コラボレーション エンドポイント : Cisco IP Communicator

CUCM 8.x への Cisco IP Communicator 8.6 の自動登録

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Communications ソリューションは固定およびモバイル ネットワークの音声、ビデオ、データおよびモバイル アプリケーションを統一します。 これはあらゆるワークスペースからの容易なコラボレーションを毎回有効に します。 Cisco IP Communicator は PC に電話を持って来ます。 これははたらいてもどこで団体電話番号との呼び出しを作ることを可能にします。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IP Communicator 8.6

  • Cisco Unified Communications Manager(CUCM)8.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

CIPC

Cisco IP Communicator は Microsoft ですか。 soft-phone Windowsベース アプリケーション パーソナルコンピュータに作業電話を持って来る。 展開することは容易でいくつかの IP コミュニケーションのために利用可能 な最新のテクノロジーおよび進歩を含まれています。 この長所はビジネス コラボレーションおよび応答性を後押しし、ヘルプ組織は現在のモービル景気 環境に合わせます。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-communicator/113589-ar-ipc-cucm-01.gif

機能および利点

Cisco IP Communicator は直観的に設計され、使いやすく、機能の広い範囲に便利なアクセスを渡します:

  • 8 つの行キー: これらのキーはテレフォニー機能に電話回線およびダイレクトアクセスを提供します。

  • 5 つのソフトキー: これらのキーは動的にコール機能 オプションがあります。

  • メッセージ: このキーは音声メール メッセージにダイレクトアクセス与えます。

  • ディレクトリ: Cisco IP Communicator は着信コールおよびメッセージを識別し、画面で分類します。 これは直接ダイヤルバック機能を使用して呼び出しをすぐにおよび効果的に戻すことを可能にします。 社内 ディレクトリは Lightweight Directory Access Protocol バージョン 3 (LDAPv3)標準ディレクトリと統合。

  • 設定: このキーは多数の信号器音およびバックグラウンドイメージから選択することを可能にします。

  • サービス: Cisco IP Communicator はすぐに天候、ストック、quote of the day、または他のどの Webベース 情報のようなダイバース な 情報もアクセスすることを可能にします。 電話は機能および情報の常に生成する世界にポータルを提供するのに XML を使用します。

  • ヘルプ: オンライン ヘルプ 機能は電話キー、ボタンおよび機能についての情報を与えます。

VLAN 走査を保護して下さい

ASA は ASA アプライアンスでプロキシにすべてのソフト クライアント メディアの強制によって通信マネージャに達する前に Cisco IP Communicator トラフィックを代行受信し、認証します。 これは voice VLAN に単一のセキュア エントリのポイントを確認します。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-communicator/113589-ar-ipc-cucm-02.gif

高レベル コンポーネントおよびプロトコル

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-communicator/113589-ar-ipc-cucm-03.gif

Cisco IP Communicator は 7970s として同一コール制御およびアプリケ− ションプロトコルをサポートします。 始動で、Cisco IP Communicator はネットワークと次の通り相互に作用しています:

  1. コンフィギュレーション サーバを取付けて下さい: 始動の後で、Cisco IP Communicator は TFTPサーバを見つけるのに DHCP を使用するように常に試みます。 他の電話に類似した、Cisco IP Communicator はサーバからファイルを取得するのに TFTP を使用できます。 それはまたそれによりリモートユーザ向けのファイル転送を加速するソフトウェア アップデートを、取得するのに HTTP を使用できます。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-communicator/113589-ar-ipc-cucm-04.gif

    =

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-communicator/113589-ar-ipc-cucm-05.gif

  2. (セキュリティが設定されたら) CTL ファイルを請求して下さい: TFTPサーバは CTL ファイルを保存します、Cisco IP Communicator が接続するために承認される TFTP サーバおよび Cisco Unified CallManager のリストが含まれている。 それはまた Cisco IP Communicator と Cisco Unified CallManager 間の信頼できる接続を確立するために必要な認証が含まれています。 セキュリティ CTLFile.tlv ファイルは ProgramFiles > シスコシステムズ > Cisco IP Communicator > AppData > 秒 フォルダにダウンロードされます

  3. 要求 コンフィギュレーション ファイル: コンフィギュレーション ファイル(.cnf.xml)は TFTPサーバに常駐し、Cisco Unified CallManager に接続のためのパラメータを定義します。 一般にデバイスがリセットされるように要求する Cisco Unified CallManager の変更を行なう、そのデバイスのためのコンフィギュレーション ファイルへの変更を行います。 Cisco Unified CallManager の自動登録を有効に する場合、Cisco IP Communicator は TFTPサーバからのデフォルトコンフィギュレーションファイル(xmldefault.cnf.xml)をアクセス しました。 さもなければ、Cisco IP Communicator はデバイス名に相当して .cnf.xml ファイルをアクセス しました。

  4. アップデート ソフトウェア: どのソフトウェア バージョンを実行する必要があるか Cisco IP Communicator に告げる AutoUpdate を使用する場合、.cnf.xml ファイルは情報が含まれています。 このソフトウェア バージョンが現在使用中のものと異なる場合 Cisco IP Communicator によっては新しいソフトウェアファイルを請求するために TFTPサーバが接触します。 この要求を作るために、Cisco IP Communicator は最初に HTTP を使用するために試みます。 HTTP アクセスを有効に しない場合、Cisco IP Communicator は TFTP を使用します。

  5. 連絡先 Cisco Unified CallManager: TFTPサーバからのコンフィギュレーション ファイルを得た後、Cisco IP Communicator はリストで高優先順位 Cisco Unified CallManager への接続をするように試みます。 セキュリティが設定されている場合、Cisco IP Communicator は TLS 接続をします。 さもなければ、それは非セキュア TCP 接続をします。 デバイスがデータベースにそれぞれ追加されたら(の Cisco Unified CallManager Administration によってまたはバルクアドミニストレーションツール (BAT)によるバルク、Cisco Unified CallManager はデバイスを識別します。 これは Auto-registered Phones Support (TAPS)のためにツールと BAT を使用していない場合その時だけ本当です。 さもなければ、デバイスは(自動登録が Cisco Unified CallManager で有効に なるとき) Cisco Unified CallManager データベースでそれ自身を登録するように試みます。

自動登録はセキュリティが CUCM で有効に なるとき無効です。 この場合、Cisco Unified CallManager データベースに手動で Cisco IP Communicator を追加して下さい。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/ip-communicator/113589-ar-ipc-cucm-06.gif


関連情報


Document ID: 113589