コラボレーション エンドポイント : Cisco TelePresence System Edge MXP シリーズ

Cisco TelePresence System MXP シリーズにおける、NTSC/PAL の切り替え方法

2012 年 4 月 12 日 - 日本オリジナル版
その他のバージョン: PDFpdf | フィードバック

目次


1. 概要

このドキュメントでは Cisco TelePresence System MXP シリーズにおける、NTSC/PAL の切り替え方法について解説いたします。



2. 前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。
Cisco TelePresence System MXP シリーズにおける API(CLI)操作方法

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアにもとづくものです。

ハードウェア:Edge95
ソフトウェア:F9.1

関連製品

この情報は、次のバージョンのハードウェアとソフトウェアにも使用できます。

ハードウェア:Cisco TelePresence System MXP シリーズハードウェア(Edge75, Edge95, 1000MXP, 1700MXP, 3000MXP, 6000MXP)
ソフトウェア:F シリーズすべて

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。



3. 背景説明

RMA されたハードウェアおよび =(イコール)型番がつくハードウェアは、最初に NTSC/PAL の切り替えが必要です。



4. 切り替え方法

1. コーデックのシリアルポート(9600bps)へ接続します。

2. 電源を入れます。(電源が入っている場合には、再起動を行います)

3. “Break?”と表示がされたタイミングにてAltを押下後Bを押下(Break)します。

4. 以下のコマンドを入力します。

palntsc ntsc
!--- PAL から NTSC へ変更

palntsc pal
!--- NTSC から PAL へ変更

palntsc
!--- 現在の状態の確認

q
!--- 終了
!--- 再起動が自動的に実行されます