音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity-CM TSP Version 8.1

Cisco Unity 8.x: パブリック分散リストのメンバーのインポートに関する問題

2016 年 1 月 16 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 11 日) | フィードバック


目次


概要

パブリック同報リスト(PDL)が複数の加入者にボイス メッセージを送信するために使用されます。 PDL に割り当てられるサブスクライバは一般的に同じ情報を定期的に必要とするチームの部門またはメンバーの従業員のようなサブスクライバです。 この資料はサブスクライバが PDL でインポートされないとき問題の解決についての情報を提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity 8.x

  • Microsoft Exchange 2010

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

PDL が保存することができる 2 つの異なる場所があります:

  • 検索スコープ PDL — PDL のこの型はディレクトリ ハンドラが PDL に限られた SearchScope が設定されていると設定されるときあります。 これをするとき SearchScopeObjectId カラムを指すように、vw_NamedLookupHandler ビューのディレクトリ ハンドラ エントリは vw_ScopeDlist ビューの ScopeDlistObjectId カラムにマッピング するためにアップデートされます。 vw_ScopeDlist のこの同じエントリにまた Active Directory (AD)の PDL の objectGUID にマッピング する DirectoryId カラムがあります。

  • Unity のシステム PDL — Unity にまた私用および公共 PDLs によってユーザーのグループに音声メールを送信 する 機能性があります。 これらは SearchScope PDL とわずかに異なりますが、コア概念は類似したです。

検索スコープ PDL

ディレクトリ ハンドラを PDL を検索するために設定するとき最初に適切な値の vw_ADMonitorScopeDistributionList 表をアップデートします。 挿入されて、vw_ADMonitorScopeDistributionListMember 表は PDL のメンバー属性にリストされているオブジェクトのすべての objectGUID と読み込みます。 それから、それらのメンバーは vw_ScopeDlistMember ビューに基本的にコピーされ、vw_ScopeDlist は PDL の objectGUID とアップデートされます。 最終的には、vw_NamedLookupHandler は vw_ScopeDlist のエントリを指すためにアップデートされます。

修正が PDL に行われるとき、アクティブ ディレクトリはことオブジェクトの uSNChanged アトリビュート増分する必要があります。 修正された PDL のための vw_ADMonitorScopeDistributionList ビューにエントリがあれば、Unity は AvDSAD の下で次の同期化を行うとき、変更を検出する、変更をおろします。 修正された objectGUID のためのビューに No エントリがあれば、Unity は取りませんし、PDL への変更を複製しません。 これは抜けたユーザという結果にある特定のディレクトリ ハンドラを検索するとき終る場合があります。 このビューにエントリがあれば、そして vw_ADMonitorScopeDistributionListMember および vw_ScopeDlistMember 表はまたアップデートされます。 これら二つの意見はある特定の PDL のためのメンバーの同じ数正確のが常に含まれている必要があります。

問題

メンバーは PDL でインポートされません。 メールボックスのためにオーナーとして PDL を使用するために望みます。 分配リストが Exchange サーバからインポートされるとき、Unity 管理のこの PDL のメンバーを表示できません。

解決策

場合によってはこの問題はオリジナル Global Catalog (GC) サーバが Cisco Unity と正しく同期できないので発生します。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. vw_ADMonitorScopeDistributionList ビューにある特定の PDL のための RootDistListGuid エントリがあることを確認して下さい。

    \ COM ポート\ TechTools 使用するために\できます。.ldp.exe* または *adsiedit.mscto ビュー PDL の objectGUID。

  2. 変換するためにアクティブ ディレクトリ モニタに SQL で表示されるものがにそれを続いて下さい。 この表に No エントリがある場合、データベース 汚染または AD 同期化問題を指します。 最も容易なソリューションはこの場合 SearchScope としてローカル ユニティサーバを使用するためにディレクトリ ハンドラを設定することでそして『SAVE』 をクリック します。 それから、オリジナル PDL を再度選択し、保存して下さい。 これはエントリを再度アップデートするためにデータベースを引き起こします。

  3. 上記のビューにエントリがある場合、チェックするべき次の事柄は vw_ADMonitorScopeDistributionListMember ビューです。 第一歩から、PDL の objectGUID があります。 すべてのメンバーのリストを入手するためにこのビューの SQL クエリを実行して下さい。 Unity は設定されたグローバル カタログ サーバから得られました:

    SELECT Count(*) AS Count FROM vw_ADMonitorScopeDistributionList 
    WHERE RootDistListGuid = 'value_from_step_one'  
    
    SELECT * FROM vw_ADMonitorScopeDistributionList 
    WHERE RootDistListGuid = 'value_from_step_one'
  4. これはメンバーの数、またその PDL に割り当てられる各メンバーを戻します。 このビューのゼロか抜けたメンバーに注意する場合、objectGUID を慎重に検査する必要があります。 それが正しい場合、Unity が再接続する設定ユーティリティを DC/GC によってと複製するために設定されるグローバル カタログ サーバを検討する必要があります。

    注: DC/GC で GC のために「強制を再接続したら」、イベントログそのサーバに接続することができなかったことを報告できたら試みた場合設定ユーティリティを再接続して下さい。 この場合、別のグローバル カタログ サーバに接続することを試みて下さい。

  5. ldp.exe か adsiedit.msc が使用されるとき、その GC に接続し、PDL のプロパティを開くことができます。 UnityDirSvcaccount にこの PDL と複製する適切な権限があることを確認する必要があります。 権限が正しい場合、次 の ステップは AvDSADand AvDSGlobalCatalogdiagnostics を有効に し、検討することです。

  6. メンバー全員が上記のビューで現れれば、次 の ステップは vw_ScopeDlistMember ビューの同じような SQL クエリを実行することです。 このビューは上記の結果と同一常にである必要があります:

    SELECT Count(*) AS Count FROM vw_ScopeDlistMember 
    WHERE ScopeDlistDirectoryId = 'value_from_step_one'  
    
    SELECT * FROM vw_ScopeDlistMember 
    WHERE ScopeDlistDirectoryId = 'value_from_step_one'

    数が上記の 2 つのビュー間で異なっている場合、これはデータベース の 問題のサインです。

  7. 最後のステップはこと vw_NamedLookupHandler ビューの正しいディレクトリ ハンドラへのエントリポイント vw_ScopeDlist ビューで存在 する PDL を確認することであり。 これを行うために、SQL クエリを実行できます:

    SELECT * FROM vw_NamedLookupHandler 
    WHERE SearchScopeObjectId = (SELECT ScopeDlistObjectId FROM vw_ScopeDlist 
    WHERE DirectoryId = 'value_from_step_one')

    これはディレクトリ ハンドラのための全体のエントリを戻す必要があります。 それが場合、2 つの意見間の関係リンクに問題があります。 単純な解決方法はディレクトリ ハンドラのための SearchScope として PDL を割当て直すことです。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113497