シリーズ軽量屋外アクセス ポイント

  • Cisco レイヤ 2 スイッチ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Cisco Aironet 1520 シリーズ軽量屋外メッシュ AP

Cisco Aironet 1520 シリーズ メッシュ アクセス ポイントは多様なアプリケーションをサポートするように設計されています。

2.4 ギガヘルツ無線はクライアントアクセスのために使用されるが、1524SB にメッシュ ネットワークを通したバックホール トラフィックに 2 つの 5 ギガヘルツ無線が使用されますあります。 ソフトウェアコンフィギュレーションとして、802.11a 無線はまたクライアントアクセスに使用することができます。 1524PS を使うと、5.8 ギガヘルツ無線は 2.4 ギガヘルツ無線および 4.9 ギガヘルツ無線はライセンスが不要な Wi-Fi および認可された公安 クライアントにアクセスを提供するが、ワイヤレス バックホールを提供します。

ルートアクセス アクセス・ポイント

ルートアクセス アクセス・ポイントにワイヤレス LAN コントローラに有線ネットワークに有線接続が、たとえば、イーサネット バックホールあります。

メッシュ アクセス ポイント

メッシュ アクセス ポイントにワイヤレス LAN コントローラに無線接続があります。 マップは 802.11a 無線バックホール上の無線接続の使用と彼ら自身の中でおよび RAP に戻って通信します。 マップはコントローラへの他のメッシュ アクセス ポイントを通してベストパスを判別するために Cisco 適応性がある無線パス プロトコル(AWPP)を使用します。

このダイアグラムはメッシュ ネットワークで叩く音とマップ間の関係を示します。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/wireless/aironet-1522-lightweight-outdoor-mesh-access-point/113678-wlan-mesh-config-ex-01.gif

Cisco 適応性がある無線パス プロトコル ワイヤレス メッシュ ルーティング

Cisco 適応性がある無線パス プロトコル(AWPP)はワイヤレス メッシュ ネットワーキングのために特別に設計されています。 AWPP のパス の 決定はホップのリンク 品質および数に基づいています。

展開 の 容易さ、速やかな収束および最小リソースの消費はまた AWPP の主要部分です。

AWPP の目標は RAP のブリッジグループの一部の各 MAP のための RAP に戻ってベストパスを見つけ出すことです。 これをするために、MAP は隣接マップをアクティブに懇願します。 要請の間に、MAP は RAP に戻ってどのネイバーがベストパスを提供する、次にそのネイバーと同期します学びますか利用可能 な相手全員を、判別し。

メッシュ ネットワークでサポートされない機能

次の機能は、メッシュ ネットワークでサポートされていません。

  • 複数の国のサポート

  • ロード ベースの CAC —メッシュ ネットワークは帯域幅ベース、か静的だけ、CAC サポートします。

  • 高可用性(高速ハートビートおよびプライマリ検出 join タイマー)

  • EAP-FASTv1 および 802.1X 認証

  • EAP-FASTv1 および 802.1X 認証

  • ローカルで重要な証明書

  • ロケーション ベース サービス

設定

この項では、このドキュメントで説明する機能の設定に必要な情報を提供します。

注: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク構成図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/wireless/aironet-1522-lightweight-outdoor-mesh-access-point/113678-wlan-mesh-config-ex-02.gif

設定

WLC と AP をポイントツーポイントのブリッジング用に設定するには、次のステップを実行します。

  1. コントローラの MAC フィルタにメッシュ AP の MAC アドレスを追加して下さい。

  2. メッシュ アクセス ポイントのロールを(RAP か MAP)定義して下さい。

コントローラの MAC フィルタにメッシュ AP の MAC アドレスを追加して下さい

これは GUI 設定です。 次の手順を実行します。

  1. > AAA > MAC フィルタリング 『Security』 を選択 して下さい。 MAC フィルタリング ページは提示されます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/wireless/aironet-1522-lightweight-outdoor-mesh-access-point/113678-wlan-mesh-config-ex-03.gif

  2. [New] をクリックします。 MAC は > New ページ現われますフィルタリングします。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/wireless/aironet-1522-lightweight-outdoor-mesh-access-point/113678-wlan-mesh-config-ex-04.gif

  3. メッシュ アクセス ポイントの MAC アドレスを入力して下さい。 この例では、この MAC アドレスの AP を追加します: 00:1d:a1:cd:db:98 および 64:9e:f3:90:7a:ea

  4. Profile Name ドロップダウン リストから、WLAN を選択して下さい。

  5. Description フィールドでは、コントローラのメッシュ アクセス ポイントを特定するために説明を規定 して下さい。

  6. インターフェイス名 ドロップダウン リストから、メッシュ アクセス ポイントが接続することであるコントローラ インターフェイスを選択して下さい。 この例で、マネージメントインターフェイスを選択して下さい。

  7. [Apply] をクリックして、変更を確定します。 メッシュ アクセス ポイントは MAC フィルタリング ページの MAC フィルターのリストに今現われます。

  8. 変更を保存するには、[Save Configuration] をクリックします。

  9. リストへの第 2 メッシュ アクセス ポイントの MAC アドレスを追加するために前の手順を繰り返して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/wireless/aironet-1522-lightweight-outdoor-mesh-access-point/113678-wlan-mesh-config-ex-05.gif

構成 macfilter を MAC アドレスを追加するために追加します ap_mac wlan_id コマンドを MAC フィルタ発行して下さい。 この設定例では、両方のメッシュ アクセス ポイントの MAC アドレスを追加して下さい:

(Cisco Controller) >config macfilter add 00:1d:a1:cd:db:98  0
(Cisco Controller) >config macfilter add 64:9e:f3:90:7a:ea  0

メッシュ アクセス ポイントのロールを(RAP か MAP)定義して下さい

これは GUI 設定です。 次の手順を実行します。

  1. すべての AP ページを開くために『Wireless』 をクリック して下さい。

  2. アクセス ポイントの名前をクリックして下さい。 この例で、1524 ルートをクリックして下さい。 すべては AP > 詳細(概要)ページ現われます。

  3. メッシュ タブをクリックして下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/wireless/aironet-1522-lightweight-outdoor-mesh-access-point/113678-wlan-mesh-config-ex-06.gif

  4. ドロップダウン リスト AP ロールのから RootAP を選択して下さい。

  5. 変更を保存し、アクセス ポイントをリブートさせます『Apply』 をクリック して下さい。

  6. ステップ 1 に 5 を第 2 アクセス ポイントを、たとえば 1524 メッシュ、MeshAP で設定するために繰り返して下さい

構成 ap ロール{rootAP を発行して下さい | meshAP} Cisco_AP コマンド:

(Cisco Controller) >config ap role rootAP 1524-Root
(Cisco Controller) >config ap role meshAP 1524-Mesh

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

AP が WLC に登録されると、WLC の GUI の上部にある Wireless タブで AP を表示できるようになります。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/wireless/aironet-1522-lightweight-outdoor-mesh-access-point/113678-wlan-mesh-config-ex-07.gif

CLI では、show ap summary コマンドを使用して、AP が WLC に登録されたことを次のように確認できます。

(Cisco Controller) >show ap summary

>show ap summary

Number of APs.................................... 3

Global AP User Name.............................. admin
Global AP Dot1x User Name........................ Not Configured

AP Name             Slots  AP Model              Ethernet MAC       Location          Port  Country  Priority
------------------  -----  --------------------  -----------------  ----------------  ----  -------  ------
1524-Root            2     AIR-LAP1524SB-A-K9     00:24:14:45:92:92  default location  LAG      AU       4
1524SB               3     AIR-LAP1524SB-A-K9    00:24:f7:ae:00:00  default location  LAG      AU       4
1524-Mesh            2     AIR-LAP1524SB-A-K9     64:9e:f3:90:7a:ea  default location  LAG      AU       4
(Cisco Controller) >

CLI で、AP が WLC と登録したことを確認するために提示メッシュ ap ツリー コマンドを使用できます:

(Cisco Controller) >show mesh ap tree   


 =======================================================
||  AP Name [Hop Counter, Link SNR, Bridge Group Name] ||
 =======================================================

[Sector 1]
----------
!524-Root[0,0,default]
  |-1524-Mesh[1,77,default]

[Sector 2]
----------
1524SB[0,0,cisco]

----------------------------------------------------
Number of Mesh APs............................... 3
Number of RAPs................................... 2
Number of MAPs................................... 1
----------------------------------------------------

(Cisco Controller) >

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

メッシュ AP は WLC にですメッシュ配備で見られるもっとも一般的な問題の 1 つ関連付けません。 このチェックを完了して下さい:

アクセス ポイントの MAC アドレスが WLC の Mac フィルタリストに追加されることを確認して下さい。 これはセキュリティ > Mac フィルタリングで見られる場合があります。

MAP が WLC に接続されるまで、MAP のコンソールアクセスなしでは AWPP のチェック状態できません。

ブリッジグループ名前、か地理学に基づいて待たれた親を、知っていれば、WLC によって親にログイン することができ子 MAP が接続するように試みるかどうか見るためにいくつかの show および debug コマンドを発行します。

  1. メッシュ adj 子を示して下さい

  2. メッシュ adj 子をデバッグして下さい

メッシュ 状態マシンが完了したかどうか確認して下さい。

  • 最初に AP が親を見つけたかどうか、参照して下さい:

    1524-Mesh#show mesh status
     show MESH Status
     MeshAP in state Maint
     Uplink Backbone: Virtual-Dot11Radio0,  hw Dot11Radio2
     Configured BGN: Sr11-2106, Extended mode 0
     Children: Accept child
            rxNeighReq 0 rxNeighRsp 7115 txNeighReq 4688 txNeighRsp 0
            rxNeighRsp 55126 txNeighUpd 13770
            nextchan 0 nextant 0 downAnt 0 downChan 0 curAnts 0
            nextNeigh 3, malformedNeighPackets 0,poorNeighSnr 0
            excludedPackets 0,insufficientMemory 0, authenticationFailures 0
            Parent Changes 1, Neighbor Timeouts 2
            Vector through a8b1.d4d4.f100:
                    Vector ease 1 -1, FWD: 001d.a1cd.db98  
  • この MAP は示す Maint 状態にあります、親を見つけ、望ましい AWPP またはメッシュ状態にあることを。 親は MAC db98 の AP 終了です。

、発行します提示メッシュ 隣接関係 parent コマンドをメッシュ 隣接テーブルに親エントリがあればですチェックするもう一つの方法は。

この AP と親 AP 間の鍵交換が正常だった場合 ip address — IP アドレスがあるように示します確認して下さい。 IP アドレスがない場合、DHCPサーバをチェックして下さい。 この MAP だけ IP アドレスを得られなければが他がある場合、これは重要な問題である場合もあります。

トラブルシューティングのためのコマンド

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

注: debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

  • デバッグ capwap 詳細は enable —このコマンド CAPWAP メッセージのデバッグを示します。

  • デバッグ capwap イベントは enable — WLC コマンド 出力 LAP が WLC に登録されることを示します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113678