スイッチ : Cisco Nexus 7000 シリーズ スイッチ

関連 7000 シリーズ スイッチ QoS 設定例

2013 年 2 月 10 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2012 年 5 月 29 日) | フィードバック


目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
背景説明
設定
      ネットワーク図
      設定
確認
トラブルシューティング
Cisco サポート コミュニティ - 特集対話
関連情報

概要

この資料はネットワークトラフィックを分類し、トラフィックフローをポリシングを行ない、優先順位をつけることを可能にするおよびネットワークの交通渋滞を避けるのを助けるために提供したものです Cisco 関連 7000 シリーズで Cisco NX-OS Quality of Service (QoS) 機能に設定 例を切り替えます。

前提条件

要件

この設定を行う前に、次の要件が満たされていることを確認します。

  • 関連 7000 シリーズ スイッチの設定の基本的な知識を持って下さい

  • QoS の基本的な知識を持って下さい

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は関連 7000 シリーズに切り替えます基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

関連 7000 スイッチのデフォルト QoSパラメータはほとんどの配備のために十分です。 ただしカスタム ポリシーを作成する必要がある場合、制限およびコンフィギュレーションの詳細を理解する必要があります。

関連 7000 スイッチの QoS のために考慮する必要がある 2 つの側面があります:

  • キューイング ポリシー

  • QoS ポリシー

キューイングはハードウェアで実行された、モジュラー Quality of Service コマンドラインインターフェイス(MQC)キューイング ポリシーによって設定されます。 QoS ポリシー(マークするのにかポリシングする トラフィック使用される他の Cisco プラットフォームの標準 QoS ポリシーとして正確な形式で MQC QoS ポリシーによって)使用されます(たとえば、対応した policy-map/ポリシングする トラフィックの class-map のトラフィックを設定 するために分類するのに使用される access-list リスト)。

現在、関連 7000 スイッチは CoS 値に厳しく基づいてキューイングを行います。 従って、最初に CoS 値がどのように得られるか理解する必要があります。 どんな CoS 値がであるか認知していた後スイッチに入るか、または残します異なるトラフィックタイプのための望ましい QoS を得るために、キューイング設定に焦点を合わせることができます。

ユニキャストトラフィックに関しては、CoS 値は DSCP 値の 3 つの最上位ビットから得られます。 ブリッジされたユニキャストトラフィックに関しては、CoS 値は 802.1q ヘッダで受け取った CoS 値からコピーされます。 L2 アクセスリンクにトランク ヘッダがないことに注目して下さい。 従ってトラフィックがアクセス ポートで受信され、そしてブリッジされれば、デフォルトで、それは出力 CoS 0 のスイッチ。 DSCP 値は変更しませんが、パケットは適切な優先順位を得ません。 手動で CoS または DSCP 値を設定 するあらゆる QoS ポリシーによって手動で policy-map の CoS 値を設定できます。

マルチキャストのための動作を同様に理解することは重要です。 経路選択済み マルチキャストトラフィックはユニキャストトラフィックと同じように CoS 値を得ます。 ブリッジされたマルチキャストトラフィックに関しては、動作は L3 状態によって決まります。 マルチキャスト・ グループのための L3 状態がない場合、CoS はブリッジされたユニキャストトラフィックと同じように得られます。 マルチキャスト・ グループのための L3 状態がある場合、CoS はユニキャストトラフィックと同じように得られます。 マルチキャストが見られるときトラフィックが作成する S を、G エントリ受信される VLAN のための SVI の希薄モードの PIM を有効に するそれに注意して下さい。

まとめ

トラフィック タイプ CoS 動作
経路選択済み ユニキャスト TOS の 3 MSB からコピーされる
ブリッジ ユニキャスト 受け取った CoS 値からコピーされる
経路選択済み マルチキャスト TOS の 3 MSB からコピーされる
グループのための L3 状態とのブリッジ マルチキャスト TOS の 3 MSB からコピーされる
グループのための L3 状態無しのブリッジ マルチキャスト 受け取った CoS 値からコピーされる

設定

このセクションではこの資料に説明がある QoS 機能を、設定するための情報が表示されます。

注: このセクションで使用されているコマンドの詳細を調べるには、Command Lookup Tool登録ユーザ専用)を使用してください。

ネットワーク図

このドキュメントでは、次のネットワーク構成を使用しています。

nex7000-qos-config-01.gif

設定

このドキュメントでは、次の設定を使用します。

アクセス ポートで受信されるブリッジドトラフィックの CoS 値を設定 するための好ましい解決方法は表 マップに基づいて DSCP を設定 することです:

関連 7000 スイッチ
 !

!--- Create or access the table map and then enters table-map mode.

 table-map copy_dscp
   default copy
 ! 

!--- Create or access the specified policy map and then enters policy-map mode.

 policy-map type qos copy_dscp

!--- Configure class-default to capture all traffic in this policy map.

   class class-default

!--- Use mutation mapping on the DSCP field based on the mapping values in table map copy_dscp.

     set dscp dscp table copy_dscp
 !

!--- Enter interface mode

 interface <L2 access port>

!--- Adds the policy map to the input packets of an interface.

   service-policy type qos input copy_dscp

CoS 値が得られれば、COS にキュー マッピングに影響を与えるためにグローバル な キューイング クラスマップを処理できます。 これらのクラスマップはグローバルで、その特定のキュータイプのためのすべての仮想デバイス コンテキスト(VDC)のすべてのモジュールに影響を与えます。

たとえば、M108 および M132 モジュールのためのデフォルト キューイング クラスマップを考慮して下さい(1p7q4t):

関連 7000 スイッチ
 

!--- Configure the class map of type queuing, and then enters class-map queuing mode.

 class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-pq1
    Description: Classifier for egress priority queue of type 1p7q4t

!--- Set the CoS value range matched by this queue.

    match cos 5-7

 class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q2
    Description: Classifier for egress queue 2 of type 1p7q4t

 class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q3
    Description: Classifier for egress queue 3 of type 1p7q4t

 class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q4
    Description: Classifier for egress queue 4 of type 1p7q4t

 class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q5
    Description: Classifier for egress queue 5 of type 1p7q4t

 class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q6
    Description: Classifier for egress queue 6 of type 1p7q4t

 class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q7
    Description: Classifier for egress queue 7 of type 1p7q4t

 class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q-default
    Description: Classifier for egress default queue of type 1p7q4t
    match cos 0-4

デフォルトで、CoS 0-4 はデフォルトキューにマッピング され、CoS 5-7 はプライオリティキューにマッピング されます。 これらは同じキューイング型のためのデフォルト キューイング ポリシーと手に手をとってです:

関連 7000 スイッチ
 
!--- Configure the policy map of type queuing and enter policy-map mode.

policy-map type queuing default-out-policy 

!--- Configure the class map of type queuing and then enter policy-map class queuing mode.

    class type queuing out-pq1

!--- Mark the priority level of the traffic queue.

      priority level 1

!--- Set the queue limit for the queue.

      queue-limit percent 16 
    class type queuing out-q2
      queue-limit percent 1 
    class type queuing out-q3
      queue-limit percent 1 
    class type queuing out-q-default
      queue-limit percent 82 
      bandwidth remaining percent 25

プライオリティキューは 16% の queue-limit の「優先順位」であり、デフォルトキューにデフォルト帯域幅残りの重量との 82% の queue-limit があります。 使用中ではない他のキュー 1% の queue-limit は割り当てられます。 q4、q5 および q6 がデフォルト キューイング ポリシーで表されないことに注目して下さい。 従って、これらにより小さい queue-limit およびハードウェアでプログラムされる帯域幅ウエイトがあります。

カスタム・ キューイング ポリシーを作成するために、最初にポリシーを作成し、キュー セットを設定する必要がありグローバル な キューイング クラスマップを変え、適切なインターフェイスに最終的にキューイング ポリシーを適用します。 たとえば、M108 か M132 モジュールのために、カスタム・ キューイング ポリシーのユニークなキューに各 CoS 値をマッピング して いる ポリシーを設定したいと思ったことを仮定して下さい。 次の通りそれを設定する必要があります:

関連 7000 スイッチ
 
! voice

!--- Configure the class map of type queuing, and then enter class-map queuing mode.

class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-pq1

!--- Set the CoS value range matched by this queue.

  match cos 5
! scavenger
class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q2
  match cos 1
! transactional
class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q3
  match cos 2
! call signaling
class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q4
  match cos 3
! video
class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q5
  match cos 4
! routing
class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q6
  match cos 6
! management
class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q7
  match cos 7
! best effort
class-map type queuing match-any 1p7q4t-out-q-default
  match cos 0

関連 7000 スイッチ
 
!--- Configure the policy map of type queuing, and then enter policy-map mode
     !--- for the policy-map specified.

policy-map type queuing 10G_POLICY

!--- Configure the class map of type queuing, and then enter policy-map class queuing mode.

  class type queuing 1p7q4t-out-pq1

!--- Select this queue as a priority queue. 
    !--- Only one priority level is supported.

    priority level 1

!--- Assign a tail drop threshold based on the percentage of the buffer memory
    !--- that is used by the queue.

    queue-limit percent 10
  class type queuing 1p7q4t-out-q2
    queue-limit percent 10
    bandwidth remaining percent 10
  class type queuing 1p7q4t-out-q3
    queue-limit percent 5
    bandwidth remaining percent 5
  class type queuing 1p7q4t-out-q4
    queue-limit percent 5
    bandwidth remaining percent 5
  class type queuing 1p7q4t-out-q5
    queue-limit percent 10
    bandwidth remaining percent 20
  class type queuing 1p7q4t-out-q6
    queue-limit percent 5
    bandwidth remaining percent 10
  class type queuing 1p7q4t-out-q7
    queue-limit percent 5
    bandwidth remaining percent 10
  class type queuing 1p7q4t-out-q-default
    queue-limit percent 50

!--- Assign the percentage of the bandwidth that remains to this queue.

    bandwidth remaining percent 40

各 1p7q4t インターフェイスの下で上記のキューイング ポリシーを適用する必要があります。 次に例を示します。

関連 7000 スイッチ

!--- Apply a policy to an interface.


Nexus7000(config)#interface Ethernet8/1

Nexus7000(config-if)#service-policy type queuing output 10G_POLICY

確認

ここでは、設定が正常に動作していることを確認します。

アウトプット インタープリタ ツール(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

いくつかの確認コマンドはここにあります:

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

カスタム 10G キューイング ポリシーを設定することがすべての 8 つのキューを使用すること間、表示できるよくある 間違い。 彼らは 7 を並べるために CoS 0 をグローバルに マッピング し、1p7q4t-out-q7 のためのカスタム帯域幅および queue-limit を設定するために分類して下さい。 ただし、彼らはすべての 10G インターフェイスにこのポリシーを適用することを無視します。 従って pq1、q2、q3 および q デフォルトだけを利用するので、デフォルト policy-map のどの 10G インターフェイスでも 1p7q4t-out-q7 クラスのために設定された帯域幅かキュー制限がありません。 従って、q7 は最小許容値ハードウェアの割り当てられます。 これは重いパケットロスという結果に終ります。

従って、グローバル な クラスマップへの変更がすべてのインターフェイスに影響を与え、それぞれはグローバルコンフィギュレーションと一致する適切なキューイング ポリシーがなければならないことに注意することは重要です。

Cisco サポート コミュニティ - 特集対話

Cisco サポート コミュニティでは、フォーラムに参加して情報交換することができます。現在、このドキュメントに関連するトピックについて次のような対話が行われています。


関連情報


Document ID: 113556