音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager Version 8.0

Unified Personal Communicator の Unity Connection サーバの設定例

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 11 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco Unity Connection が Cisco Unified Personal Communicator アプリケーション内からボイスメール メッセージを表示、再生、ソート、および削除する機能を Cisco Unified Personal Communicator ユーザに提供する仕組みについて説明します。

前提条件

要件

この設定を行う前に、以下の要件を満たしていることを確認してください。

  • Cisco Unity Connection のサポートされているリリースをインストールし、設定して下さい。

  • Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unity Connection を統合。 サーバは両方とも必要がありまである音声メールポートを設定するためにインストールされ、動作します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified Personal Communicator リリース 8.x

  • Cisco Unified Presence 8.x

  • Cisco Unity Connection 8.x

  • Cisco Unified Communications Manager 8.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

設定

Cisco の新しいですか既存のサービス クラスを設定して下さいか。Unity か。接続管理 インターネットメールアクセスプロトコル(IMAP)クライアントアクセスを音声 メッセージにイネーブルにするため。

次の手順を実行します。

  1. 左側のセクションのサービス クラスを拡張し、『Class of Service』 をクリック して下さい。

  2. 検索 Class of Service ウィンドウにある検索結果表の適当なサービス クラスのディスプレイ名前を選択して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113546-cupcvmuc-01.gif

  3. 機能の下で、Cisco Unified Personal Communicator を音声メールにアクセスするのに使用するように割り当てユーザをチェックして下さい。

  4. 認可された 機能の下で、音声メールに IMAP クライアントや単一 インボックスを使用してアクセスしIMAP ユーザをメッセージ ボディにアクセスすることを許可するように割り当てユーザをチェックして下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113546-cupcvmuc-02.gif

  5. [Save] をクリックします。

ユーザを設定して下さい:

  • ユーザが Cisco を存在 すればか。Unity か。接続ユーザーは Cisco に、それらを追加しますか。Unified Communication か。Cisco へのマネージャ データベースおよびか。統一されるか。存在。

  • ユーザが新しい Cisco ならか。統一された個人的な伝達者ユーザは Cisco に、ユーザを追加しますか。Unified Communication か。マネージャ データベース、Cisco か。Unity か。Cisco への接続、およびか。統一されるか。存在。

Cisco の接続ユーザー ユーザー アカウントを作成して下さいか。Unity か。各 Cisco のための音声 メールボックスとの接続サーバか。統一された個人的な伝達者ユーザ。

注: Cisco のユーザ ID か。Unity か。接続は Cisco のユーザ ID を一致する必要はありませんか。統一されるか。Cisco の存在またはか。統一された個人的な伝達者。 Cisco か。統一された個人的な伝達者にアプリケーション プリファレンス ウィンドウで設定 される 独立 した音声メール ID があります。 ただし、Cisco を渡る同じユーザー ID を持つことそれを有用見つけるかもしれませんか。Unified Communication システム。

セキュア メッセージングを有効に するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 左側のセクションのサービス クラスを拡張し、『Class of Service』 をクリック して下さい。

  2. セキュア メッセージを有効に するために必要とセキュア メッセージング ドロップダウン リストからオプションを選択して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113546-cupcvmuc-03.gif

規定 するためにこれらのステップをユーザ向けの未確認発信者 の メッセージ セキュリティの問題を解決する方法を完了して下さい:

  1. 左側のセクションのユーザを拡張し、『Users』 をクリック して下さい。

  2. ユーザのエイリアスを選択して下さい。

  3. 『Edit』 をクリック して下さいか。> メッセージ設定

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113546-cupcvmuc-04.gif

  4. メッセージ セキュリティの下、セキュア チェックマーク。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/voice-unified-communications/unity-version-50/113546-cupcvmuc-05.gif

1 つがまだあっていない場合、Cisco の Webアプリケーション パスワードを規定 して下さいか。Unity か。適当なユーザアカウントのための接続。

トラブルシューティング

ここでは、設定のトラブルシューティングに役立つ情報について説明します。

  1. ユーザは Cisco Unified Personal Communicator アプリケーションで音声メール 資格情報(すなわち、ユーザ名 および パスワード)を入力する必要があります。

  2. ユーザーの資格情報が正しい接続することができ、音声メールメッセージがダウンロードされなかったらがサーバが、これらのステップを完了して下さい:

    1. ポートのコンフィギュレーション 7993 をチェックして下さい。

    2. ことを Cisco 確かめて下さいか。Unity か。接続はポート 7993 で受信しています。

    3. ファイアウォール構成をチェックして下さい。 リモートコンピュータから実行しているコンピューター Cisco に Telnet を使用して下さいか。統一された個人的な伝達者は、ファイアウォールに接続できることを確かめ。

      Cisco を許可して下さいか。Cisco Unified Personal Communicator は TCP、TLS および適切なサーバおよびポートで SSL を使用して IMAP ネットワーク接続を確立するためにフレームワーク 実行可能なファイル(cucsf.exe)を保守します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113546