セキュリティ : Cisco ASA 5500-X シリーズ次世代型ファイアウォール

ASA の TCP 接続フラグ(接続の確立と解放)

2016 年 6 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2013 年 9 月 3 日) | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック

概要

このドキュメントでは、適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)TCP 接続のフラグに関する情報を提供します。

担当者、Jay Johnson、Cisco TAC エンジニア。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • TCP 通信プロトコルの基礎知識

  • ASA CLI の基本的な知識

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、ASA バージョン 8.4 に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

ASA の TCP 接続フラグ

適応性があるセキュリティ アプライアンス モデル(ASA)を通して TCP 接続を解決する時、各 TCP 接続のために示されている Connection フラグは ASA への TCP 接続の状態についての豊富情報を提供します。 この情報を使用して、ASA の問題、およびネットワークの別の場所の問題を解決できます。

show conn protocol tcp コマンドの出力は次のとおりです。これは ASA でのすべての TCP 接続の状態を示します。 この接続は、show conn コマンドでも調べることができます。

ASA# show conn protocol tcp
101 in use, 5589 most used
TCP outside 10.23.232.59:5223 inside 192.168.1.3:52419, idle 0:00:11, bytes 0, flags saA
TCP outside 192.168.3.5:80 dmz 172.16.103.221:57646, idle 0:00:29, bytes 2176, flags UIO
TCP outside 10.23.232.217:5223 inside 192.168.1.3:52425, idle 0:00:10, bytes 0, flags saA
TCP outside 10.23.232.217:443 inside 192.168.1.3:52427, idle 0:01:02, bytes 4504, flags UIO
TCP outside 10.23.232.57:5223 inside 192.168.1.3:52412, idle 0:00:23, bytes 0, flags saA
TCP outside 10.23.232.116:5223 inside 192.168.1.3:52408, idle 0:00:23, bytes 0, flags saA
TCP outside 10.23.232.60:5223 inside 192.168.1.3:52413, idle 0:00:23, bytes 0, flags saA
TCP outside 10.23.232.96:5223 inside 192.168.1.3:52421, idle 0:00:11, bytes 0, flags saA
TCP outside 10.23.232.190:5223 inside 192.168.1.3:52424, idle 0:00:10, bytes 0, flags saA

次の図は、TCP ステート マシンのさまざまな段階における ASA の TCP 接続フラグを示しています。 接続フラグは、ASA で show conn コマンドを使用して調べることができます。

TCP 接続フラグの値

さらに、可能性のある Connection フラグすべてを表示するために発行しますコマンド ラインの show connection detail コマンドを:

ASA5515-X# show conn detail
35 in use, 199 most used
Flags: A - awaiting inside ACK to SYN, a - awaiting outside ACK to SYN,
B - initial SYN from outside, b - TCP state-bypass or nailed,
C - CTIQBE media, c - cluster centralized,
D - DNS, d - dump, E - outside back connection, F - outside FIN, f - inside FIN,
G - group, g - MGCP, H - H.323, h - H.225.0, I - inbound data,
i - incomplete, J - GTP, j - GTP data, K - GTP t3-response
k - Skinny media, M - SMTP data, m - SIP media, n - GUP
O - outbound data, P - inside back connection, p - Phone-proxy TFTP connection,
q - SQL*Net data, R - outside acknowledged FIN,
R - UDP SUNRPC, r - inside acknowledged FIN, S - awaiting inside SYN,
s - awaiting outside SYN, T - SIP, t - SIP transient, U - up,
V - VPN orphan, W - WAAS,
X - inspected by service module,
x - per session, Y - director stub flow, y - backup stub flow,
Z - Scansafe redirection, z - forwarding stub flow

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 113602