音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity Connection Version 7.x

Unity Connection: SNMP モニタリングの設定例

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)モニタリングの Cisco Unity Connection のための管理情報ベース (MIB) トラップ パラメータを設定する方法を記述されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity Connection 7.x およびそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

SNMP MIB ID

SNMP 割り当ては階層的に編成される情報収集である MIB にアクセスします。 MIB はオブジェクト識別子によって識別される管理対象オブジェクトから成り立ちます。 管理対象装置の特定の特性が含まれている MIBオブジェクトは 1つ以上のオブジェクト インスタンス(変数)から成り立ちます。

SNMP MIB

SNMP インターフェイスは Cisco これらの標準MIB を提供します:

  • CISCO-CDP-MIB - Cisco Discovery Protocol MIB (CISCO-CDP-MIB)を読むために Cisco Unified Communications Manager CDP サブエージェントを使用して下さい。 この MIB はネットワークの他の Ciscoデバイスに彼ら自身をアドバタイズすることを Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unity Connection が可能にします。

  • CISCO-SYSLOG-MIB - Syslog は情報直通重要からのすべてのシステムメッセージを、トラッキングし、記録 します。 この MIB を使うと、ネットワーク 管理 アプリケーションは SNMPトラップとして syslog メッセージを受け取ることができます。

  • CISCO-UNITY-MIB - CISCO-UNITY-MIB は Cisco Unity Connection についての情報を得るために接続 SNMP エージェントを使用します。

  • CISCO-CCM-MIB - SNMP 農業相談員はサーバに住み、サーバに知られているデバイスについての詳細な情報を提供する CISCO-CCM-MIB を露出します。 クラスタ設定の場合には、SNMP 農業相談員はクラスタの各サーバに住みます。 CISCO-CCM-MIB はサーバ(にクラスタをサポートする)デバイス 登録ステータス、IP アドレス、説明およびモデルタイプのようなデバイス情報を設定のないクラスタ、提供します。

Cisco Unity Connection は CISCO-CCM-MIB を除いてこれらの MIB すべてをサポートします。

CISCO-UNITY-MIB トラップ パラメータを設定して下さい

接続 SNMP エージェントは Cisco Unity Connection アラームによってトラップ通知を、しかしトラップことができます引き起こす 有効に しません。 アラーム メッセージ 定義 画面の Cisco Unity Connection サービサビリティの Cisco Unity Connection アラーム 定義を表示できます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-connection-version-7x/113580-mib-01.gif

CISCO-SYSLOG-MIB トラップ パラメータを設定して下さい

システムの CISCO-SYSLOG-MIB トラップ設定を行うためにこれらのガイドラインを使用して下さい:

  • 設定 するために SNMP 集合操作を clogsNotificationEnabled 使用して下さい(1.3.6.1.4.1.9.9.41.1.1.2)本当に。 たとえば、Linux コマンド・ラインからの本当にこの OID を設定 するためにネット snmp 一定ユーティリティを使用して下さい:

    snmpset -c <community
       string> -v2c <transmitter
       ipaddress> 1.3.6.1.4.1.9.9.41.1.1.2.0 i 1
    

    また SNMP 集合操作のための他のどの SNMP 管理 アプリケ−ションも使用できます。

  • clogMaxSeverity (1.3.6.1.4.1.9.9.41.1.1.3)値を設定 するために SNMP 集合操作を使用して下さい。 たとえば、Linux コマンド・ラインからのこの OID 値を設定 するためにネット snmp 一定ユーティリティを使用して下さい:

    snmpset -c public -v2c 1<transmitter
       ipaddress> 1.3.6.1.4.1.9.9.41.1.1.3.0 i
       <value>
    
    
  • <value> 設定のための重大度数を入力して下さい。 重大度値は重大度低下として増加します。 1 という値は(緊急事態) 8 という最も高い重大度および値を(デバッグ)示します最も低い重大度を示します。 syslog エージェントは規定 する値より大きいメッセージを無視します。 たとえば、すべての syslog メッセージをトラップするために、8.という値を使用して下さい

SNMP コンフィギュレーションチェックリスト

これは SNMP を設定するのに必要とされるステップの外観です:

  1. SNMP NMS をインストールし、設定して下さい。

  2. コントロール センター-ネットワークサービス ウィンドウは、システムが SNMP サービスを開始したことを確認します。

  3. 自動的に Unity 接続 SNMP エージェント サービス アクティブ化。

  4. SNMP V1/V2c を使用している場合、コミュニティ ストリングを設定して下さい。

  5. SNMP V3 を使用している場合、SNMP ユーザを設定して下さい。

  6. トラップのための通知 宛先を設定するか、または知らせます。

  7. MIB2 システムグループのためのシステム接点および位置を設定して下さい。

  8. CISCO-SYSLOG-MIB のトラップ設定を設定して下さい。

  9. マスタ エージェント サービスを再開して下さい。


関連情報


Document ID: 113580