音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications System

Unified Communications(UC)、非 UC、およびサードパーティ製の仮想マシン(VM)の共存のトラブルシューティング テクニカルノート

2016 年 6 月 18 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2016 年 4 月 21 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は http://www.cisco.com/go/uc-virtualized で定義される仮想化された Cisco Unified Communications (UC) /Collaboration アプリケーションのためのサポート ポリシーの一部として http://docwiki.cisco.com/wiki/Unified_Communications_Virtualization_Sizing_Guidelines#Application_Co-residency_Support_Policy で定義されるアプリケーション共同在住のためのサポート ポリシーのいくつかの側面を明白にしたものです。 このテクニカルノートは UCS のすべての UC および Specs ベースの UCS テストされる参照用 コンフィギュレーションを含む他の仮想化 ハードウェア オプションに適当、Specs ベースの UCS によっておよび HP/IBM です。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • UCS ソリューションの UC(Cisco Unified Computing System の Cisco Unified Communications)

  • UCS によってテストされる参照用 コンフィギュレーション ハードウェア

  • Specs ベースのハードウェア(UCS、HP または IBM)

  • Cisco Collaboration アプリケーションの仮想化

  • VMware vSphere ソフトウェア

  • Cisco Unified Computing System ハードウェア

注: Webページ リンクについてはこの資料の「関連情報」セクションを参照して下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

共同在住および「Quality of Service」

ネットワークコンバージェンスおよび仮想化両方のキー プリンシパルはハードウェアリソースの共有です。

  • コンバージした IPネットワークは多重トラフィック ストリーム(音声、ビデオ、ストレージ アクセス、他のデータ)間のネットワークハードウェアを共有します。

  • 複数のアプリケ− ション仮想マシン(VM)間の仮想化されたサーバ(か仮想化 ホスト)共有計算、ストレージおよびネットワークハードウェア。

いずれの場合もハードウェアリソースが有限なとき、Quality of Service が非 UC アプリケーションから UC を、そのように保護するために必要となります:

  • 音声/ビデオネットワーク トラフィックを遅延 および ジッターから確認するルーティング/スイッチング ネットワークハードウェアの QoS は必要な帯域幅および保護を得ます。

  • UC 仮想化ルール(例えば物理的/仮想 ハードウェア サイズ変更、共同在住ポリシー、等)への付着は UC VM を確認する必要な CPU、メモリ、収蔵可能量およびストレージ/ネットワークパフォーマンスを得ます。

Cisco が動作が予測不可能または明確に定義されなくてかもしれないサード パーティ アプリケーション VM の VM 共同在住のためにハードウェアの各組み合せおよびアプリケーションを、特にテストすることは不可能です。 従って、Cisco は共同在住ポリシーのすべての条件が続かれるときだけ UCS でインストールされたときだけ Cisco UC アプリケーション VM パフォーマンスをテストしました参照用 コンフィギュレーションを保証します(http://docwiki.cisco.com/wiki/Tested_Reference_Configurations_%28TRC%29) を次に参照すれば(http://docwiki.cisco.com/w/index.php?title=Unified_Communications_Virtualization_Sizing_Guidelines) を参照して下さい。

他の環境の場合、不確実性は配置前、仮想化の一般原則の後でテスト、ベースライニングによって、および Cisco UC 仮想化のルールに従がって減らすことができます(http://www.cisco.com/go/uc-virtualized) で。 ただし、Cisco は VM は決してリソースのために空腹でし、決してパフォーマンス問題がないことを保証できません。

非 UC およびサード パーティ仮想マシンに関するキー サポート問題

共存する Cisco UC VM を非 UC/3rd パーティ アプリケーション VM と経営した場合効果的にサポートを提供することを Cisco TAC が可能にするために、顧客は次のどちらかを確認する必要があります:

  • 非UC/3rd パーティ VM は解決することを促進するように無批判で、必要であれば動力を与えられます一時的に。

  • VM が無批判ではない場合、予備キャパシティは VM の再配置のための仮想化ホストか物理サーバーでアプリケ− ションパフォーマンス問題へのソリューションとして(一時か常置)提供する必要があります。 予備キャパシティはメンテナンスがハードウェアかソフトウェアで必要となるとき既に冗長性におけるお勧めの 設計 最良 の 方法または VM の一時ステージングを提供するためにです。 「予備キャパシティ」の例は余分「空にします」物理サーバー(「ホット・スタンバイ」か一時ステージングを提供するため)、またはフルに利用されない既存のブレード/RAC マウント サーバをです。

共存する Cisco UC VM を非 UC/3rd パーティ アプリケーション VM と経営するとき効果的にサポートを提供することを Cisco TAC が可能にするために、Cisco は問題診断か解決のために顧客からの次のアクティビティを必要とするかもしれません:

  • つまり、ソフトウェア ワークロードまたは物理ハードウェアのいずれかを変更して、アプリケーション パフォーマンス問題をトラブルシューティングまたは解決することです。 たとえば、UC VM でハードウェアの CPU、メモリ、ネットワーク、ディスク容量またはストレージ IOPS が不足している場合、これらの変更が要求されます。

  • 実際の配備のようにこれらの変更見えが下記にリストされているものの例。

    • ソフトウェア: パフォーマンスのトラブルシューティングのために、重要でない VM の電源を一時的に切ります。

    • ソフトウェア: 一時的または最終的なソリューションとして、重要な VM または重要でない VM、あるいはこれらの両方を代替仮想化ホスト/物理サーバに移動します。

      • シスコがトラブルシューティングのために必要だと判断した場合、ホストで実行する仮想マシンの数を一時的に減らします。

      • シスコがホストの過負荷と判断した場合、ホストで実行する仮想マシンの数を永久的に減らします。

      • ホストを交互にするためにそれからそれらのより少なく密な VM を移動する複数のより少なく密な VM への密な UC アプリケーション VM の、分割。 それからそれらの OVAs CUCM 7.5K ユーザの何人か移している多重 CUCM 7.5K ユーザへの OVAs 例えば分割 CUCM 10K ユーザ OVUM。

    • これらのアプローチにより、過負荷状態の仮想化ホスト/物理サーバのソフトウェア ワークロードを減らすことができ、ワークロードのハードウェア リソース不足が解消されます。

  • ハードウェア: VM の電源を切るか、または VM を移動することに代替として」過剰にされたホストを固定する付加/アップグレード「。

    • E.g. 収蔵可能量を増加するためにおよび/または IOP を提供するためにより多くの物理的 な ディスクを追加します

    • E.g. より多くの物理メモリかより物理的 な CPU コアの追加

    • E.g. 物理的 な NIC インターフェイスの LAN 輻輳を当たるために追加。

    • これらのアプローチでは、過負荷ハードウェアの「アップグレード」によりリソース不足のソフトウェア ワークロードに対応できます。

Cisco のサポートのプロビジョニングするは Cisco が付いている電流および十分に支払済サポート 契約を維持している顧客に依存しています。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113520