コラボレーション : Cisco Unified Contact Center Express 8.0(1)

UCCX-CUCME DTMF 問題のトラブルシューティング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unified Communications Manager Express(CUCME)と統合されている Cisco Unified Contact Center Express(UCCX)8.x でコールが保留になり、IPCC Express スクリプトで再開された場合、スクリプトに応答を停止させるためにデュアルトーン マルチ周波数(DTMF)トーンが送信されます。 このドキュメントでは、この問題のトラブルシューティング方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco UCCX 8.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

CUCME を使うと統合 Cisco UCCX ユーザが UCCX スクリプトおよびそれからはずされた保持(コール保持 > 遅延 > コール Unhold)によって待たされたら 8.x が、DTMF ディジットはもはや認識されません。 発信者が並べられる場合、正常挙動は遅延 期間のための待機 音楽をすること保持を離れて発信者を奪取 し、プロンプトをし、DTMF メニューの選択を受け取ります。 ただし、保持遅延unhold 遷移が、スクリプト DTMF をまったく処理しなかった後。

解決策

この問題は中間コールが UCCX から壊す CUCME の DTMF を誘うので発生します。 これは Cisco バグ ID CSCts34297登録ユーザのみ)で文書化されています。

回避策は保持および unhold (すなわち、保持遅延Unhold)ステップの代りに演劇プロンプトを使用することです。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 113482